しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

大河ドラマ 龍馬伝 第15回 「ふたりの京」

2010年04月11日 18時51分39秒 | テレビのつぼ
武市半平太は
「人斬り以蔵」を利用するだけ利用して、
心の底では岡田以蔵を軽蔑していたらしい。

ますます悪い顔になってゆく
そんな武市半平太を演ずる大森南朋が
昨夜「トップランナー」に出演していた。
そこで「後は切腹に向かってどう演じていくか」
と演劇論を語る大森南朋の発言に、
MCの女優の田中麗奈が
「そんな(先のシナリオを)事を言っちゃって良いんですか?」
とつっこんでいたのには、ひっくり返ってしまった。
大森南朋自身も一瞬絶句した後に、
「まっ、まあそれは歴史上の史実ですから、別に言っても、、、」
と困った顔をしていたが、
ひょっとして田中麗奈ちゃん、
武市半平太って歴史上の実在の人物って知らなかった??

にころこさんも心底嫌う、
武市半平太を見事に演ずる大森南朋
やっぱり、いい役者さんだ!

トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
« 新勝利の方程式「KKK団」... | トップ | 《解説編》意味がわかると怖... »
最近の画像もっと見る

42 トラックバック

「龍馬伝」第15回 (日々“是”精進!)
   第15回「ふたりの京」龍馬は大坂をたち、三条家に仕える加尾がいる京へ向かっていた。一方、半平太も藩主の豊範と共に京に入っていた。半平太は公家の尊王攘夷派である三条に会い、徳川幕府に攘夷を実行させるために帝の勅命を持って江戸に乗り込むことを提案する...
第15回「ふたりの京」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
池田屋の跡地はご存じだろうか?…『新選組!』のときと異なり、池田屋事件に触れられるかどうかはわからないがこちらによると新選組の主たる面々のキャスティングが決まったのだという。さて…平井収二郎を演じておられる宮迫博之さんとともに、原田泰造さんが近藤勇を演...
大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者15加尾と久しぶりの再会も以蔵との再会で半平太の本性を知り加尾は龍馬に麟太郎を紹介して江戸へ... (オールマイティにコメンテート)
11日大河ドラマ「龍馬伝」第15話を視聴した。 今回は半平太が山内公を伴って京へ入り、 三条家より攘夷実行を促すための交渉に成功する。 その頃龍馬は京に来ており、三条家に使える加尾と再会を果たす。 再会を果たした龍馬と加尾だったが、 既に龍馬は加尾の知...
大河ドラマ「龍馬伝」第15話「ふたりの京」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
龍馬の会いたいふたりの人物-----------。生きる望みを与えてくれる人。そしてもうひとりは・・・。龍馬の次の旅立ちは----------京。山内が京へ。それを実現させたのは、武市。すっかり偉くなちゃって(^^)なんとしても攘夷実行を成す!!信念が彼を動かしているよう....
『龍馬伝』第15回「ふたりの京」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
土佐を出てみると「日本は広いぜよ」。会いたい人がふたり。生きる道を教えてくれる誰か。そして、もう1人は。。 文久2年。 京・土佐藩邸に藩主・豊範が。 武市と対面。 収二郎と加尾。 龍馬が脱藩した話。。 京で舞い上がる勤王党の者たち。 武市の人斬りとなっ...
【龍馬伝】第15回感想と視聴率「ふたりの京」 (ショコラの日記帳)
