しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」

2010年03月28日 21時05分10秒 | テレビのつぼ
史実の上では、上士の後藤象二郎が
郷士の坂本龍馬如きを暗殺
しかも毒殺するなんて記録は残っていないし
どう考えても、そんな必要がない。
だいたい、龍馬があんなに吉田東洋に買われていた
という話も聞いた事がない。

確かに龍馬にとって象二郎は、幼馴染の半平太を切腹させた
恨み深き相手であるし、
象二郎は、龍馬の考えた船中八策を我がアイディアとして容堂に進言する
というコスイ行動を取ったりするが
それは、遥か先のお話。
この時点で象二郎から見て、龍馬如きは取るに足らない相手、
勿論、暗殺するような理由なんてある筈もない。
てか殺したければ、腹を切らせれば良いのだ。

そして、龍馬が遂に脱藩した。
ドラマの中ではその理由は明確にされず
まるで日本国中を見て回りたい為に脱藩したようなイメージだが
現実の脱藩は、そんな簡単な理由で出来得る物ではない事は常識。
本当は薩摩の島津久光の率兵上洛を、勤王倒幕の挙兵と思いこみ
土佐藩内でも脱藩して京都へ行き、
薩摩藩の勤王義挙に参加しようとする者が出て来た

半平太は半平太で藩論を尊王攘夷に統一する
「挙藩勤王」を目指し脱藩せずに、吉田東洋を暗殺に走る訳なんだけど。

ただ、島津久光の真意はこの時点ではあくまで公武合体であり
その中で有名な「第1次寺田屋事件」が起こる訳で
せっかく脱藩までした龍馬達は宙に浮いてしまうのだが、、、

次週より、その宙に浮いた事が
龍馬を広い世界・大海へと解き放って行く。

トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« 開幕3連勝ならず、やはり外... | トップ | 《解説編》意味がわかると怖... »
最近の画像もっと見る

