Star☆Daehyun☆

B.A.P デヒョンを応援しています。
-UsaAne-

B.A.P スケジュール 10/28~11/3

2013-10-31 07:30:04 | その他
11月3日
B.A.P 放送 KBS2 2013 K-POP WORLD FESTIVAL 午後11時55分~

☆日本
10月28日
ホームドラマチャンネル 深夜01:45~

10月29日
NHK MusicJapan 深夜0:10~

■2013/10/28~30
FMヨコハマ「K-Pop!Now」
時間:23:30~24:00
※10/21より月~水曜日の3ヶ月間OA
コメント

B.A.P 生出演ニューシングルリリース記念特番

2013-10-30 23:11:05 | JAPAN
ニコニコ生放送で、B.A.Pが生出演予定
サイトは、こちら

2013年10月に『WARRIOR』で
JAPAN DEBUTを果たしたK-POPアーティスト「B.A.P」

彼らの2ND SINGLE「ONE SHOT」 のリリースを記念して、
11月4日(月)20時よりB.A.P生出演特番を放送します。

日本初となる単独公演がパシフィコ横浜、
JAPAN TOURもアリーナクラスと
ギャラクシー級の実力をもつ韓国の男性6人組アイドルグループB.A.P。

番組最後にプレミアム会員限定のおまけコーナーも御座います。
※プレミアム会員おまけコーナーはPC、iPhone、iPad、Android(niconicoアプリ)で視聴できます。



JAPAN DEBUTを果たしたB.A.P
その彼等が11月13日に2ND SINGLE
「ONE SHOT」 のリリース決定!!
今回、発売を直前に控えた彼等が
ニコ生に緊急生出演!!

日本初となる単独公演がパシフィコ横浜、
JAPAN TOURもアリーナクラスとギャラクシー級の実力をもつ
韓国の男性6人組アイドルグループB.A.P

当番組では、10月9日に発表された日本デビューシングル「WARRIOR」で
K-POPの枠を超えたスケール感でシーンの注目を集めた彼等の、
待望の2ndシングル「ONE SHOT」の魅力に迫ります!

今作のリリーススペシャル番組となる今回、
どのような内容となるのかは、番組を見てのお楽しみ!
一気にスターダムへ上り詰めるB.A.Pの姿をお見逃し無く!!

■シークレットコーナー
番組本編終了後、プレミアム会員だけが視聴できる
シークレットコーナーをご用意!
このコーナーを視聴したい方は、
番組エンディングまでに、プレミアム会員に登録してお待ちください!

11/4に日本に来るってことだよね~(^^ゞ
まさかその日からずっと日本にいるってことはないよな。
今回はイベントないのかな?
コメント

B.A.P 10asia インタビュー記事 Part1(10/30)

2013-10-30 21:28:17 | 記事
記事は、こちら
※追記
Kstyleさんが記事にしてくれてます。⇒ こちら



"今私ができることは、むやみに生きていないこと。はい、むやみに生きてみましょう。することができますがないではありませみましょう。これは私の人生に送信することができる最高の積極性である。 "パン·ヨングク、ヒムチャン力、デヒョン、ヨンジェ、ジョンオプ、ジェロ、 BAP六人のメンバーに会った後、シンギョンスクのエッセイ集"美しい陰"の一節を思い出した。日常でも、音楽も、自分たちができることをしっかりとしていき生活に恥じないように努力しているこの少年が大変可愛く感じ始めていた。

2012年' Warrior 'でデビューしてカリスマあふれる戦士の姿を披露したBAPは、最近の三番目ミニアルバム' Badman 'に犯罪との戦争を宣言し、自ら'悪役'になることを躊躇しなかった。また同時に、アルバム収録曲' Coffee Shop "を通じて甘美なメロディーにふさわしい感性少年の姿を披露した。昨年、国内外の新人賞を独占したのも足りなくて、今年の上半期には米国の4つの都市とアジア5カ国を横断するパシフィックツアーをし、海外での存在感をしっかりと進めた彼ら。日本ではデビューと同時に今後の11月からアリーナツアーも予定されている。荒い男の優しさという相反した魅力はもちろん、もう只今デビュー600日を過ぎたアイドルグループとしては平凡でない歩みを歩いているBAPの好奇心が生まれる頃、彼らに会った。

