しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

「朔旦冬至」は何故19年に一度なのか?

2014年12月22日 18時00分54秒 | 歳時記
本日は北半球では昼の長さが一番短い冬至。

正確には太陽黄経が270度となる瞬間が冬至であり、
その瞬間を含む日を「冬至日」と言うんですな。

更に今夜は新月。
太陽の復活の日「冬至」

月の復活の日「新月」
が重なるのは
「朔旦冬至」
と言い
『日本では古くから“蘇りの象徴”ともいわれ、盛大な祝宴が挙げられていた』
らしい。

冬至は太陽暦であり、
新月は勿論、太陰暦で両者は全くリンクしない。
という事は二つが偶然重なるのは月齢が一周する29.53年に一回の確率、
の筈なのに、何故「19年に一度」なんやろ?
ひょっとして前回がたまたま19年前だったって事で
長~い目で見た確率ではだいたい29.53年に一回で出現してるって事とか??
(だから正確には「19年ぶり」???)

どなたか答えをご存知の方おられたらご教授願いたい!
ジャンル:
文化
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〔LaLaSweet撮影会〕あやにゃ... | トップ | 《解説編》意味がわかると怖... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
朔旦冬至 (Kyan)
2014-12-24 11:46:14
トラバどうもです。
以下の事情のようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%AC%E8%87%B3#.E6.9C.94.E6.97.A6.E5.86.AC.E8.87.B3
人間が決めた都合に過ぎないようで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歳時記」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

12月22日 今日は19年ぶりの朔旦冬至 (つらつら日暮らし)
今日は「朔旦冬至」であるので、関連した記事を書いてみたい。
冬至 2014 (Kyan's BLOG V)
きょう冬至 宜野湾で田芋収穫 琉球新報冬至。明日からは昼の方が長くなる日。昔の人にはそれは嬉しか...