関連するみんなの記事

35 トラックバック

「龍馬伝」第13回 (日々“是”精進!)
   第13回「さらば土佐よ」象二郎から龍馬暗殺の命を受けた弥太郎は、龍馬の茶に毒を入れる。だが、龍馬が茶を飲む前に弥太郎は龍馬の湯飲みを払いのける。龍馬は、半平太が東洋を殺そうとしていることを知り、東洋に会いに行く。東洋は真に土佐藩のことを考えている...
大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者13龍馬土佐に収まらず脱藩を決行!歯止め役がいなくなりついに東洋が暗殺され土佐は混迷の時代に... (オールマイティにコメンテート)
28日大河ドラマ「龍馬伝」第13話を視聴した。 今回は龍馬は半平太から東洋の暗殺指令が、 弥太郎は後藤象二郎から龍馬暗殺指令が下されていた。 弥太郎は龍馬の暗殺に葛藤するが、結局暗殺できず、 龍馬のその事情を打ち明ける。 それを聞いた龍馬は東洋の元へ自...
NHK大河ドラマ「龍馬伝」第13回「さらば土佐よ」 (真田のよもやま話)
いよいよ第一部が今宵で完結!さらば土佐藩~さらば土佐藩~土佐藩さ~らあば~♪ってな成り行きになりそうですけど、先週来の雲行きは随分とまた風雲急を告げまくりですけど、ど~なりますことやらあ~~~!{%うーん…(シクシク)hdeco%}
大河ドラマ「龍馬伝」第13話「さらば土佐よ」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
暗殺命令--------------!!東洋を殺せと龍馬に迫る武市。だが、龍馬はそんな武市の代わりに東洋の腹を探って来ると言い出す。一方弥太郎は後藤に龍馬暗殺を命令される。後藤に毒をもらった弥太郎。結婚したばかりの妻と別れたくなかったら殺せ。そう命じられたものの・・...
龍馬伝13 龍馬脱藩より東洋暗殺がインパクトありすぎ?! (ぱるぷんて海の家)
あーイイ最終回でした龍馬伝! 龍馬脱藩までの苦悩も良かったけど それ以上に 吉田東洋暗殺が 泣けた! だめですよ 吉田東洋さん 雨の夜に一人で出歩いたら。 暗殺と言うのは 古今東西大雨の夜と言うのが 定 番 なんだから。 でも暗殺シーン もう少...
『龍馬伝』第13回 (悠雅的生活)
~さらば土佐よ~
★「龍馬伝#13」自分の信じる道に向かって~ (・*:・ふわゆら生活・:*・)
2つの暗殺指令が出た先週。。吉田東洋を斬れ!!武市龍馬坂本龍馬を殺せ!!吉田東洋の甥っ子後藤象二郎弥太郎坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介) 乙女ねぇやん(寺島しのぶ) 岩崎弥次郎(蟹江敬三) 武市半平...
龍馬伝 第13話 (paseri部屋)
「龍馬伝」(第13話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,寺島しのぶ,杉本哲太,要潤,島崎和歌子,奥貫薫,青木崇高,マイコ,松原智恵子,田中泯,蟹江敬三,倍賞美津子弥太郎(香川照之)は、龍馬(福山雅治)の暗殺を命じられたが、実行できなかった。....
【龍馬伝】第十三回 (見取り八段・実0段)
解った!武市さん!わしが直接あん人に会って、腹の中を確かめて来るき。けんど、もし、吉田さまがおかしな事を言うたらその場で斬ります。東洋がいる限り、自分に将来はない、と切実に迫る武市と嘆く武市の妻を見て、龍馬はそう言うしか無かった。一方、後藤象二郎から龍...
龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」 もりもと (5人の愉快な仲間達)
ついに第一部が終わったね。 次から第二部か そんな当たり前なことはいいとして。 弥太郎が茶に毒を混ぜるシーンすごかったね。 もし龍...
第13回「さらば土佐よ」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
人生の岐路というもの…龍馬にとっては、文久2(1862)年の自身が高知藩を脱藩するという出来事だろう。現代で言えば、故郷を出なければならないときというのは別に自然な話である。就職なんかは、けっこうあるのではないだろうか?…この当時、そのような自由な選択がはた....
龍馬伝 #13 (なんでもあり~な日記(カープ中心?))
龍馬、脱藩!! ついに…武市の命令でついに東洋が暗殺されました。 ……もう以前の武市さんには戻れないのですね>< 龍馬が脱藩してしまってストッパーがいなくなりました。 富さんも裏切ってしまうんかい!武市ー!@@ 脱藩に関して…ねーやんはわかってますね。 龍...
龍馬伝~第13話 感想「さらば土佐よ」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)と吉田東洋(田中泯)はそれぞれ命を狙われます。後藤象二郎(青木崇高)は岩崎弥太郎(香川照之)に毒薬を渡し「食事の時にでも入れればいい」など具体的なやり方まで指示してくれますが、武市半平太(大森南朋)は「東洋を斬ってくれ...
龍馬伝「さらば、土佐よ」 出奔のヒーロー (よかったねノート 感謝の言葉にかえて)
「会うは別れの始めなり」 別れも経験してゆく龍馬、一期一会の儚さもまた。 第13話「さらば、土佐よ」です。 帰れない、二度とは土佐の地を踏めない、そんな覚悟もあったでしょう。 「脱藩」の章であります。 「ウェルかめ」の最終話は20日の土曜日で、やっぱり四...
龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」 (青いblog)
あらすじ 弥太郎(香川照之)は、龍馬(福山雅治)の暗殺を命じられたが、実行できなかった。龍馬は武市半平太(大森南朋)が吉田東洋(田中泯)を殺