きたスペースを明るく照らす笑顔と部屋の隅々を満たすクールな笑い声を聞いた瞬間、いつかそっと挨拶した肯定的なエネルギーが再び伝えられた。日本デビューを数日後に控えた状況で、スケジュールと練習で2 ~ 3時間しか寝なかったが、キラキラの目に休みなしに話を続けていったのBAP過酷な男性美あふれる姿は、しばらく置いてすっぴんのそれらと向き合うことになったことに感謝する瞬間が何度か訪れた。これまで熱心に走ってきた彼らと短いが、余韻のある"休憩時間"を一緒にして交わした話は真剣たり、焼も、非常に遊び心のある。しかし、最も重要なのは、心のこもった話ということである。

Q.BAPに会いに行くとしたらアイドルの"あ"も知らない何人かの知人たちが"'Coffee Shop"歌ったグループ?"と言っていたよ。 (笑)この曲が公開された時から今まで、オンラインコミュニティなどで良い反応があってか。 "Coffee Shop"のおかげで、BAPというグループが大衆によく知られているようだ。
パン·ヨングク:(低めに)コーヒーショップでよく聞いてくださる。
一同:(笑)
ヨンジェ:私たちもすごく好きな曲でもあり、20代以上のファンがたくさん好んでくださる。おばさんたちも"Coffee Shop"のおかげで、BAPをご存知の場合は多かったよ。
パン·ヨングク:もともと私たちが10代のファンが多い"Badman'アルバム作成時に様々な年齢層をカバーする音楽をしなければと思ったが大好きで本当に感謝している。

Q.国内では様々な年齢層が好きになったのはもちろん、海外での人気相当だと聞いた。日本ではデビューシングル "Warrior"発売と同時に11月からアリーナツアーが予定されている。通常は、ゼップ·ツアーから始めて、武道館、アリーナでの公演規模を増やしていくのが一般的だが、すぐにアリーナをするようになった理由は何か。
デヒョン:(アリーナをすぐにできるようになったのは)日本のファンたちが私たちだけの独特の色とコンセプトをたくさん好んでくれてあるようだ。他のグループとは差別化されている様子を見ていただき、可能でないかと思う。

Q.最近の活動を終えた三番目ミニアルバム'Badman"の舞台映像をずっと見た。デビュー当初に比べてメンバーの一つ一つがしっかり目に入って来。
デヒョン:(デビュー初めに比べて)みんな、自分だけのものを探しながら見せてくれているようだ。
ヒムチャン:今一人一人全部見えるのが良いことだ。 (笑)

Q.パン·ヨングクは "Badman"アルバムのプロデューサーを務めて作業する場合に特に敏感になるしかなかったようだ。作詞や作曲をするときは、創作に没頭するが、アルバム全体をコントロールする立場には多くの違ったのだ。
パン·ヨングク:今回のアルバムに最もそうだったようだ。長所と短所がありますが、それでも一番良かった点は、最初にすべてをしてみたので後に次のアルバムを一つ一つ作っていくときに、より良いアルバムが出てくることができるようだということだ。所期の目的は達成した。 (笑)

Q.作詞するときは、どのようなスタイルなのか。 BAPアルバムの全曲を作詞することも少なくないことである。問題をチェックしながら片手間に書いておくほうなのかそれとも"もう仕事なければならない"と思うとき没頭して、一度に使うスタイルなのか。
パン·ヨングク:仕事はしたいときにする。無理にしようとしない。通常は、作曲家の先輩たちと話をして、このテーマにしよう決めれば作業をする。そして歌詞を書き込むには知っているのが多くてもするからあれこれたくさん知ろうと努力する。たくさんの写真を見ようとしたり、ニュースのようなものも多くてみようとし、本も読んで行って。 'クリエイティブ'なことをするために何かをたくさん知ろうとするような時間が私にとって大きな意味がある。