【第15回の視聴率は4/12(月)夕方迄に追加予定】龍馬も武市も京に着きました。龍馬は、加尾と再会。龍馬と加尾がラブラブしている間に、以蔵が本間を暗殺しました。それにしても、またもや、凝った組み合わせですね。 以蔵は、人斬り以蔵になってしまいました。武市さ...
★「龍馬伝#15」会いたい人♪ (・*:・ふわゆら生活・:*・)
脱藩して~ひとり旅する龍馬。。いったい何を目指すのか~乙女ねぇやん。。ワシはいま会いたい人がふたりおるがじゃ~ひとりはワシに生きる道を教えてくれる誰か。。そしてもうひとりは・・・坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 権平(杉本哲太) 乙女ねぇや...
龍馬伝「京のふたり」 光陰のヒーロー (よかったねノート 感謝の言葉にかえて)
紅葉の赤さが目に残ります。 紅葉に染まる京で、ふたり・・・・・・ 引かれ合うように、ふたり・・・・ 第15話 「京のふたり」 2010年4月11日(日) 総合テレビ 午後8:00~8:45 ≪あ ら す じ!≫  龍馬(福山雅治)は大坂から京へと向かっていた。...
【龍馬伝】第十五回 (見取り八段・実0段)
徳川将軍家を京に召し出し帝に攘夷を約束させる。武市は三条実美にそう進言し、事は実行に向けて動き出した。土佐の下士である武市が、ついに表に立つ日がやってきたのである。一方で、越後の本間精一郎と言う男が勤王党の手柄を自分の物だと吹聴していると言う噂が立つ。...
龍馬伝 第15回 「ふたりの京」 (青いblog)
あらすじ 龍馬(福山雅治)は加尾(広末涼子)に会うために京都へ向かう。武市(大森南朋)も京に入り、三条実美(池内万作)に会い、幕府に攘夷を実
『龍馬伝』第15回 (悠雅的生活)
~ふたりの京~
「龍馬伝」 第15回、ふたりの京 (センゴク雑記)
大河ドラマ「龍馬伝」。第15回、ふたりの京。 龍馬が乙女姉に出した手紙より、今 自分が会いたい人物は2人。 1人は異国と戦わずに日本を守る方法を教えてくれる人物。 そして、もう1人は・・・・・・ということで、加尾ですw 乙女姉への手紙から始まる手法も...
龍馬伝 第15回 ふたりの京 (レベル999のマニアな講義)
『ふたりの京』内容文久2年、土佐藩主・山内豊範(染谷将太)が、半平太(大森南朋)の進言で京へと入り、その後、尊王攘夷派である公家・三条実美(池内万作)に面会した半平太は、早急な攘夷実行を求めるのだった。だが、その行動を越後の浪人・本間精一郎なる者が己が...
NHK大河ドラマ「龍馬伝」第15回「ふたりの京」 (真田のよもやま話)
どうするつもりだったのかしら?いえ、龍馬君の生活のアテはあったのかなあって・・・。藩を出たのは良いけれど、誰を頼って暮らすんでしょう?どっからお金が出てるんでしょう?歴史に詳しい方はご存知なのかもしれませんけど、先週来そこら辺が気になっちゃって気になっ...
龍馬伝~第15話 感想「ふたりの京」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
龍馬伝ですが、武市半平太(大森南朋)は若い藩主山内豊範を擁立して京都に入り、公卿・三条実美を動かし帝の叡慮の下に徳川将軍家を上洛させ攘夷を約束させようと画策します。土佐の下士だった武市の奇跡的な栄達には驚くばかりですが、いまや日本の天下国家を武市半平太...
龍馬伝 15 (しなもにあ)
いいように利用されて人の道を外してしまった以蔵うっかり告白しそうになるあたりちょっと子供っぽい・・・酒飲んでばっかり・・・身体大丈夫???ウィキ読んだらちょっとかわいそうになってきた・・・武市には疎まれていたようで・・・岡田以蔵美少年ではなかったみたい...
大河ドラマ 龍馬伝 第15回 ふたりの京 感想 (本家らう゛ろくた逃避中)