龍馬伝 第13回 さらば土佐よ (レベル999のマニアな講義)
『さらば土佐よ』内容半平太(大森南朋)たち土佐勤王党が掲げる“攘夷”その攘夷を土佐藩の実力者・東洋(田中泯)に訴え出た半平太たちであったが、失笑され、抑え込まれてしまうのだった。覚悟を決める半平太。。。。“東洋がいる限り、何も変わらない”話を聞いた龍馬...
龍馬伝 #13「さらば土佐よ」 (昼寝の時間)
文久2年(1862)、26才(1836年生として数えで) 公式サイト 象二郎は毒
龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」 (あしたまにあーな)
とうとう第一部の最終回を迎えます。今回は2つの暗殺計画の事の顛末が明らかになります。まず一つ目の弥太郎による龍馬暗殺計画についてですが、これは始めから受け狙いだったようにしか考えていなかったので、結末は「なるほどね」と思う結果となりました。やっぱり龍馬...
「龍馬伝」 第13回、さらば土佐よ (センゴク雑記)
大河ドラマ「龍馬伝」。第13回、さらば土佐よ。 第1部、完結です! 龍馬にとっても土佐にとっても大きな変革がありました。
大河ドラマ 『龍馬伝』 第13回 レビュー (サブカルチャー・ショック)
大河ドラマ 『龍馬伝』 第13回 「さらば土佐よ」を観ましたー☆ 坂本龍馬が吉田東洋に謁見した後に、武市家を訪れ、武市半平太と会話す...
大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」 (くまっこの部屋)
脱藩という言葉がいよいよ頭によぎる龍馬の葛藤、そして龍馬の選んだ道は。また東洋に
龍馬伝 さらば土佐よ (のほほん便り)
まずは、弥太郎の妄想から。龍馬が席を外した隙、弥太郎が龍馬の湯飲みに毒を盛り、知らずに飲んだ龍馬は、血を吐いてバッタリ… というのは、案の定、弥太郎の妄想。 実際には、飲む前に弥太郎が彼の器をなぎらはってしまったのでした。 後藤象二郎の目論んだ、こちら...
龍馬伝 (Akira's VOICE)
第13回「さらば土佐よ」の感想ぜよ 
大河ドラマ「龍馬伝」第13回『さらば土佐よ』 (徒然”腐”日記)
ネタバレ要素を含みます。未視聴の方は御注意下さい。個人的な感想&突っ込みありの記事ですのでご了承ください。第一部完結ってことなんですね?今回第1部は「RYOMATHEDREAMER」・・・・・・夢見る人だったわけですか随分と夢とはかけ離れた現実っすよね武市に「吉田東洋...
【龍馬伝】第13回感想と視聴率「さらば土佐よ」 (ショコラの日記帳)
【第13回の視聴率は3/29(月)夕方迄に追加予定】1862年3月24日、龍馬と沢村惣之丞(要潤)は脱藩しました。脱藩って、本人は勿論、残される家族にとっても大変なことだったんですね。龍馬が脱藩するまでの龍馬自身の迷いと、家族の苦悩と応援するように変わるまでを丁寧に....
龍馬伝 第13話「さらば土佐よ」 (ぷち丸くんの日常日記)
後藤象二郎(青木崇高)から龍馬(福山雅治)暗殺の命を受けた弥太郎(香川照之) は、龍馬の飲んでいた茶に毒を入れる。 しかし、龍馬が吐血し倒れる場面を想像した弥太郎は、慌てて引き返し、龍馬が 飲む前に湯のみを払いのけ、命を救う。 龍馬は、半平太(大森南朋...
龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」  (みはいる・BのB)
今回で第1部終了の龍馬伝のお時間です。 あらすじ・・・・・・
【大河ドラマ】龍馬伝第13回:さらば土佐よ (山南飛龍の徒然日記)
第1部の最終回でした。【今回の流れ】・半平太から東洋を斬るように言われた龍馬 まずは、東洋の真意を探る事に 東洋曰く『有能なら下士でも引き立てる。が、武市は無能』 龍馬は斬る理由が無いと判断・後藤象二郎から龍馬を毒殺するよう命じられた弥太郎 茶に毒を入....
「龍馬伝」第十三話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮))
絶望と希望と覚悟。 自分の思いを貫いたその先は・・・。 第十三話『さらば土佐よ』
《龍馬伝》☆13 (まぁ、お茶でも)
龍馬に、憎っくき吉田東洋を消せと狂気な半平太。 そんな恐ろしい事をと意見する冨。 しかし、足蹴にされた恨みは消えない。 おまけに東洋が居る限り土佐勤王党は、何もできないと騒いだ。 龍馬は吉田東洋に直接会い腹の中を確かめてくると約束。
大河ドラマ「龍馬伝」第13話 (またり、すばるくん。)
第13回「さらば土佐よ」 視聴率18.8%
龍馬伝第13話(3.28) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
坂本龍馬@福山雅治が土佐藩を脱藩、 武市半平太@大森南朋が刺客を使い、吉田東洋@田中泯を暗殺したという話 「私の知っちょる龍馬は、何かとてつもないもんを持っちょる男じゃき。 土佐には収まりきらん、とてつもない大きいもんを持っちょる男じゃき。 見つけたがじ...
龍馬伝第13回感想 (みやさとの感想文と感想絵)
久しぶりに月曜日に感想書いてます! 日曜日に書けたら一番いいんですけどね。第一部終了ですね。龍馬さん ついに脱藩します。まずは弥太郎さんが命じられるままに 龍馬さんに毒を飲ませようとするのですがそこは弥太郎さん、そこまではできなかったんですね、毒をお茶...
竜馬伝13話(さらば土佐よ)の感想 (本とTVとDVDの感想日記)
 竜馬伝13話(さらば土佐よ)を見ました。土佐が竜馬にとってどんどん居づらい地になってきましたね。  武市は、反目する吉田を人に命...
大河ドラマ 龍馬伝 第13回 さらば土佐よ 感想 (本家らう゛ろくた逃避中)
弥太郎さんの暗殺は未遂ですみました。よかったよかった。 いよいよ、脱藩に踏み切りましたね。