Q.読むのではなく、読み取ろう? (笑)
パン·ヨングク:よく読むようにされることはないので。それでも努力はする。 (笑)作業は、通常、早朝に尽くす。後半は方なので。
ヒムチャン:昔から見守ってきたヨングクな作業速度が非常に速い。したいときにするのが最高であるようだ。

Q.正しい。横から"今から作業して"と言ってもすぐに結果が出てくることができるのではないから。
パン·ヨングク:以前に(ソン)ジウンのソロ曲'狂ったつもり"を作曲したとき、そのコンセプトがストーカーだった。ほんとに嫌だった。 (笑)"後にBAPというグループが出てくるだろう"と心配な心のために。だから、それは作業するときに実際の時間がかかった。その後もように練習生だったヒムチャンたちに"あなたが書いて"と述べた。ヒムチャンは好きだと、若干そういうこと。
一同:(爆笑)
ヒムチャン:しかし、これがまたどのように名曲となった。
パン·ヨングク:早くすると良いことはないようで、凝っただけなのが出てくるようだ。



Q.デビューから今までBAPは、音楽ジャンルやテーマにおいて様々な変化を与えている。しかし、タイトル曲は、常にメッセージが明確で強烈だ。これは音楽がどのような"役割"を行うべきだと考えている部分があってか。
パン·ヨングク:意図的に差別化を置こうとするわけではない。しかし、 BAPがする音楽が僅かに過ぎてしまったり、季節によって流行している音楽はなかったらない。私たち六人が舞台で話をする歌が子供の友人だけでなく、多くの人々が聞く音楽だと思って作っている。そのため、後で時間が過ぎても非常によくできた歌だと思われる音楽を作りたい。実際にお金になったり、ファンの皆さんが好きな音楽のようなものにしようとは、しかし、最も優先されるのは、意味のある重要な音楽を作り続けるだろうし、これが後に六人がより良い音楽をすることができる足場になることがあると思う。従ってそのようなメッセージが込められた音楽を多くしようとするようだ。

Q.そのためか、デビューアルバムを今まで聞いても飽きない。
パン·ヨングク:そう聞いてくれて感謝する。 (笑)

Q. BAPだけの音楽的色をなすのには、パン·ヨングクとジェロのラップも一役買ってますが、メインボーカルのデヒョンとヨンジェの役割も大きい。ボーカルとして持つようになる悩みや考えがあるのか。
デヒョン:BAP音楽を全体的に聞いてみると分かるが私のような場合はほとんど似た感じのボーカルなので...(笑)少し違った姿をお見せしよう様々なものを探し続けて見ながら練習をしている。ジャズも聴き、ロック、ハードロックも入って、R&Bなど多様なジャンルの音楽をたくさん聞いている。
ヨンジェ:チームを作成していく音楽にふさわしいボーカルになろうと努力している。そして私だけの色をボーカルに入れたかったりして、私はまた、様々なジャンルの歌を聴いてみようと思う。

Q.デヒョンのボーカルにロック的な要素が多く含まれているようだ。ヨンジェも柔らかいですが、その中に固体芯のある感じで。二人が似ているよう違う。
デヒョン:私たちの歌をある見るからそうなったものがある。最初に歌い始めた時には全くそのような指向のボーカルがなかった。声が大きいか、発声がいいか、または、このような方に属することはかもしれないが強く、そうしないのにBAPの歌をある見るからそうなったようだ。今はこれを行うことができるようになったので新しいのを見つける必要がありたいと思う。そして、ヨンジェのような場合には、主にブラックミュージックやR & Bジャンルが好きで、私は、より大衆的な音楽をたくさん聞く方だ。だからなのか、歌を歌うのか、音楽的な色が非常に違う。
ヨンジェ:わざわざ二人っぽくないようにすることがある。 BAPの中でデヒョンが得意なのがあると私は上手なのがあるのにあまりにも同じになればメインボーカルが二つに分かれた意味がないからです。デヒョンが上手にできると私がよくできていることを自己もっと練習しようと努力する方です。

Q.ダンス担当だったジョンオプの歌の実力も大幅に増えた。
ジョンオプ:非常に熱心に練習している。 (笑)

