青色のHappiness

嵐、最高!!大野くん、大好きです。

嵐さん。大野くん。ありがとう。ますます大好きです。

2019-01-28 00:00:54 | 

ここでブログを書くのは、何年ぶりでしょうか。

だけど、やっぱり書かずにはいられなかったよ。

夕方に、休止するらしいという話を聞いた時には、

本当に驚いたけど。

 

自由になりたい。
みたことのない景色がみたい。


ああ。彼らしい。

 

そもそも
私が大野くんのことを好きになったのは、
彼の孤高な世界観。

彼の言葉に。彼のダンスに。彼の歌に。

どこか自由を感じ。
とても羨ましかった。

彼のみている景色が見たい。
彼がどんなことを考え。彼がどんなことを感じているのか
私も感じてみたい。

彼に触れるたびに
魂が震える感じがあった。


彼は本能的にわかっていたんだと思う。

今のままで嵐の発展はないと。
今と変わらぬ活動ではいつか止まってしまうと。

放っておいたら、どこからかほころびが出てきてしまう。
その前に。

ここでブレイクして新しい風を入れるべきだと。
たとえ、風を入れることで、嵐がなくなってしまおうとも。


時は流れる。
水も流れる。

人も同じところに止まっていられない。

命の流れは同じところに止まってては、
流れが淀んで滞ってしまう。

それが自然の摂理。


嵐も自然の摂理に沿っているんだと。

この決断はむしろ、
嵐をさらに伝説のグループにするために必要だったのだと
私は思います。


そして、ここで一旦手放すことで
嵐自身にも
ファンにも。大きなギフトがあると。


私は確信しています。


私は人生で一番辛い時期を嵐に救ってもらいました。

どん底で、前をみても一筋の光すら見えない。そんな時期もありました。

そこに一本の蜘蛛の糸を垂らしてくれたのは嵐でした。


あなたたちがいたから私はここまで生きてこれました。


ありがとう。嵐。大野くん。

感謝を込めて

彼らの、私たちファンの新しい門出を祝福したいと思います。


あと2年。最後まで同じ景色を見て行きたいな。


人生は、山あり、谷あり。
全てが苦だと思うのか?
その苦さえも楽しめるのか?


それが人生を楽しむ秘訣。


きっと、このショックや悲しみの後には
大きな楽しみが待ってます。

大丈夫。



コメント

忍びの国を見てほしかった。

2017-07-07 20:43:47 | 嵐ともさん

お久しぶりです。

このブログは、更新することはないと、

思っていましたが、

どうしても、このことは、ここで言いたかったのです。

 

家に帰ってきたら、

お智だちの御主人と思われる方からの手紙。

 

不吉な予感とともに、開けた中には

優しいフォントで

智だちが、この6月30日に

亡くなったと書かれた文章が。

 

 

彼女には、誕生日にメールをもらっていました。

 

🎂おめでとう🎉🎉


今日は⛄のお誕生日かな⁉

毎日の頑張りはたくさんの人の生きる力になってるんですね💙

この一年、力を出したあなたにたくさんの笑顔の日がありますよう願ってます

穏やかに、健康に、楽しく、そしてこれからも前進あるのみで生き抜いてね

 

 

私はいつもの通り、

何気なくメールを送ったけれど。

あの時。彼女は、忍び寄る死の恐怖と戦っていたんだろうか。

 

とびうおさんは

2009年に初コメントをくださってから、

ブログ外でも、

仲良くしていました。

 

資格試験で苦しんでいた時

夫の病気で、悩んでいた時。

 

いつも、いつも、暖かく見守ってくださり、

姉のように優しい言葉をかけてくださいました、

その気持ちを私はちゃんと受け止められていたんだろうか?

当たり前のように、感じていたんじゃないだろうか?