第15回 ふたりの京 はわ、「ねこ鍋」ならぬ「ねこ篭」!可愛い!!! 以蔵が人を斬っている間に、加尾と龍馬がとうとうという二種類の緊張感でもって、オチオチ横になってTV観てる状況じゃなくなりました。 演出力に負けたな。 その後の以蔵と加尾と龍馬、三人で過ごす...
龍馬伝 第15話 (paseri部屋)
「龍馬伝」(第15話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,広末涼子,宮迫博之,佐藤健,マイコ,池内万作,倍賞美津子,蟹江敬三龍馬(福山雅治)は加尾(広末涼子)に会うために京都へ向かう。武市(大森南朋)も京に入り、三条実美(池内万作)に会い、幕....
龍馬伝 #15「二人の京」 (昼寝の時間)
文久2年(1862)、26才(1836年生として数えで) 公式サイト 京に上がっ
龍馬伝15 岡田以蔵人斬り自慢を言うたらアカンぞよ! (ぱるぷんて海の家)
龍馬伝は直近三回の視聴率が 17.7→18.8→18.5% と20%割れ。 まあ急ブレーキと云うほどの数字でもないけど 常に20%が大河ドラマの宿命だからしかたないか。 理由は 岩崎弥太郎などで話を膨らませているのでストーリーが散漫、 映像がリアルすぎるといった声が...
「龍馬伝」幕末の風雲児を思う・・・その15 (星の王子様の宝箱)
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   本日
大河ドラマ 『龍馬伝』 第15回 レビュー (サブカルチャー・ショック)
大河ドラマ 『龍馬伝』 第15回 「ふたりの京」を観ましたー☆ 今回は、岩崎家のシーンが素敵でした。特に 岩崎弥太郎の一人ツッコミが...
大河ドラマ 龍馬伝 15話 (お地蔵さまの寄り道)
第15話「ふたりの京」 切ない想いを込めた加尾の 「会いたかった。。龍馬さんに会いたかった。」 どんだけ、切なかったやろう。{/hiyo_uru/} 結ばれるべきやったのか? よけいに、切ない想いを抱き続けるのか? 私やったら、よけいに辛い。 別れる運命なら、思い出は...
龍馬伝 #15 (なんでもあり~な日記(カープ中心?))
武市、いいかげんにしろwww もう完全に真っ黒ですね。武市…。 以蔵の素直さ純粋さにつけ込んで( ゜∀゜) 龍馬は以蔵を説得したものの、 以蔵は武市しか見えてなさそうなのでダメそう…。 武市が黒すぎて笑えますwwww 加尾の兄も最悪やー@@ 勝手すぎる>< そ...
【大河ドラマ】龍馬伝第15回:ふたりの京 (山南飛龍の徒然日記)
それぞれの立ち位置を認識する、状況整理的な回でしたね。【今回の流れ】・藩主の山内豊範とともに京へ入った半平太 三条実美に、将軍を京へ呼び寄せ、攘夷の実行を約束させる策を提案 以蔵を使って、目障りな人物を次々に暗殺する・加尾は兄の収二郎から龍馬が脱藩した...
大河ドラマ 龍馬伝 第15回 「ふたりの京」 (くまっこの部屋)
健気に武市を慕い、人斬りに身を落としていく以蔵、そして自分を慕う以蔵の気持ちを知
龍馬伝 ふたりの京  (のほほん便り)
龍馬と加尾。かつて恋仲で、夫婦約束までして破れ、人生の大きなターニング・ポイントになった2人の、京での切ない再会編… 周囲の反対(とくに加尾の兄の忠告)がゆえに燃え上がるのは恋の常。そして、なまじ近くにいて束の間の蜜月を過ごしたからこそ、分かってしま...
龍馬伝 第15回「ふたりの京」  (みはいる・BのB)
龍馬伝のお時間です。 簡単なあらすじ・・・・・・
大河ドラマ「龍馬伝」第15回『ふたりの京』 (徒然”腐”日記)
ネタバレを含む記事です。未視聴の方はご注意ください。個人的感想のみ書き散らしておりますのでご了承ください。っていうか今回は・・・・・・・・物語的に動いたんだが何なんだか微妙な話だったので・・・・・・さらっといきますさらっと以蔵がひたすら可愛らしくて健気...
