しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

〔NHK大河ドラマ〕花燃ゆ 第5回「志の果て」感想  井伊直弼演じるブラック英樹登場!

2015年02月01日 20時32分49秒 | テレビのつぼ
高橋英樹が登場した時、一瞬
松平春嶽?
と思ったけど、あの台詞と、あの悪い顔は
井伊直弼
ですな。

そう言えば昨秋、珍しく悪い役をすると報じられたような。
でも英樹がやる限り、安政の大獄も「大義があった」と描くか?
いやいや安倍ポチ政権がそれを許すまい。

今夜の放送まで、時節柄自粛して放送中止かと思った。
若し、松陰が斬首される回なら、あながち無い話ではかなったかも?

トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 〔IS日本人人質殺害事件〕... | トップ | 《解説編》意味がわかると怖... »
最近の画像もっと見る

7 トラックバック

大河ドラマ「花燃ゆ」 #05 志の果て (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
寅次郎投獄。
花燃ゆ 第5回「志の果て」 (ともさんのふむふむ大辞典)
前回、文が宣言した兄を守るという言葉が実際に今回からどのように動き出すのか気になっていたのですが、今回は目立った動きがないばかりか、逆に寅次郎を野山獄で追いつめていました。野山獄と岩倉獄とではまったく環境が異なり、文字通り牢獄そのものなのが岩倉獄で、こ...
【 花燃ゆ 】第5回 「志の果て」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
密航に失敗した寅次郎(伊勢谷友介)は野山獄というろう獄に入れられる。文(井上真央) は会うことのできない兄に差し入れを持って獄に通う。そこで金子ツル(麻生祐未)と出会う。 ツルは、寅次郎と共に海を渡ろうとした弟子、金子重輔(泉澤祐希)の母だった。 重...
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹5寅次郎は囚人となって学ぶ意欲を得るも重輔を救えず己の無力さを呪うのだった (オールマイティにコメンテート)
1日大河ドラマ「花燃ゆ」第5話は寅次郎が牢獄に入れられて寅次郎はその間に本を読んで学問を学ぶ意欲に向ける。一方その頃江戸では伊之助が文から受けた手紙通り寅次郎が読みた ...
NHK大河ドラマ「花燃ゆ」第5回「志の果て」 (真田のよもやま話)
故郷に戻って牢屋行、なんとも大変な事態となってしまいました寅兄様でございます。私たちから見たら、あの吉田松陰が国を憂えるあまりやむにやまれずなさった事みたいに思える黒船密航未遂事件ですが、当作の中だけで見ておりますとお兄ちゃんがやりたい放題みたいにしか...
【花燃ゆ】第5回プチ感想と視聴率「志の果て」 (ショコラの日記帳・別館)
【第5回の視聴率は2/2(月)頃、追記予定】 副題「志の果て」 新聞ラテ「志の果
花燃ゆ 第五回 (レベル999のgoo部屋)
『志の果て』 「志の果て国禁犯し見た夢は友の命を救うか」 内容 黒船への密航に失敗した寅次郎(伊勢谷友介)は、死罪は免れたものの 弟子の金子重輔(泉澤祐希)とともに投獄される。 文(井上真央)たちは、会うことは叶わなかったが、 寅次?が希望する書物などを野...