 

人は、自分ごとになって

はじめて、自分が愛されていたことに気づきます。

私は、愛されていることを、

わかっているつもりに

なってただけかもしれない。

 彼女の屈託のない笑顔が

涙でにじみます。

 

とびうおさん。

はじめて、嵐のコンサートに行くことになった時、

どうしたらいいの?って、

興奮してコメントをくれましたね。

国立では、会えた時にハグしたよね。

ほんとに、とびうおさんの胸は

暖かかった。

 

ほんとに、ほんとにありがとう。

 

感謝をいくらしても、

しつくせません。

 

 

今はただ、とびうおさんの愛に感謝すること。

そして、私の人生を精一杯生き抜くことを

約束します。

 

また、会おうね。

 

nicchi

コメント

幸せは、求めるものじゃない

2016-07-13 22:12:39 | 幸せ法則

お久しぶりです。

前回、もう終わりと言いながら、

つい出てきてしまいました。

 

この2年、激動でした。

自分のメンタルも、

そして、変わろうとすると、

周りの家族にもその影響が現れました。

 

今はね、

 

すごく楽。

そして、毎日が楽しいんです。

 

以前から知っている人にも、

表情が柔らかくなったね、と言われるようになりました。

 

私は、ずっと、本当の自分を隠してきました。

いい子でいなければ、愛されない、という思い込み。

そして、言葉を操ることが得意だったので。

一生懸命、言葉を操って、できる子、いい子を

演じていたのです。

 

本当は、できないことも。

頼りたいと思っていることも。

怖くて言えなかった。

必死に、できる自分を取り繕っていたんですね。

 

私の第一印象は、

優しげだけど、どこか冷たい感じを受けると

言われたことがありました。

 

きっとそれは、本当の自分を見られたくなかったから。

いつでも、ちゃんとしている自分を見て欲しかったから。

 

そんな偽りの自分、必死に頑張っていることを言い当てられた時。

自分のなかで、必死に頑張っていた、

心の中の小さい頃の私が、ようやく顔を出した気がした。

 

やっと、本当の自分に戻れる。

人の目を気にせずに、

笑ったり、怒ったり、泣いたり、していいんだって。

 

 

だから、今の私は、逆に、感情豊か。(笑)

 

そして、楽しいことが大好き。

仕事も、自分がやりたいことしかやらない。

自分と合わない人とは、付き合わない。

自分に無理をしてまで、頑張る必要はないんだと

気がついたんです。

 

今まで、頑張るべき、とか、やらなくてはならない、なんて

自分を縛り付けていた、思い込み。

 

思い込みって、変えられる。

勇気を持てば。

 

そしたら、

 

今までとは、違う風景が待っている。

 

 

私が、大野くんを好きになったのは、

自由なところだった。

人の意見にとらわれず、自分の世界をいくところ。

 

きっと、私もなりたかったんだ。

 

そして、ようやく、私もそうなれた。

 

 

紆余曲折を経て、

自分の夢が広がることになりました。

 

私の夢は、

 

自分自身の人生を楽しく生きながら、

子供を伸ばすことのできるお母さんたちを

増やすこと。

とはいえ、みんなすでに幸せなんだけどね(笑)

 

というか、自分が人生を楽しんでたら、

勝手に子供たちが伸びていくんですよね(笑)

 

いい母親になろうと、日々奮闘しているお母さんたち。

 

もう、自分を追い込まなくていいよ。

自分の人生を楽しんだら、

子供ももれなく、幸せになれるよ、

だって、幸せは探しに行かなくても、

ここにあるんだから。

 

 

その第一歩として、

東京で、子育てママ対象のセミナーを開くことになりました。

 

いつかは、東京で仕事をしたいと思っていた夢が

叶いました。

 

たくさんのママが、

今ある幸せに気づいて、

笑顔になれるように。

誰もが、幸せの種を持っているんだから。 

そんな願いを込めて、頑張っていきます♩

 

あ、この頑張ってというのも、

眉間にしわを寄せて、必死でがんばるんじゃなくて、

好きなことを夢中になって、やっていく感じ。

 

もちろん、このブログのことも

お話ししていきますよ。

 

私にとっては、転機になった一つですから。

 

あの頃は、自分が嫌いでした。

もっと頑張らなきゃ、ダメだって、ずっと思ってました。

 

だけど、今は、自分が大好き!

