心の刺・背中の針

シロクマブログ 2nd ステージ。ヒトとクマとハリネズミのドイツ暮らし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハリネズミの寿命とか?

2014-08-30 | Hedgehog はりねずみのこと
ペットを飼うとき、どうしても考えなければならない問題、それが『寿命』と云うものの存在。
どうしても人間よりも体の小さいものを飼う場合、その命に、生き方に責任を持つと云う事は、その最後をみとると云う事になります。
比較的長寿な犬や猫でも十年十五年、ハムスターなんかだとせいぜい一年で、その『とき』がくるわけで。

大型のオウムはかなり長生きとか、小動物でも、チンチラなんかは十年二十年とか生きるらしいですけどね(笑)。そういう例外は置いといて。
昔犬を飼っていた経験から、その犬が死んでしまった時の悲しさから、あまり人間とコンタクトをとる動物、メンタルな距離が近くなりすぎる動物は飼わないようにしている僕ですが、距離が近かろうが遠かろうが、やってくるのはペットの死。

ハムスターの中でも特に小さい、飼っていたロボロフスキーハムスターは寿命がせいぜい一年くらい。
かわいいんだけど、単独行動で一匹飼いしないといけない上に、次から次へとポロポロ寿命で死んでいくのがなんか切なくて、飼育を止めてしまいました。
じゃあ、げっ歯類ではないけれど、サイズ的にそのくらいなハリネズミはどのくらい生きるのだろうかと云うと…

ペットとしての歴史が浅い分、あんまり本も多くないし、そういった記述も少なければ、それぞれに意見もまちまちなようで。
僕の持ってる本にはだいたい6年くらいまで生きるって書いてあります。

でもね、初めて飼ったダイスケが二年半くらいだったり、僕の経験から云うとせいぜい2~3年なんじゃないかなって感じます。
ブリーダーさんにも聞いてみたんだけど、正確にだいたい何年が寿命、とは明言していなかったけど、やっぱり二年くらいから落ちるコもいるといってましたし。

コンパクトな体型に収まるように、様々なカラーバリエーションを、と人の手による選択交配が行われている現状も基礎的な寿命を縮めているんじゃないかなっておいもいます。
それに、いくら犬猫よりも血は新しいとはいえ、ブリーディング状況によっては虚弱な子もいるだろうし、まぁ、一概には云えないとしてもやっぱり二~三年超えたらそろそろ覚悟しないといけないのかな?って思います。


なんだかへんなツーショットですけど(笑)。

寝ているところを起こされて、イマイチ不機嫌そうなというか、寝ぼけたような顔してますね。
それにしてもこのコは本当に落ち着きがなくて、手にとっても丸まってじっとしてるってことが無いんですよね。すぐに逃げ出そうと暴れ回ります。



かわいいんですけどねぇ ハリネズミ。
これで十年くらい生きてくれたら、ほんと言う事ないんだけど。

もちろん、短い命だから責任が軽いと云う訳ではありませんが、例えばハムスターなんかは五年後十年後の自分の生活を予想して、面倒見れるか、なんて考えなくても良い訳ですよね。
それに対して犬や猫なら、『今世話をできるから』だけではなく、それこそ十年後にも散歩につれ行ったり、獣医に連れて行ったりして世話に責任を持てるかどうか、が問われる訳で。

そういう意味では小動物は飼いやすいのかもしれませんが…やっぱり十年つきあいたいなぁ。



ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   この記事についてブログを書く
« せかいごはん | TOP | お知らせ(告知の続き) »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
久々の (てるてる坊主)
2014-08-31 19:27:46
レオ君でしょうか?わが家のレオ(猫)も元気です。ペットは長く付き合うほどいなくなるとそのぶん悲しみもおおきいんですよね。わかっていても長く付き合っていきたい。とにかくそのペットにとって幸せな一生を送らしてあげたい。そんなことばかり考えながら今、レオをなでています。あぁペットってどうしてこんなにかわいいでしょう。
俺も同じ気持ちです。。 (和人)
2014-09-01 00:19:55
うちは犬なのですが
時々そのことが頭をよぎり、泣きそうになります。
赤ちゃんの時から一生懸命育てています。
食が細かったので苦労しました。
動きも重さも匂いも声も
全部が染みついています。
画像のお手手がちょこんと乗っている感触。
可愛過ぎるので、鮮明に体が覚えてしまいますよね。
五感で覚えていると忘れられないですよね。

なるべく長生きしてもらいたいです。
こめんとありがとうですます! (しろくま)
2014-09-01 01:46:50
てるてる坊主さん、
愛情の大きさを体の大きさやつき合った時間の長さで測る事はできませんが…やっぱり長い付き合いになれば、それだけ思い出も増しますからね。
でも、その時の悲しみの大きさは、それだけ相手に愛情を注いだと云う証、大切な友愛を育んだと云う証です。
いつどんな形でその時が来ても、決して後悔しないように、レオ君にもきちんと愛情を注いであげてくださいね。

和人さん、
赤ちゃんの頃からとなれば、自分の子ども同然ですよね。あんなにちっちゃくて頼りなかった仔が、いつの間にかオトナになって、そして老いてゆく…
考えたくないからそこ、考えてしまう事。
僕はいっぱい泣きましたよ。
あの小さな手を一生懸命押さえて、爪切りをしてあげた事、そんな一つ一つの思い出が、たとえ彼がいなくなっても、僕が生きていく人生の支えになってくれるんだと、ここにいなくても、僕の中に一緒にいて、僕を守ってくれるんだと、今ではそんな風に思っています。

死を受け入れる事、大切な人(ヒトではありませんが)の死から愛情の大切さ、ふれあう事の尊さを学ぶ事、それは彼らが身を挺して僕たちに教えてくれる、一つのレッスンです。
いつかくる別れを恐れずに、その瞬間まで、最大限の愛情を注いであげたいですね。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Hedgehog はりねずみのこと

Similar Entries