いち年ゆみ組のブログ

アーチェリーと、うちの植物たちと、読んだ本のことなどをのんびりと...

勝つための練習

2011-02-17 22:44:19 | 

先日買ったメンタルトレーニングの本を読んでいます。

本のタイトルは、『笑って勝つ スポーツメンタルトレーニング』(スキージャーナル)です。
勝木豊成という方が書いた本です。この本は、『弓道虎の巻』という本で紹介されていて、おもしろそうだと思ったので手に取りました。

まさにアーチェリーの試合でMがなくならない自分にぴったりのことばがありました。

 「ミスをしないための練習をしていると、自然と消極的なプレーが多くなり、試合でもそれが出てしまう。」

 「勝つための練習にすれば、積極的なプレーがもっともっと増えていくように思う。」

そういえば、N市のタケちゃんも同じようなことを言っていました。ゴールドバッジが欲しくて、Mを出さないようにしようという守りの姿勢がいつのまにか強くなっていたようです。

今シーズンのインドアはあと1回。「勝つための練習」をして、攻めのアーチェリーをやってみよう!

その他『五輪書』、『不動智神妙録』、『剣と禅』等の名だたる本からも引用されていることばがあり、とてもよい本だと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« インドア記録会 少しはよく... | トップ | 応無所住而生其心 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事