そして、周りにいてくれるみんな大好き!

今は、とっても幸せです。

 

誰でも、幸せの種を持っています。

少しでも、たくさんの人が、本当の自分に気づき、

自分を大切に思えますように⭐️

 

 

この記事をよんで、

自分の心に引っかかることがあった方。

遠慮なくメッセージくださいね。

このブログをご覧の皆様の幸せを心より、祈っています。

 nicchi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ようやく卒業かも(笑)

2016-02-23 22:41:14 | 幸せ法則

このブログもようやく卒業かも。

なんとなくそんな気がしてきた今日この頃。

8年前に、大野くんを好きになって。

その思いをどうすることもできずに

ひっそりと始めたブログでした。

 

それまでは、自分の人生は自分でコントロールできてる気がしてたわけですよ。

 

それなりに恋愛をして、結婚をして、子供を産んで。

いろいろありつつも、自分の人生は自分で決める!って思ってたの。

 

それがですよ。

ジャニーズのアイドルに恋をしてしまったわけですよ。

立派な大人がね。(笑)

ヨン様を追っかけてたおばちゃんを冷たい目で見てた私がですよ。

そんな自分のことを信じられなくて、私、大丈夫か?!って思ったもんなあ(笑)

 

あの時に、自分の感情をどうしようもなく

コントロールできないことがあるんだってわかった。

 

毎日。毎分。毎秒。

彼を好きで好きで、どうしようもなく。

涙することもありましたよ。

ふと鏡を見て、私、どうなってるの?って、

なにアイドルに本気で恋しちゃってるの?なんて

自問自答ばかりをしてて。

 

そんな自分の思いを抑えきれず、始めたブログでも

本当にいろんなことを知って。

ほかの人のブログが気になったり。

毎日、どれだけアクセスがあるのか、気になって。

コメントをいかにして、もらう記事を書くか?なんて

真剣に悩んだこともあって。

 

そのうち、大野くんを好きな人たちと出会って。

智会を開いて、大野くんのことを話すのは、楽しかったけれど、

チケットを取った、取らないで、

笑顔で、嫉妬したりね(爆)

ある意味、ライバルですからね。

素直にいってらっしゃい!って、言えない自分を

心が狭いって、落ち込んで。

 

友達だと思っていたブログで、自分のことを

痛いファンだと書かれたことに

真剣に反論したこともありました。

今、思うと恥ずかしいことをしましたねえ(苦笑)

 

チケットがとれる、とれないで

一喜一憂して。

誰かが行けるとなると、心がざわざわして。

いやいや、ほんと、ふりまわされっぱなしでした。

好きな気持ちだけでなく。

切なさや。

辛さ。

怒り。

などなど、いろんな感情を経験することができました。

 

このブログをはじめるまでは、

一人でもなんとか生きていけるって、

思ってたんだよね。ほんと。

自意識過剰だったの。

 

だけどね。

自分ゴトに関しても

心から応援してくれた人たちがいて。

そのことに気付いた時。

自分が大きく成長できました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

関わって下さったみんな。本当にありがとう。

 

私は、ずっとずっと、自由になりたいって思ってきました。

自由になれれば、楽になれるって思ってた。

でも、最近、ようやく気が付いた。

 

すでに私は自由じゃんって(笑)

 

自分が自由か、自由じゃないかなんて、

自分次第なんだって。

 

ここ1年ほど、

目まぐるしい変化がありました。

それはメンタル的なもの。

それまでは、自分軸がなくって、

何かが起こると、どうしていいのかわからず、

ふわふわしていたし、

足元がしっかりとしてなかったんですよね。

 

だから、困難が来ると、

わたわたしていたんです。

それでも、なんとか乗り越えてきたんだけど。

 

 

今は、もし、何かが起こったとしても、

自分は乗り越えていけるっていう

ゆるぎない自信がでてきた感じ。

 

