ゆるりと海遊

ゆっくりと地球を游ごう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

変臉 この櫂に手をそえて

2008-09-30 10:33:55 | シネマ


昨日は1日家でゴロゴロテレビ観賞と思っていましたが
お昼からお出かけしちゃいました

なほこさんアジアフォーカス2008 福岡国際映画祭
上映されているアジア映画

変臉(へんめん) この櫂に手をそえて


をあじびホールへ観に行きました
あじびホールって初めてです
小さなイベントホールでした。

福岡市制100周年を記念して1989(平成元)年に開催した
アジア太平洋博覧会で培われたアジアとの交流の輪をさらに深めるために
翌1990年から始まった事業がアジアマンスです。
アジアフォーカス2008 福岡国際映画祭
このアジアマンスの主要事業のひとつとして、1991(平成3)年にスタートしました。
毎年アジアマンスは9月にあるのですが
今年のメインイベントはアジア太平洋フェスティバル
10月9日~13日にあるようです。
こちらも楽しみです


映画の内容ですが
跡継ぎのいない老芸人が、秘芸「変面」を、自分の代で絶えさせては
いけないと、孤児の少年を引き取ります。
秘芸を継げるのは身内の男子のみ。
本当の孫息子のように凄く可愛がります。
しかし、少年と思いきや女の子だったのです。
少女はウソをついていたのです。
これまで7回も売られ、少女のため酷い扱いをされ捨てられて…。
老芸人から、初めて味合わった愛情のぬくもり。
「私を捨てないで!」、
そう願う少女ですが、老芸人はウソをつかれたショックで怒り狂います。
少女にお金を渡し少女を岸に残し住まいとする舟で川へ。
少女は老芸人に置いていかれましと泳げないのに川へ飛び込みます。
それを見た老芸人は少女を助け、孫ではなく召使として傍に置くことに。

それからは怒涛の展開で涙なしには観れませんでした
凄く感動です
いい映画でした。
老芸人と少女の演技がとてもよいのです
普通だったら観れない映画が観れて幸せでした
もう映画祭は終わってしまいましたが
来年はもっと観に行こうと思います


余談ですが、この子役の少女は本当に4歳のときから親元離れて
雑技団にいた子で親の愛を知らずに育った子だそうです。
なんだかこの映画って、この子にとって半分リアルでもあるんですね。
この映画で有名になった後、お母さんが迎えに来てくれたそうです。
でも雑技団の団長から、マスコミに彼女の家庭の悲惨な状況を暴露されて
怒ったお母さんは雑技団を名誉毀損で訴えるなど、何かと大変だったようです。
コメント

テレビ三昧をしようっと。

2008-09-29 11:17:40 | アート・レビュー
今日の福岡はです。

も好きですがも大好きな☆です。

こんな休日は、家でゴロゴロが楽しいですよね




最近、秋の特番が沢山テレビで放送されてますよね。
それを沢山録画しています。
忙しくてぜんぜん観れてなくタマりにタマってます

それをやっつけて行きたいと思います
アート(?)な秋です

さていくつの番組をやっつけられるでしょうか
夕方からは映画も観に行きたいなぁ
コメント

ハンコック

2008-09-16 11:00:01 | シネマ


昨日は、うさこさんから誕生日プレゼントで
映画のお誘いを戴きました!!

本当に久しぶりの中洲大洋です


あらすじ ハンコック - goo 映画より

超人的な力でロサンゼルスで起こる事件や事故を解決するが、同時に街に大損害を与える男・ハンコック。粗暴な性格も相まって市民にも毛嫌いされていた。そんな彼に命を助けられたPR会社の社員・レイは、ハンコックのイメージ回復作戦に乗り出す。彼を刑務所に入れて罪を償わせた上で、正義のヒーローとして復活させようというのだ。渋々ハンコックは指示に従い刑務所へ。その姿をレイの妻・メアリーは複雑な心境で見ていた。

空を飛び、圧倒的な力を持ち、身体は銃弾を弾き、さらには不老不死。しかし性格は粗暴で周りのことなんかお構いなし! 事件は解決するが街は壊し放題――そんな型破りなヒーローの成長を映したアクション・ドラマ。嫌われ者の男が人々から愛される“真のヒーロー”になるために1つずつ学び、行動していく姿を、ユーモアをたっぷりと織り交ぜながら描いていく。主人公のハンコックを演じたウィル・スミスは、傍若無人な振る舞いの中にどこか哀愁を漂わせた演技を披露。その周囲をシャーリーズ・セロン、ジェイソン・ベイトマンらが固める。監督は『キングダム/見えざる敵』のピーター・バーグが務めた。


久しぶりの映画&誕生日プレゼントなので
元気になれる&スカっとする映画を選びました

なぁぁぁぁぁんにも考えずにおバカ&少しB級映画かと思いきや
結構しんみり場面もありーののしっかり楽しめる映画でした



とても突っ込みどころ満載の映画ですが
何も考えずに大きな画面で観るには最適な映画ですよー



メアリー(シャーリーズ・セロン)は美人さんですね
あんな美人なママだと自慢したくなっちゃいますよね。

意外とマジメなハンコック。
みんなのために頑張っても理解されず嫌われるばかり。
淋しいハンコックはお酒に溺れ、ますますパワーをセイブできない。
そんな中「いい人」のレイと出会い、苦悩しつつも
みんなから理解してもらえるよう努力を始める。

初めからメアリーがハンコックを目の仇にしてるなーとは思っていたけど
まさかそーいう展開になるとは!
やっぱ女の方が強いな(笑)

まだまだ公開中なのでネタバレは控えときます


うさこさん、ありがとうございました

コメント   トラックバック (1)

あぅ(>ω<、)

2008-09-02 22:40:23 | アート・レビュー
先週の魔王…録画できてなかった









最悪です



明日はお休みなので本当は
仕事終わって大好きなカレーを食べに行って
映画のレイトショーを観に行くつもりだったけど
週末に友達がうちに遊びに来るので部屋の大掃除をしなければ
ちょうど明日は燃えるゴミの日だし、必要のないモノは
どんどん捨てて部屋をスッキリさせたいなぁ

来週の6連休は部屋の模様替えに力を入れるってのもいいかも
あんまりお金もないし
安い家具屋やインテリアショップ&100均&リサイクルショップなどを巡って
自分のお城を作り上げるのもいいかも

はぁ。。。気分アゲてこっ
コメント (4)