Q.今年3月、KBS'開かれた音楽会'での'私を残してください"の舞台でジョンオプの声をしっかりと聞いた。すばらしい美声とびっくりした。 (笑)
デヒョン:ファンがその映像を見ては、"ジョンオプがなぜ歌うパートさせないくれるの"といまだに続い'プッシュ'しておられる。 (笑)韓国の色というよりもポップやR&Bによく似合う声だ。
ジョンオプ:私がしたいのボイスカラーである。

Q.しかし、ジョンオプは言うことをたくさん照れか。やはり言葉より体で表現するのが、より身近なのか。
ジョンオプ:舞台や何か決まったものがあるところ、私は確かに表現できる場所であればうまくできるのに、それ以外だ厄介になる。 (笑)



Q.最近発売された "BAP 1ST ADVENTURE:10,000 Miles in America" DVDを見たら 'Coffee Shop"のミュージックビデオ撮影現場でジョンオプやジェロが米国現地ダンサーとダンスバトルをしたよ。
パン·ヨングク:(驚いて目を丸くされ)みましたか?
一同:(拍手)おお!
ヨンジェ:それを全部みましたか? (笑)
パン·ヨングク:私は少しずつ壊してよりは昨日すべて見た。よく作ったよ。弟のおかげで面白かった。ジェロがその言葉を得るもの知らなかった。軽くスーパースターが推測した。 (笑)ところで、DVDに入ったダンスバトルは、見なかったことだ。現場でよくやったものもある。映像にはない入った。元々はそれよりも上手だ。

Q.ダンスバトルがすべて入っているいないのか?もう少し見たかった。 (笑)
ヨンジェ:そうだ。どうしてもジョンオプとジェロのBAPのダンスを一番よく踊るからどこに行って二人で踊る時はもっとよくして欲しい。この二人が踊ることBAPがダンスも踊ると話をする方が多いので、そのような心が大きい今回末っ子がいつもよりもできないことだ。なぜどうしだと聞いたら、服が不便でそうしたよ。
ジョンオプ:新しい服であり、靴が高いと思います。 (笑)昔からアメリカのために行ってそちらにいる有名な "フックヒョング'たちやダンサーの方々と一緒に遊んでみたく踊ってみたいそうだった。そんなことがあるのロマンだった。のように楽しんたかった靴は高価なので。 (笑)トーマスのお金と回るの靴が汚れないようにしようとも試みました。ああ、情けないしたようだ。
一同: (爆笑)
デヒョン:高価な靴だった。 (笑)後ろから見ていた、私の神が出たりして"フック兄さん'ら勝ってしまうと最後まで応援していた。しかし、ジョンオプがいつもよりよくないようで来てみろとして私の靴と変えた。その時から少し上手にするのかしたかったが、それDVDにはあまり入ってない。

Q. DVDにデヒョンの量が特に多かった。印象的だったのが、ミュージックビデオの撮影時にきれいな家を見て、この家で妻と子供と住んでいれば良いようだ式の希望を言ったのだ。ラスベガスの豪華なホテルでは、一度家族とくれば良さそうだともした。家族や家庭の話を唯一たくさんいるようだ。
デヒョン:カメラをほとんど私が持ち歩くもしたカメラの撮影兄ととても親しくてたくさん付いて回った。だから、私のカットがたくさん出てきたようだ。 (笑)そして子供の頃から家族が常に集まった。祝日ときやおばあちゃんの誕生日ときや、大家族が束梱包して家族たちとのように似合うのを好む。子供の頃は大人たちが最初に集まろうとして集まったが、最近は私に会う大変ですと言ってむしろ私のために、より保しようとしている。だから、感謝の気持ちでより見に行きそうする。今回の秋夕も多会った。
ヨンジェ:コンサートや私たちの舞台するデヒョンは家族だけ約30人程度に誘う。 (笑)

Q.今回の秋夕の時みんな休暇を受けたのか?
ヨンジェ:1泊2日でメンバー全員が家に帰って家族と過ごしてきた。ご飯も食べて、チョンも食べて、話もして。
ヒムチャン:秋夕の時家に行ったら、お母さんがDVDを見るべきだとしてように見えた。その次の日から今日までずっとスケジュールで走っていて。 (笑)