龍馬伝 十五話 (Simple*Life ドラマ感)
いよいよ。武市たちが動き始めましたね。 朝廷の三条様に取り入って天皇から 将軍へ攘夷をするように命令してもらおうってことに 半平太の得意満面の顔が怖いです。 そして自分たちのことを悪く言うような人間は 排除すべしとでも思っているようで、 本間という人間がま...
龍馬伝 第15話「ふたりの京」 (ぷち丸くんの日常日記)
龍馬(福山雅治)は大阪から京へと向かっていた。 京には、三条家に仕える加尾(広末涼子)がいる。 半平太(大森南朋)も藩主・山内豊範(染谷将太)と共に、京へ入っていた。 半平太は公家の尊王攘夷派・三条実美(池内万作)に面会し、徳川幕府に 攘夷を実行させる...
楠木正成を尊敬していた龍馬!! (函館 Glass Life)
汚れた衣装をまとっても汚さ全く感じない福山龍馬{/star/}{/star/} 実像の龍馬の肖像画や写真を見ても綺麗な衣装を着 ている姿は殆ど見た事がありませんが、もしかして 龍馬自身も福山龍馬と同じオーラを醸し出していた のではとさえ思えてきます{/cat_5/} 大河ドラマ史上...
《龍馬伝》☆15 (まぁ、お茶でも)
龍馬は歩きまわって、世界地図では米粒ほどの日本が、こんなに広いとは思わなかった。 お乙女姉やん、わしにはいま会いたい人が2人おるがじゃ。 1人はワシに生きる道を教えてくれる誰か。 そしてもう1人は・・・ 乙女は、文を読みながら、「おまんの望む生きたかをしい...
週刊きなこ庵4月編5-11日&ちょっと龍馬伝 (山吹色きなこ庵・きままにコラム)
今週は晴れの日が多くてお花見したり、ガーデニングしたり。 そろそろ冬物をしまわな
また逢うと想う心を道標にて道無き世にも出づる旅かな(坂本龍馬) (キッドのブログinココログ)
龍馬はまだ若い。謎深い文久二年の旅は続いていく。 一歩一歩、時代は血生臭さを増していく。 しかし、「己の死」の実感は遠い。脱藩以来、龍馬には「死の覚悟」があったと考えることもできるが、「生の情熱」の方が色濃く強まっていただろう。 旅立ちは別れの連続でもあ...
大河ドラマ「龍馬伝」第15話 (またり、すばるくん。)
第15回「ふたりの京」 視聴率18.4%
龍馬伝15 ふたりの京 (※悠然と,冷静に,熱く生きる 2)
加尾がいっぱい出てきました(-_-)...
龍馬伝 第15話「ふたりの京」 (shaberiba)
武市は藩主山内豊範とともに京へ・・ そして遂に公家三条実美の勅命を持って 江戸に乗り込むことに!! 土佐で虐げられてきた彼にとっては...
龍馬伝 第15話「ふたりの京」 (shaberiba)
武市は藩主山内豊範とともに京へ・・ そして遂に公家三条実美の勅命を持って 江戸に乗り込むことに!! 土佐で虐げられてきた彼にとっては...
龍馬伝第15話(4.11) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
坂本龍馬@福山雅治と平井加尾@広末涼子が再会したものの、 月日の流れを感じた二人は別々の道を進まざるをえなくなったというお話 2部になってから、やはり岡田以蔵@佐藤健がいいねえ 敬愛する武市半平太@大森南朋の喜ぶ顔が見たくて、 刺客という誉められない仕事...
龍馬伝 第14回・15回 (宴の痕)
まずはリアルタイムで観られなくて再放送で観た先週の14回。 東洋が死んで武市が実権を握った土佐藩は硬直化してきたという話で、龍馬も外の世界を知って多少クールになってきてましたね。 弥太郎への「土佐へ帰れ」は結構背筋がゾクッとした。 それからなんといっても以...
『龍馬伝』第15話 (もう…何がなんだか日記)
第15話『ふたりの京』冒頭、弥太郎でなく龍馬自身の声で状況が語られ始めたので「お?」と思ってしまったけど>何?乙女姉さんへの手紙の文面だった。乙女姉さんに宛てた手紙が随分...