Simplex's Memo

鉄道と本の話題を中心に、気の向くまま綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デビューから10周年を迎えた「サンダーバード」。

2005-10-27 06:24:38 | 鉄道(JR)
梅田駅周辺の散策を終えて、大阪環状線に乗ろうと大阪駅へ戻る。
大阪駅は改良工事の真っ最中。
15日には5・6番乗り場の切り換えが行われている。

大阪駅は気軽に車両を見たり、撮ったりできる場所だったが、改良工事で便利になる反面で、以前ほど自由に写真を撮れなくなっているのは些か残念だ。

11番線には12:42発「サンダーバード21号」が発車を待っていた。
側面を見ると、こんなステッカーが貼られていた。

これは「サンダーバード10周年キャンペーン」のロゴマーク。

このステッカーを見て、1995年4月に「スーパー雷鳥(サンダーバード)」として681系が本格的にデビューして今年で10年になるんだという事を今更ながらに思い出した。
登場時は何とも長い列車名だと思っていたが、1997年に「サンダーバード」に改称されスッキリした物になっている。
ちなみに、上のステッカーは年内中表示されることになっている。

今の大阪駅を見て改良工事の全体像を重ねようとしても、実感がわかない。
まさしく「雲をつかむ」ような話のように思える。

しかし、これから大阪駅改良工事は更に進む。
2006年には7・8番ホームの切り換え工事(夏頃)、10・11番線の廃止・撤去、新北ビルの着工が予定されている。
かようなように、「サンダーバード」や「雷鳥」といった北陸方面の長距離列車が発車していた11番線に残された時間は決して長いとは言えない。

そして、2011年春に新北ビル開業、駅中央部に設けられる橋上駅舎の供用開始、最終的にはホーム上に新設されるドームの完成(2011年冬予定)を以て大阪駅の大改良工事は終了する。
とはいえ、現在の駅構内を見ていると、改良工事が完了した時の姿を思い描く事は難しい。

ドームの下、大阪駅を発車する「サンダーバード」はどのような姿を見せているのだろうか。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「走り続けた17年間・感動の... | トップ | 「勝利のルール」を読んで »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白昼夢で検索していたら  (yuji_tsunoda)
2005-10-29 18:24:02
白昼夢で検索していたら、ここに来ました。
Re:白昼夢で検索していたら  (Simplex)
2005-10-29 21:00:36
yuji_tsunodaさん、はじめまして。

それにしても、奇妙なご縁ですね。

「白昼夢」という言葉を本ブログで使った記憶がないので、そのキッカケに驚いています。



本ブログは鉄道関係の話題と古書即売会訪問記をはじめとする「本」に関する話題を中心にとりとめもなく書いています。



またよろしければ見に来てください。

コメントを投稿

鉄道(JR)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事