ちょっと、言い方違うか。

感情的に揺さぶられることや、

天災、事故、病気。

思いもかけないことは起こるはず。

その時は、感情を揺さぶられ、

ドン底に落ちるかもしれない。

だけど、そんな自分を含めで

OKだって思えるの。

 

例え、お金がなくなったとしても、

一人路頭にさまようことになったとしても

(例えが極端かな?)(笑)

なんとか生きていけるって思えるようになった。

 

それは、ここ1年ほど積み上げてきた

メンタルトレーニングの成果かもしれないなあ。

 

「人は言葉でできている。

だけど、その言葉の概念を変えれば、

すべての感情もひっくり返すことができる。」

 

つまり、見方を変えれば、

感情すらも変えることができる。

 

そう思えると、

オールOKなんだよね。(笑)

 

以前の私は、大野くんのことを好きで、

振り回されっぱなしだった。

 

それは、自分にない部分を彼に求めていた。

だけど、今は、もう必要ない。

彼に自分の穴を埋めてもらう必要がなくなったから。

 

このブログは、リアルと全く切り離した場所だったんだけど、

もうリアルでも、ジャニオタですって、平気で言えるようになったから。(笑)

 

だから、このブログも卒業。

 

せっかく積み上げた自分の記録は残しておくつもりです。

 

たまにね、

こんなこと書いてたな~って、振り返るのには必要だから。

 

これまでの自分の経験は、

他の人に活かしていくつもり。

うまく自分を表現できない、不器用な人たちのために。

そのために、全力を尽くします!

 

みなさん、お元気でね。

 

いつかどこかでお会いましょう(*^^*)

コメント

受け取りベタでしたねぇ

2016-02-09 21:50:57 | 幸せ法則

先日、私の誕生日でした。

facebookをしているんですが、

昨年まで誕生日を非公開にしていたんです。


理由は、コメントをもらった後に、
いちいちお返しするのがメンドくさかったから。

Facebookは、個人のネットワークを広げようと
させますから、
友達になっている人にはその人の誕生日を
自動的に知らせるわけです。

facebookで友達であっても、

仕事で知り合っただけの方や

友達の友達もいらっしゃいます。

そんなみなさんにお知らせが
行くわけですから、
それほど、親しくない同士でも
コメントがやってくる訳です。


正直、それって、
自己アピールじゃないのー?なんてね。

そんな表面上の挨拶ならいらないよ!みたいな。

形式だけの挨拶はいらない。
本当に知っている人だけに
こっそりお祝いしてもらえばいい。

なんて思っていたんです。


それが、考えが変わったんですよ。

以前のお祝いをしてもらうと面倒くさい、
という言葉の裏にあるものに
気づいてしまったから。

誕生日をお祝いしてもらうことに罪悪感があった
ということに。

 

以前は、人に何かをしてもらうことに

とても抵抗を感じていました。

その心の底にあったのは

自分には価値がない
と思い込んでいたこと。


プレゼントをもらったり、
おめでとうと言われると

なんだか申し訳ない気がする。

反射的に、もらったからには、ちゃんとお返しをしなきゃと思ってしまう。


あなたには、こんな気持ちありませんか?

 

私には、とてもありました。

友達から、プレゼントをもらうと
もらったうれしさよりも
お返しのことばかりを考えていました。

自分を祝ってもらった実感がなかったんですよね。

だから、誕生日を素直に喜んだことがなかったのです。


その気持ちの中には、
今の自分は、まだまだダメだ。
もっとがんばらないと、お祝いをしてもらう価値がない。

という気持ちが潜んでいたんですよね。

 

自分の中に横たわってた無価値観に気が付き、
自分を育てた結果、

今は素直に誕生日を祝ってもらったことを
受け取ることができるようになりました。


単純に
お祝いされると嬉しいじゃん、
その人の思惑とかあっても関係ないし。

って思えるようになったんですよね。


今は、自然に
両親に心から感謝できるようになったし、
誕生日を迎えた自分を愛おしく感じられるようになりました。


今日は、たくさんの方に
お祝いしていただいて、
本当に幸せな気持ちになれました。

 

あなたは、どうですか?