Q.秋夕特集番組MBC "アイドルスター陸上アーチェリーフットサル選手権大会"も一緒に見ない。その日BAPの活躍がすごいこともありましたが、放送に出ていない現場の姿が印象的だった。メンバーたちがビニール袋を持っていてゴミを取り除いていたよ。
デヒョン:まあ、我々は常にパイプワザバーご存知の方もおられて言えば少し控え目だ。それでも私たちが食べたのは荷造りするから。これがまた曖昧なのが私たちだけしまえば、またなぜあなただけちゃうかこうなってしまう。

Q.善良な心で行動だ。いや、当たり前のことをするのに、それについて慎重に話をするしかないなんて。
ジェル:ないしまえば良心に突かれて、しかしだからするのに。
ヨンジェ:良くなく話される方もいますが逆に良く見てくれる方々もおられる。ファンも私たちがそうするから散らかしたのは、自分たちがきれいにしたり。私たちもそのようなのを見て、また習ったりする。
ヒムチャン:ファンとの良好な影響を与えて受けることになる。 (笑)



Q.そういえば、今年5月子供の日を迎え、パン·ヨングクがファンに聞いて見たのが思い出される。ファンがプレゼントした人形をヨウンアウォンに寄付してもいい?という内容だった。
パン·ヨングク:ファンがタイガー人形(パン·ヨングクが子供の頃から好きな人形として知られて)を大胆に示しておられます。ファンの皆さんがくださったつもりだ持っていたいけど私のベッドも飽和状態と、そうとメンバーたちのベッドにおいたり申し訳なくて、会社のタイガー友人の一二人ずつ置いた...あまりにも多くの会社の方の仕事見るのに支障があった。そして人形も良いの所有者に会って愛されるほうがいいから子供ナルチュムなって我々は常に助けるヨウンアウォン子供たちに送らなければと決心した。ファンの皆さんが示してくださったつもりだから聞いてみる文を書いたのだ。

Q.その文に "綿の糸だけだが、心の片隅誰かに頼りにすることができるこの人形は"という表現があった。美辞麗句ない淡泊な話でしたが、かっとした。
パン·ヨングク:(照れくさく笑って)いや、それも少なくオショトナ?専門的に文章を書く勉強をしたことがないので。言うのもちょっとぎこちない時がある。文法も、実際の韓国語文法でもなくておかしい。英語と一緒に学んで。 (笑)グーグルで、何していない、翻訳回されたかのようにそのように書くことがある。実際に勉強した方が見るには、言葉がよく合わない部分がある。

Q.文法に関係なく、人の心を触れる部分が明らかにある。その力はどこから来るのか。
パン·ヨングク:本当にそうなのか? (笑)いつも思うのが人々がすごく幼稚だとするのがないか。例えば"愛してる"と言うのもどう見れば幼稚なもので、行動一つすることも幼稚だろうし。幼稚だと言うことができる範囲内にあるが美しいと感じられるものが明らかにある。実際にはファンからもらった人形をヨウンアウォンに送ってもなるのかと求めているが、これもどのように見ると誰かに誘致することができる。しかし、そのような幼稚なのが一番美しく見えるときが本気で話をする時だと考えては本気で言う方だ。だから、そのように感じられるのかもしれない。 (笑)

Part2に続く

←Part2わからん。
コメント

B.A.P デヒョン 第3回K-POP World Festival4(10/20)

2013-10-29 22:23:20 | B.A.P














(cr:画像内)

この髪型のセルカアップしてくれないかな~。
コメント

B.A.P ヒムチャン 第3回K-POP World Festival2(10/20)

2013-10-29 22:05:40 | B.A.P








(cr:画像内)

ヒムチャンかっこえぇぇぇぇ
コメント

B.A.P K-STAR Lovers 映像(10/29)

2013-10-29 21:46:32 | B.A.P


コメント

B.A.P 2014 Skoolooks Making(10/29)

2013-10-29 19:34:24 | B.A.P


デヒョンが可愛いすぎて。
まだ一回しかみてないからリピートしなければ。
コメント

B.A.P デヒョン KBS全州放送局 環境コンサート3(10/18)

