イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

朝起きて受け取ったネコからの贈り物、ありがた迷惑、それも二つ..冥福を祈る

2019年07月23日 00時54分52秒 | うちのネコ、よそのネコ
うちのネコ、ホレイシオ16歳


昨日の朝起きたら寝室の外にホレイシオがネズミと一緒に寝ていました。


あああああ、ピンぼけ!!

いつもなら、早朝私たちのベッドに上がって来て朝ご飯を要求するのですが(無視し続けるとたいてい私が起きる時刻までベッドで一緒に寝てしましまいます)この日はよっぽど疲れ切っていたようで、私が下の階からスマートフォンをとって来て写真を撮っても気がつかずに寝ていました。

その日の明け方、外出から帰ったらしいホレイシオが大きな鳴き声をあげて、何ごとか要求していたようですが、私たちは無視。
夢うつつで聞いたその鳴き声は確かに聞きなれた独自の「狩りの獲物を見に来い」という要求でした。

ああ、これか!


イギリスではネコが食べずに持ち帰った獲物は飼い主(特にその家の主婦)への「プレゼント」だといわれています。

イヤだな~と思いつつも「ありがとう」というべきものらしいのです。言いました!

一階の台所に下りたらまた一匹!。


仕事に行って帰宅したら、庭ゴミ用のバケツにいれた、剪定したラズベリーの枝の上に二匹ならんでのせてありました。



「君へのプレゼントだ。ここまでは僕がやったからあとはまかせる」と夫に言われて...

ラズベリーの茂みの奥に亡骸をならべ、葉がこんもりついたままの剪定したラズベリーの茎を厚く載せておきました。

そのうち土に還るでしょう。
食べる目的もなく、自分より小さい動物の命をもてあそぶネコの残虐さに時々嫌気がさすのですが、本能です。仕方ありませんね。

私へのプレゼントだと思えば悪い気もしません。

高齢のホレイシオ、歯茎がゆるく目も悪くなっていると獣医さんに言われているのですが、一晩にネズミ2匹を狩りとって自宅に持ち帰る精悍さはまだまだ失われていないようです。

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« バクストンに存在する絶滅を... | トップ | 評判の本格的な博多ラーメン... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (石関@台風一過?)
2019-07-27 16:29:16
かぁー、きょうの記事も楽しかったです。ホレイシオからのプレゼントね。お歳でも狩の本能はすたってはいません。すごい。夜中に見に来いニャーニャー、かわいい😍無視する江里さんあたりまえ😂ホレイシオは疲れた身体をいやしているのですね。楽しい日常が癒されましたー。
プレゼント (江里)
2019-07-29 02:28:27
またもらった
Unknown (石関@夏到来)
2019-07-29 17:17:01
やられるネズミの方はたまりませんなー。ホレイシオの江里さんたちに対する感謝だね、笑笑!
夫婦喧嘩は存在しない (浅井洋)
2019-09-11 16:39:23
家の猫は ネズミが 居ないものですから

ゴキブリで 此れを やってくれました

捕まえた 捕まえた と 見せに来て

女房が 困ってました
Unknown (江里)
2019-09-11 18:15:27
ゴキブリは困る。
私はみんなが嫌がるクモもゲジゲジも平気ですがあの黒光りした、あるいは赤茶けたものすごい速さで移動するゴキブリが本当にダメ。
夏の涼しいイギリスにはいないのでホッとしています。

ネズミはかわいそうだがゴキブリ退治は大いに結構。成果をみせてもらわなくてもよいが。

コメントを投稿

うちのネコ、よそのネコ」カテゴリの最新記事