ゆるりと海遊

ゆっくりと地球を游ごう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

先ほど決着つけました。

2008-02-19 00:14:33 | fuuちゃんとの想い出


今日は燃えないゴミの日でした。
ゲージ≠fuuちゃんだということはわかっているんだけど
なかなかこれが…。

ほんとやっとのことで一つ決着つけました。
自分が一つ成長したような気分になりました。
fuuちゃんに勉強させてもらいました。
ありがとうfuuちゃん

次は納骨です。
これまたいつになることやら
コメント

化粧師 KEWAISHI

2008-02-16 19:43:32 | シネマ


あらすじ 化粧師 KEWAISHI(2001) - goo 映画より

大正初期の東京・下町に、少しばかり偏屈な小三馬という化粧師がいた。客の中心は一部の上流階級の女性や芸者たちであったが、抜群の腕の彼に化粧して貰うといいことがあるとの評判を得ていた為、人生の一歩を踏み出そうとするその他の女たちも彼の元を訪れることしばしばだった。だが、小三馬には誰にも言えない秘密があった・・・。


今日は、とぉぉぉぉっても暇(掃除しなさいって)だったので
GYAOというサイトで無料配信の映画が観れるということで
この映画を観てみました

ただ、途中にCMが入るのが…いまいちテンションが下がります
まさかそんなところで!!あんなに!!って感じでCMが入ります

でもでも、映画は期待していなかったけど期待以上の作品でした

小三馬(椎名桔平)に化粧をされると福が舞い降りるということなんだけど
ちゃぁぁぁぁんと化粧する相手を選んでいるんだけど
この基準が結構感動したりします
油断しました

小三馬の生い立ちも青野純江(菅野美穂 )の健気さもイイです
また時子(池脇千鶴)や奥様(いしだあゆみ)もイイ感じです。

あぁ話したいけどネタばれしちゃうから…ここら辺で。
コメント (4)

今日こそは!

2008-02-16 11:28:23 | fuuちゃんとの想い出


fuuちゃんが天国に逝ってから早2ヶ月半経ちました。

こまごましたものは片付けたんですけど
ゲージだけは未だfuuちゃんが居たときのままです。
どうしても手がつけられなくて。。。

でも、覚悟を決めて今日こそ(仕事休み)は片付けます
来週の月曜が燃えないゴミの日。
きっぱりさっぱりします
でないとfuuちゃんも安心して天国で遊べないですよね。

遺骨はもう少し手元に置いて、後々は納骨したいと思います。



部屋も凄いことになってきてるし、大掃除がてら頑張ります
コメント (10)

天然コケッコー

2008-02-03 10:01:27 | シネマ


あらすじ 天然コケッコー - goo 映画より

山間の分校。小学校と中学校は同じ校舎の中にあり、全校生徒はたったの6人!右田そよは唯一の中学二年生。初夏のある日、東京から転校生・大沢広海がやってきた。期待に胸を膨らませるそよは仲良くなろうとするのだが、ついつい冷たい態度をとってしまう。海水浴、神社の境内で初めてのキス…、そして春が来て、みんな1学年進級した。楽しみにしていた修学旅行は東京。広海が育った街を始めて見ることが出来て喜ぶそよだった…。


気を取り直して再度改めて昨日、自分へのご褒美でハート達(複数ハート)
ソラリアシネマへ再映の天然コケッコーを観にいきました映画

何故かガラガラなのにスキンヘッドのコワモテの男性が3席横に座るボケーっとした顔
ちょっと気になりながら映画が始まりました。

この映画、くらもちふさこが原作で私の青春時代によく読んでいた漫画家です。
この漫画は読んだ記憶はないけど、ちょっと楽しみほっとした顔

なんだかほんわかと懐かしくキューーーンとする映画でした。
主人公の右田そよ(夏帆)がいい感じに田舎者で
早知子(宮澤砂耶)があまりにもおもらしするもんだから
早知子が「おしっこ」って言ってもイラついて「我慢しなさい!」
と言ってしまい、早知子が膀胱炎になってしまって学校を休んでしまうシーン。
とっても後悔してお見舞いに行くんだけど
早知子はさよが来たと知ると真っ先にさよに嬉しそうに飛びつくの!
ちょっとキューーーーンってきてしまったハート達(複数ハート)

ところどころで横のコワモテのお兄ちゃんが映像に反応して
声に出して笑うのが意外で…(笑)

くるりの「言葉はさんかく、こころは四角」がひったりな映画でした。
まぁ兎に角、ほんわかする映画ってことで癒されました。
コメント (6)