2013-10-27 12:06:04 | B.A.P














(cr:画像内)

デヒョン、早く会いたい~。
コメント

B.A.P スケジュール 10/21~27

2013-10-27 07:35:14 | その他
10月27日
放送 KBS1 開かれた音楽会(10月6日録画分放送)午後5時40分~

☆日本
■2013/10/21(月)
FMヨコハマ「K-Pop!Now」
時間:23:30~24:00
※10/21より月~水曜日の3ヶ月間OA

■2013/10/26(土)
FMヨコハマ「Radio HITS Radio」
時間:26:00~28:00
コメント (2)

B.A.P 芸能街中継(10/26)

2013-10-26 23:09:44 | B.A.P
コメント

B.A.P HIGH CUT Japan こぼれ話(10/17)

2013-10-25 22:35:00 | JAPAN
この記事見逃してました(T_T)

◆B.A.P『HIGH CUT Japan』Vol.02に登場!B.A.Pがついにやってきた!!撮影こぼれ話前半【ヒムチャン&ヨンジェ&ジョンアプ】
記事は、こちら



韓国のおしゃれマガジン『HIGH CUT (ハイカット)』の日本版『HIGH CUT Japan vol.02』(10月17日発売予定)に、B.A.Pが登場!10月9日に満を持して日本デビューを飾ったばかりのB.A.P。K-fan★meだけの、貴重な撮影こぼれ話をお届け致します^^

 9月、東京の某スタジオで行われたB.A.Pの撮影。B.A.Pの音楽やパフォーマンスから連想されるイメージといえば、カリスマ、ヒップホップ、クール、悪童。彼らの素顔は一体どんなものなのだろう。

 まず、ヒムチャン&ヨンジェ&ジョンアプは、インタビューからスタート。さっそく質問を始めると…突然、ヒムチャンが「ぼくたち3人は、B.A.Pの中でいちばん人気がある3人です。よろしくお願いします!!」と自己紹介を始めて、一同爆笑。一気に雰囲気が和んだ。ヒムチャンは、ほとんどの質問を日本語で答えてくれるほど日本語が堪能。小さい頃から、日本のアイドルが好きだった姉の影響で、ドラマをよく見ていたそう。また、B.A.Pのファッショニスタでもあるヒムチャンに、ファッションについて聞いてみると、「わー!! ありがとうございます、わかっていますね~(笑)。色々なスタイルが好きなんですが、秋と冬はダンディ、春と夏はストリートファッションが好きです」とうれしそうに答えてくれた。今後は洋服のデザインに挑戦したいそうだ。

 ステージではセクシー、プライベートではスマートで清潔感のある超優等生のヨンジェ。韓国では平均3ヶ月でカムバックをしているB.A.Pのメインボーカルであるヨンジェに、喉の管理をどうしているかと聞くと「よく寝ることです。寝る事が一番! ぼくは、どこでも寝られるんですよ。でも、僕よりももっと寝られるのが、ジョンアプさんです」と答えると、横にいたヒムチャンも「本当に、どこでも関係なく寝ます」と暴露。(ジョンアプ本人は爆笑)私服でミニバックを持っていたヨンジェに、それは何ですか? と聞くと「カメラです。いつも持ち歩いて撮影しているんです」と、笑顔で答えてくれた。まさに! カメラが似合う文化系イケメン! いつか撮った写真をファンに見せてくれるだろうか、楽しみだ。

 抜群のダンスセンスと美しい肉体を持つジョンアプ。写真撮影では、その表情の作り方、見せ方、95年生まれとは信じられないセクシーな姿を見せてくれた。プライベートでは、末っ子ラインのZELOと仲良しだというが、「いつもふざけあって遊んでいます。ここだけは直してほしい所といえば…移動中の車でよく寝るんですが、ZELOさんは僕より大きい体で、いっつも僕の方に倒れかかってくるんです!(笑)それをどうにかしてほしいな~、重いんだもん(笑)」と、かわいいエピソードを教えてくれた。他のメンバーから“四次元”キャラと言われることに対して、「みんな僕を天然とか言いますけど、僕は自分で四次元って思ったことはないんですよ」と答えると、すかさずヨンジェから「ジョンアプさんは、他の人が考えないことを真剣に考えるんですよ。変です!(笑)」というつっこみも。