人からの好意を素直に受け取ることは
できますか?


もし、
受け取ることに
抵抗があったり、
罪悪感があるのなら、

その原因を探ってみることをお勧めします。


その原因を探り、
解決すれば、
今よりももっと楽しく人生を送ることができますから!

コメント

不良母の娘孝行

2016-02-02 23:47:05 | 幸せ法則

我が家には、大学受験生の娘がいます。

現在、センター試験が終わり、
第一希望の学校へ向かって
必死に勉強をしています。

私は、ずっとダメ親だったの。

長い間、子供のことよりも、

自分のことばかりを
必死になってがんばっていました。

子どもたちを放ったらかしにして、
勉強をしていた時期もあります。

子供のことよりも、まずは自分。
親の背中を見て子は育つ。
そんな風に自分に言い聞かせていたのです。

お弁当もいつも同じおかずのヘビロテ(苦笑)

仕事に就いたと思ったら

仕事だといって、泊まりで出て行く。
飲み会だといっては、遅く帰ってくる。

なかなか自由な親をさせてもらいました。

娘との時間は後少しになった今、
最後の娘孝行をさせてもらっています。

予備校への送迎は喜んで!
試験日のお弁当は、人生初のキャラ弁!(笑)

あなたのワガママは何でも聞くからね!

母親って、こんなに楽しいものだったんだ・・・。

遅ればせながら、母親を満喫しています。


自分が子育てを終えようとして
感じるのは、

もっと子供を甘えさせてあげればよかった、ということ。


子供たちは、

自立した親のもと、
自立した子供に育ちました。

きっと、一人で生きていけるとは思っているけれど、

それでは、逆にちょっと不安になる。


できれば、

うまく甘えて、
誰かに頼ることも覚えてほしいと思うのです。

 

一人で何でも頑張る人より

相手の顔色を窺うことなく

甘えることができる人間の方が絶対に強い。

本当に自立した女性は、

人にうまく依存できるもの。

 

自分の限界をきちんと認めて、
人に頼ることができれば

自分だけではできなかったことが
たくさんできるはず。

少しでも、甘えることがうまくなるように。

今はできる限り甘えさせてあげたい。

自立系女子になりつつある娘にも

甘えることを覚えてほしいと思う今日このごろ。

 

コメント

人は感情で出来ている

2016-01-24 09:31:04 | エッセイ

人は感情で出来ている。

その感情をいかに表現するのか、を
考えて、言葉が作り出される。


そして、
人は言葉に支配される。


法廷で、
いかめしい肩書きを持った先生方が
いかにも難しい法律用語を使って
あれやこれやと
議論をしてるけど、

結局、自分の正しいと思っている感情を
どうやって相手に納得させるか、
それだけのことに過ぎない

国会だって。
テレビの討論会だってそう。


結局、人は自分の感情を
正当化したいだけ。


その感情は、
自己顕示欲や
自分を認めてほしいという
かわいらしい(笑)気持ちから
来ている訳で。

そんな風に見ていると
みんな人から認めてほしいんだなー。
自分のことを自分で認めることが
できてないんだなあって

変に冷静に見てたりして。


悟ってる訳じゃないんだけどね。


余計なことに
自分の感情を振り回されず。

好きなことだけに
感情を使いたいって思うだけ。

好きなこと。
好きな人。
好きな場所。

そこで自然に湧いてくる感情に
身を委ねれば、
逆に余計なことに感情を振り回されなくなった。


先日、
仕事の同僚が
乳がんでなくなった。

まだ40代前半。
かわいい子供を3人も残して。

末期になっていて
本当にあっけなくこの世を去った。


いつか頑張ろうなんて
結局やらないことに
気をとられている場合じゃない。

自分の機嫌を
他の人にとらせている場合じゃない。

周りが何を騒ごうと、
どうでもいい。

 

断捨離のやましたひでこさんの記事↓↓

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamashitahideko/20160122-00053698/

 

今の自分に
できること。
楽しめること。

それを考えることで、
自然に
自分の幸せが見えてくると思ってる。

コメント

彼らは奴隷なのか?

