しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第48回「幻の都」 平清盛はなぜ幕府を開かなかったのか?

2012年12月09日 19時31分49秒 | テレビのつぼ
我々幼少の砌には
「いいくに作ろう鎌倉幕府」
なんて語呂で
「1192年に源頼朝が鎌倉幕府を開いた」
なんて教えられたけど、今の教科書では違うらしい。
1192年とは頼朝が征夷大将軍になった年であって
決してそれはイコール「鎌倉幕府を開いた」って事にはならない、
て常識にやっと気づいたんですな。

根本的な事として
「幕府」ってなんじゃい!ってなるんだけど
元々は右近衛大将の唐名であり、
その本来の意味では息子の重盛も宗盛もなってるから
「平家は幕府になっている」

でも武士政権という意味の「幕府」では難しいですな。
教科書では頼朝が全国に守護・地頭を置いた1185年としてたりするらしいけど
これはちょっと時期的に早い気もする。

武家政権という意味では平清盛が先に獲っていたと考える事も出来る。
ただ、その根拠地を福原と畿内に置いた事と
ひょっとして「朝廷を乗っ取ろうとしていた」
(だから未だに逆賊扱いされるんだけど)
との発想から
「所詮、平安貴族の枠内のクーデター」
と看做されるんでしょうな。

でも反対に
「源頼朝こそ所詮、平清盛のパクリ、彼らの失敗を元に若干の修正を加えただけ」
とも言われている。

これも全て、日本が外国から侵略されるリスクが少なく
常備軍としての国軍を備えていなかったから、
(この先においてもだけど)
であろうか?

トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 大阪も雪に!9日も交通機関... | トップ | 《解説編》意味がわかると怖... »
最近の画像もっと見る

関連するみんなの記事

13 トラックバック

大河ドラマ「平清盛」第48回 (日々“是”精進! ver.F)
還都… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212090004/ NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集ジェネオン・ユニバーサル 2013-03-06売り上げランキング : 5044Amazonで詳しく見る by G-Tools
平清盛 #48 (義風捫虱堂)
#「幻の都」 清盛は福原を武士の都とすべきだったのか、それとも日の下の都とすべきだったのか?
大河ドラマ「平清盛」 #48 幻の都 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
平家の都は幻と化した。 福原からの還都。 それは平家の衰退を表す。
NHK大河ドラマ『平清盛』第48回「幻の都」 (よくばりアンテナ)
錆び付いた宋剣でもう自身が武士では無いことを諭された清盛は どんどん老いぼれて、平家の栄華も落日といった様子。 勢い込んで福原に遷都したものの、 武士ばかりか寺社にも反感を買い、 朝廷からも京に...
【平清盛】第48回 「幻の都」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
富士川の戦いで大敗した清盛(松山ケンイチ)。 平家はすでに武士ではないという忠清(藤本隆宏)の言葉が、清盛の心に強く刻まれる。 頼朝(岡田将生)は東国を平定、鎌倉で新たな国づくりを始めていた。...
『平清盛』 第48回「幻の都」 (ふるゆきホビー館)
JUGEMテーマ:大河ドラマ 命がけの諫言をした忠清は、盛国に介錯をたのみます。しかし、盛国は忠清を叱り飛ばし、生きて平家の武勇の軸となれ、と命じました。鎌倉に本拠をすえた頼朝は、反抗する佐竹氏を討つなど、順調に勢力を拡大しています。自分に従う豪族には、領...
大河ドラマ「平清盛」第48話 (またり、すばるくん。)
第四十八回「幻の都」   
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男48清盛一門の強い意向で都を再び京に戻し頼朝は弁慶から清盛の過去を聞き武士の世を悟った (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「平清盛」第48話は富士川の戦いで敗れた清盛は忠清のもう武士ではないという言葉に動揺していた。そんな中高倉上皇が危篤となり棟梁の宗盛は公家から不満を抑えるた ...
「平清盛」 第48回、幻の都 (センゴク雑記)
大河ドラマ「平清盛」。第48回、幻の都。 反平家の流れは止まらず。 清盛は還都を決める。
大河ドラマ「平清盛」 第48話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
平家の大敗---------------!!ついに落日を迎えつつある清盛と平家。最早その手に刀を持つことも出来ず、心の軸すら失くしてしまった清盛。今日も所用で視聴が遅くなったので、あらすじ...
大河ドラマ「平清盛」 第48話 あらすじ感想「幻の都」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
平家の大敗---------------!! ついに落日を迎えつつある清盛と平家。 最早その手に刀を持つことも出来ず、心の軸すら失くしてしまった清盛。 今日も所用で視聴が遅くなったので、あらすじは公式から。 いよいよ落日まで後3回。 平家はすでに武門ではない...
『平清盛』 第48話「幻の都」 【訂正補足】あり (英の放電日記)
宗盛の視た清盛  -清盛の偉大さを感じ過ぎてしまった-  「出来の悪い男(おのこ)、拙い棟梁だ」と吐露し、  それでも自分は棟梁で、清盛の息子なのだ。  父を諌めるのが自分の務めだと「都還り」を訴える 還都を決意する清盛  -幻となった都と自分の人生を重ね...
平清盛 第48回「幻の都」 (あしたまにあーな)
このドラマも残すところあと3回となりました。平家のその後も表現するということだったので、3回を残して清盛の時代から頼朝・義朝と知盛の戦の場面なのではないか見ていたのですが、清盛はまだまだ元気で第一線で指示出しまでしています。こうなってしまうと棟梁とは名...