 さて、後半では【バン・ヨングク&デヒョン&ZELO】の撮影こぼれ話しをお届けいたします。お楽しみに^^

~さらに♥こぼれ話~
<ヒムチャンが語るメンバー1よく食べるのは?>
いちばん大きいのはZELOさんだけど、いちばんたくさん食べるのはデヒョンさんと僕です! おしゃべり担当の2人です!

<ヨンジェが語る好きなファッション>
僕は、シンプルなスタイルが好きです。前はストリートファッションが好きだったんですけど、今はダンディなスタイルが好きです! メンバー同士で、これが似合うとか、ファッションの話もよくします。

<ジョンアプが語るモムチャン(※筋肉質のいい体という意味)の作り方>
ヨングク兄さんと一緒に体を鍛えています! 最近は、ダンスの練習で自然と体を鍛えていますよ~。


◆B.A.P『HIGH CUT Japan』Vol.02に登場!B.A.Pがついにやってきた!!撮影こぼれ話後半【バン・ヨングク&デヒョン&ZELO】
記事は、こちら



韓国のおしゃれマガジン『HIGH CUT (ハイカット)』の日本版『HIGH CUT Japan vol.02』(10月17日発売予定)に、B.A.Pが登場! 10月9日に満を持して日本デビューを飾ったばかりのB.A.P。K-fan★meだけの、貴重な撮影こぼれ話をお届け致します^^

 9月、東京の某スタジオで行われた『HIGH CUT Japan』初の日本オリジナルページの撮影。写真撮影を先に終わらせたリーダーのバン・ヨングク、デヒョン、ZELOの3人が続いてインタビューへ。

 低音ラップで男らしい雰囲気がプンプン漂うリーダー、バン・ヨングク。作詞作曲もこなし、音楽的にもメンバーをリードする彼に、これから挑戦したいことを聞くと「僕の夢は、アフリカでボランティア活動をして、公演をすることです」と、いい意味で予想外の回答が返ってきた。「祖父母から色々なことを学びました。その1つは、人を助けるということで、社会的な問題に関心を向けることも大切だということを、教えてもらいました」メンバーが、バン・ヨングクを“お父さん”と呼ぶ理由がわかったような気がした。年齢以上に、落ち着いた口調、そしてしっかりとした考え方。見た目とのギャップと、たまに見せる、目をクシャっとさせる笑顔が本当に魅力的だ。

 ルックスと実力を兼ね揃えるイケメンメインボーカル、デヒョン。無邪気な少年のようなデヒョンは、「ヨンジェさんと僕は同じ94年生まれなのですが、僕のほうが少し誕生日が早いんです。でも、ヨンジェさんは性格が僕より年上で賢い!(笑)メンバーで一番子供なのは? 僕とヒムチャンさんで間違いないです!(笑)」と、「僕とヒムチャンは、ずーーーっとおしゃべりをしていますから」と答えると、メンバーとスタッフが「うんうん」一同納得。

 そして、96年生まれの末っ子ZELOは、現在身長184cm。1年で12cmも身長が伸びたというが、「小学校では給食で牛乳が出るんです。僕もたくさん飲んでいました! あと、お父さんもお兄さんも背が高いんです。今はお兄さんより僕の方が大きいですよ」と教えてくれた。その身長も活かして「今後挑戦したいことは、モデルです。背が高いというのもありますが、写真にもファッションにも興味があります。今日の撮影も楽しいです!」と答え、実際に写真撮影では、末っ子らしからぬプロモデルのようなカリスマ溢れる表情をたくさん見せてくれた。

 来日直後の忙しいスケジュールの中でも、疲れた顔を一切見せず、撮影&ロングインタビューに答えてくれたB.A.P。“模範生”という言葉がピッタリで、本当にスマートで礼儀正しい6人。そして予想以上に日本語が堪能で驚いた。今も日本語を一生懸命勉強しているという。