2016-01-22 09:46:46 | 幸せ法則

最近、ほとんどテレビも見ていないけれど

否が応でも、はいってくるから。(苦笑)

 

その人を見て、どう感じるかっているのは、

結局、自分のココロを映し出しているわけで。

彼らが奴隷のようだ、パワハラされている、と

強く感じる人は、自分がそんな状況にいるんだろうと、思う。

 

今の日本の社会は、どこかの会社に入って、

定年まで文句を言いながらも、会社のために働き続ける。

彼らの姿を見ながら、自分に置き換えていた人も多いのではないのかなあ。

 

自分が働きたくて働いているのではなく、

会社に働かされているという意識。

自分が働きたくて働いているんじゃない、

しょうがないから、働いているんだって思ってしまう。

だからこそ、会社でうまくいかないと、会社に対して文句を言いたくなるし、

権利の一つも言いたくなる。

 

教育も、そういう教え方をしてきているわけで。

個性を、とか、いいながら、結局

会社の歯車としてうまく対応して生きることが出来る人間を作っているだけ。

 

そんな社会で生きていきたんだから。

今さら、自分たちの好きなように、って言われたって

どうしていいのかわからない、というのが現実なんじゃないのかと。

結局、今までのもとさやに収まるのが、

安心なんだろうな。

 

とはいえ、影響力を持つ芸能人ともなると、

自分のことだけでなく、

ファンのこと、会社のこと、

他人のことを優先してしまうのも現実で。

 

そうなると、自分の望む人って、どうなんだと思ったりして。

自由を求めている人を好きになったと言いながら、

結局、その人を自分たちが縛り付けているんじゃないかとか。

 

 

今の自分が、好きなことをしているから、

余計にね。

彼らを見ていると鳥かごに入れられているようで、

なんだか辛くなってしまう。

 

人は、自らの意思で

自分の行動を決めることができた時、

幸せに感じるもの。

 

 

私は、自分の意思で

今の生き方を決めたから。

だから、不満はないし、

楽しいって思える。

 

彼らも、人のためばかりじゃない。

自分の意思で、

今の仕事を選んでいると、思ってくれているといいなあ。

 

コメント

疲れすぎてません?

2016-01-18 18:01:54 | 心理学

夜寝れない

いつもダルい

やる気が起こらない・・・・


こんな風にいつも感じているのなら。


あなたは無意識のうちに

「「周りの人の期待に合わせなければいけない」

と思い込んでいるから。

 

常に、自分を犠牲にして、

他の人の期待に合わせようとするほど、

心がすりきれてしまうのです。

 

その結果、自分のやりたいことや

言いたいことを我慢しすぎて、

心が疲れきってしまっている。

 

そして、さらに普段から

感情を出さずに我慢することが

多ければ多いほど、

疲れやすくなります。

 

我慢することで、

自分の理性を使いきっているから。

 

これ以上、いくらがんばろうと思ってもムリ。

 

私はまだまだがんばらなきゃって、いう人ほど

すでにがんばりすぎている・・・・。

 

もう今のままで十分なのにね。

 

コメント

おのれが一番現実を見ていなかったという現実

2016-01-18 00:02:03 | いろいろ

心理学のワークで、

自分は、一番現実を見ていなかった現実を突きつけられた。

自分はいつも被害者顔をしていたけれど。

だけど・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

私は、加害者でもあった。

その事実を見てみぬふりをしようとしていた。

仕方がなかった。

しょうがなかった。

そうやって、現実に向き合うこともなく

自分を肯定し続けてきた。

そして、忘れようとしていた。

 

だけど。

忘れられるわけがない。

その現実を。

自分が犯してしまった罪を。

 

セラピストは言った。

罪悪感を感じながらも。

心の痛みを感じながらも。

全てを受け止め、

心を開く覚悟ができた時。

癒やしと強さを手に入れることが出来る・・・・と。

 

もう逃げない。

 

気づかせてくれて。

私を現実の海へ放り出してくれて。

本当にありがとう。

 

コメント