しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第39回「私たちの子ども」 このあと「山本時栄の不祥事」をどう描く?

2013年09月30日 01時37分12秒 | テレビのつぼ
すっかりホームドラマ化した「八重の桜」

今日の放送ではあれだけ殊勝な事を言っていた
山本覚馬の後妻、谷村美月演じる山本時栄の不祥事を如何に描くか。

前にこのブログでも以前書いたけど、
時栄が山本覚馬以外の相手、
つまり不倫の末の子供を身籠ったという事件ですな。

だいたい8年後なので、次の次の次くらいの話だろうか?
しかもその相手が山本家に養子と迎える為に会津から迎え同志社に入学させていた18歳のガキんちょってんだから、

妊娠が発覚した時、山本覚馬は「覚えが無い」って言ったらしいので
57歳の覚馬はそういう能力が既に失われていたのかも知れない。
でも時栄はまだ38歳の女ざかり、

てえらい生々しい話しだし、
これまでの略奪愛の末、覚馬と結ばれ、尊敬しつくしてる時栄のイメージと整合性がない。

それでも自分も不倫の末結婚した覚馬が因果応報を時栄を許すんだけど
小姑の八重が時栄を追い出すんですな。

う~わ~、橋田壽賀子ドラマですな。
何が「八重の桜」なもんか!
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意味がわかると怖い話123... | トップ | 山崎豊子死す 映画「ぼんち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビのつぼ」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

【八重の桜】第39回 「私たちの子ども」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
八重(綾瀬はるか)と襄(オダギリジョー)の念願がかない、同志社女学校が誕生した。 喜びもつかの間、薩摩出身の女学生リツ(大後寿々花)が結核にかかる。 八重は献身的に看病にあたるが、リツは八重の看護を頑なに拒む。 リツは、父を会津戦争で亡くしていたのだ...
【八重の桜】第39回 「私たちの子ども」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
八重(綾瀬はるか)と襄(オダギリジョー)の念願がかない、同志社女学校が誕生した。 喜びもつかの間、薩摩出身の女学生リツ(大後寿々花)が結核にかかる。 八重は献身的に看病にあたるが、リツは八重の看護を頑なに拒む。 リツは、父を会津戦争で亡くしていたのだ...
大河ドラマ「八重の桜」第39回 (日々“是”精進! ver.F)
看病… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309290002/ 【送料無料】八重の桜・襄の梅 [ 本井康博 ]価格:1,995円(税込、送料込)
八重の桜 第39回 私たちの子ども (レベル999のgoo部屋)
『私たちの子ども』 内容 ついに八重(綾瀬はるか)の夢である同志社女学校が誕生した。 だが、度々、騒ぎが起き、八重は苦戦していた。 外国との風習の違いだけでなく、 学問を学びにやって来たのに。。。と 徳富初子(荒井萌)伊勢みや子(坂田梨香子)を中心に、 八重...
大河ドラマ「八重の桜」 #39 私たちの子ども (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
明治の世が進んできています。 士族の世は終りを告げました。 一方、同志社女学校では、揉め事の連続のようで・・・。
「八重の桜」 第39回、私たちの子ども (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第39回、私たちの子ども。 同志社は家族のような学校ということで、生徒達は子供も同然ってことか。 そんなホームドラマです。
大河ドラマ「八重の桜」信念の人39許されなくても生きねばならぬ!八重の言葉にリツは心情を理解し同志社の教えから八重の気持ちを... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第39話は八重と襄は念願の女子教育の場となる同志社女学校が誕生したものの土地がなく運営が思うようにいかない日々が続いた。しかもその中に薩摩出身の ...