 「日本では、僕たちは新人。だからこそ、初心に戻った気持ちで頑張りたいです」と語ったリーダーのバン・ヨングク。まさに日本活動がスタートしたばかりのB.A.Pの率直なインタビューとグラビアが掲載されている「HIGH CUT Japan」は10月17日発売です! 是非、誌面でチェックしてください^^


~さらに♥こぼれ話~
<バン・ヨングクが語るメンバーを色にたとえると?>
ヒムチャンさんは黒、ZELOさんは虹色、デヒョンさんは赤と黒、ヨンジェさんは白で、ジョンアプさんはネオン系! 僕? 僕はわからないです(笑)。

<デヒョンが語るメンバーのイケメンラインキング>
イケメン担当はヒムチャンさんです。2番目はヨンジェさん、3番目は…僕!それより下のランキングは、言いません~(笑)。

<末っ子ZELOが語るメンバー>
ステージの上では強いカリスマイメージがありますが、普段は突然面白いことを言ったり、騒いだりするお兄さんメンバーが大好きです!

最後に…撮影が終了し、「お疲れさまでした!!」と元気よく挨拶をして帰っていったB.A.P。エレベーターが閉まったと思いきや…すぐに開いて「忘れ物をしました!」と。その忘れ物とは…なんとデヒョン(笑)。1人で準備が遅れていたデヒョンが危うくスタジオに置いてきぼりに! なんともキュートな事件でした~!


もうなんて可愛いこぼれ話。
デヒョンが忘れ物ってwww
可愛すぎてどうしたらいいのかわかりませんwww
コメント (2)

B.A.P ジェロ 最新ビジュアル公開(10/25)

2013-10-25 19:58:44 | JAPAN


色気があるね~。
コメント

B.A.P 日本アリーナツアー公式タイトル&ポスター公開(10/25)

2013-10-25 19:48:16 | JAPAN


ポスターカッコいいですね。
このポスター欲しい

※記事内容追記

B.A.Pが初の日本ツアーを控え、明日(26日)よりチケットの一般発売を開始する。

9日、日本デビューシングル「WARRIOR」をリリースして日本で正式にデビューしたB.A.Pが11月の日本ツアーを控え、公式タイトルとポスターを公開した。これに先立ち、B.A.Pは異例なことにデビューと共にツアー日程を確定し、韓国はもちろん日本のマスコミからも高い関心を集めた。

初の日本ツアーは11月19日と20日、神戸を皮切りに27日と28日に名古屋、12月4日と5日に東京で行われる。「WARRIOR」でレベルの違う活動を披露しているB.A.Pにふさわしく「WARRIOR BEGINS」というタイトルには、彼らの覇気と自信がそのまま盛り込まれている。

共に公開されたポスターも視線を捕らえる。手を後ろに組んで一列に並んだB.A.Pは、統一感のあるブラックの衣装で圧倒的なオーラを発散すると共にレッドカラーでアクセントを与え、強烈なカリスマ性を見せた。

すでに「B.A.P LIVE ON EARTH」としてパシフィックツアーを行い、日本でも好調な売れ行きのため追加公演を行うほど新鮮な突風を起こしたB.A.Pであるだけに、26日午前10時に予定されている一般チケットの発売も良い売れ行きを記録するものと予想されている。

B.A.Pは「今回のツアーは、以前のパシフィックツアーとは全く異なる形式で行われる。新鮮かつ多彩なステージで構成された今回の日本ツアーは、B.A.Pの無限の可能性を発見する新たなきっかけになると思う」と自信を見せた。

B.A.Pはデビューシングル「WORRIOR」に続き、11月13日に「ONE SHOT」をリリースし、日本でも確固たる位置を固めていく予定だ。
コメント

B.A.P ジョンオプ 最新ビジュアル公開(10/25)

2013-10-25 12:36:36 | JAPAN


アイラインが(笑)
でもカッコいい(≧∇≦)
コメント

B.A.P ヨンジェ 最新ビジュアル公開(10/24)

2013-10-24 20:02:50 | JAPAN


ヨンジェもカッコいい(≧∇≦)
顔ちいさっwww
コメント