しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

大河ドラマ 龍馬伝 第22回 「龍という女」

2010年05月30日 19時00分40秒 | テレビのつぼ
ドラマの中で脚本の福田靖くんは
後藤象二郎に
「土佐藩では上士には拷問出来ない決まりになっている
 そのかわり下士には何をしても良い」
と言わせていたが、
先日も書いた通りこれは正確ではない
「土佐藩では」なく江戸時代日本国中の藩で
このような慣例であったのだ。
上士と下士・郷士・足軽との間には
確固たる格差、いや差別があったのは
土佐藩の専売特許ではないのだ。
酔っ払い容堂が言う通り
関ヶ原の合戦の後遺症で
いや、その影響がなかった薩摩藩でさえ存在した
江戸時代の身分制度であった事を、ちゃんと伝えて頂きたい。

それに武市半平太が罰せられるのは当然
彼は吉田東洋暗殺の首謀者である。
しかも自らの手を汚さずに偉そうに指示しただけ
現代でいうと立派な殺人の共同共謀正犯
如何なる理由があろうとも
「単なる人殺し」である。
新撰組も同じ、
なんぼ偉そうな理屈並べても
以蔵と同じ「人殺し」である。
全員、地獄行きである。

それにしても、真木よう子の「おりょうさん」
キャスト発表の時から期待はしていたが
ハマってますな~!
そら龍馬も惚れるわ!!

にほんブログ村 トラコミュ 大河ドラマ「龍馬伝」へ大河ドラマ「龍馬伝」

トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
« 目先の1勝、酷使され続ける... | トップ | 〔サッカー日本代表〕イング... »
最新の画像もっと見る

36 トラックバック

「龍馬伝」第22回 (日々“是”精進!)
   第22回「龍という女」大坂の専称寺で航海術を学ぶ龍馬ら土佐藩士に、帰国命令が届いた。勤王党の弾圧を始めた容堂が発したのだった。帰国を拒む龍馬らは再び脱藩浪士の身と...
龍馬伝 第22回 龍という女 (レベル999のマニアな講義)
『龍という女』内容容堂(近藤正臣)の命により投獄された半平太(大森南朋)土佐では土佐勤王党や攘夷派が弾圧され、京では攘夷派の一掃が始まっていた。そんななか大坂の専称寺・...
龍馬伝 第22回 「龍という女」 (青いblog)
あらすじ 勝塾で航海術を学ぶ龍馬(福山雅治)たち土佐藩士に、勤王党弾圧
大河ドラマ「龍馬伝」第22話「龍という女」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
武市さんがついに投獄される事に----------!!勤王党は弾圧される事になり、事実上解散に追い込まれる形に。更に以蔵はいわゆる指名手配犯。彼は幕府にも、朝廷にも追われる身となり...
大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者22龍との運命の出会いで即5両を貸し出す器量をみせるが以蔵は助けられず力の無さを改めて思い知... (オールマイティにコメンテート)
30日大河ドラマ「龍馬伝」第22話を視聴した。 今回は半平太が投獄され、土佐藩士に帰国命令が下っていたが、 龍馬たちはこれを拒否し脱藩扱いとなった。 そんな中以蔵が幕府、新撰組、土佐藩から追われていた。 それをなつから知った龍馬は必死に以蔵を探すが、 ...
龍馬伝 第22回「龍という女」 (みはいる・BのB)
龍馬伝のお時間です。(^-^) あらすじ・・・・・
【龍馬伝】第22回と視聴率「龍という女」 (ショコラの日記帳)
【第22回の視聴率は5/31(月)に追加予定】お龍(真木よう子)さん、気の強い人ですね。いくら妹を助けたいとはいえ、連れて行った人達を殺すと包丁振り回すなんて(^^;)以蔵、来...
【龍馬伝】第二十二回 (見取り八段・実0段)
知りません。土佐勤王党は、ただただ土佐藩のため、大殿様、山内容堂さまをお支えするために尽くしてきたがです。投獄されて、後藤象二郎から吉田東洋殺しについて尋問された武市は...
龍馬伝 21 (しなもにあ)
以蔵 つかまっちゃったね・・・お龍との馴れ初め仲間が拷問されて切ない武市あれは角材を足に挟み 角材の上に正座させ石を積むやつね・・・痛そう・・・今のとこ龍馬は何もできな...
龍馬伝22 子供手当を貰える坂本龍馬はおぼっちゃマン? (ぱるぷんて海の家)
あーあー 岡田以蔵とうとう捕まったかぁ! このまま土佐に連れてかれ 拷問につぐ拷問に耐えきれず 白状して無残な最期を迎えるのか。 新撰組の近藤勇に斬られた方がまだ良かったかも・・・。 ってゆーか おい! 坂本龍馬クン!! 君はどこを探しとるんだ!...
第22回「龍という女」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
龍馬は女たらしも同然だと、回顧した岩崎弥太郎はなじっていた…まあ、夫人を先に娶ったのは弥太郎だからその分のツケを跳ね返したのであろう。お龍との出会いは私も謎が多いと思っ...
『龍馬伝』第22回 (悠雅的生活)
~龍という女~
「龍馬伝」幕末の風雲児を思う・・・その22 (星の王子様の宝箱)
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   本日
『龍馬伝』第22回「龍という女」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
龍馬の元に武市半平太投獄の報せ。土佐勤王党弾圧。京では勤王党の残党狩り。。龍馬は勉強に没頭することで気を紛らす。。海軍塾に勤王党残党狩り。土佐藩士の帰国命令強制執行へ。...
NHK大河ドラマ「龍馬伝」第22回「龍という女」 (真田のよもやま話)
一瞬、ほんの一瞬ですけど、龍馬君が女装するのかと勘繰ってしまったのは私だけでしょうかあ~?って、私だけですか?皆様そんな風には思われなかったの?あらまあ・・・(汗) ま、ままままま、まあとにかく!生涯の伴侶というか同士というかとおおにかく龍馬君にとって...
龍馬伝~第22話 感想「龍という女」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
龍馬伝ですが、山内容堂(近藤正臣)は武市半平太(大森南朋)を投獄しただけでは飽き足らず、坂本龍馬(福山雅治)などの海軍塾グループにも帰藩命令を出し、下士を根絶やしにしようと目論みます。龍馬は勝海舟の権威や伝兵衛様などに庇護されますが、殿様に逆らったこと...
大河ドラマ 龍馬伝 第22回 龍という女 感想 (本家らう゛ろくた推して参る)
第22回 龍という女 手に汗握ってしまいました。 逃げる以蔵と、殴り込みしそうなお龍さん(初登場!)に加えて、徳が長次郎に告白するのかとか。 それから、追われてる人間を大っぴらに探す龍馬とか、武市さんの傍で行われる拷問とか…… いろんな意味で盛り沢山で……も...
龍馬伝「龍という女」 無念のヒーロー (よかったねノート 感謝の言葉にかえて)
社民党の離脱で、昨年9月以来続いてきた民主、社民、国民新三党の連立政権は約八ヶ月余りで幕を下ろすことになりました。あっけないものですね。 さて、「龍馬伝」です。捕えられた武市半平太、文久三年九月のことです。 今回、山内容堂のぼやきが聞かれます。 「侍...
「龍馬伝」第22回、龍という女 (センゴク雑記)
大河ドラマ「龍馬伝」。第22回、龍という女。 お龍登場の巻。でも、メインは岡田以蔵か? 新撰組なんかも出てます。
龍馬伝 第22回「龍という女」 (あしたまにあーな)
前回の感動があったので、今回は敷居が非常に高いものとなりました。前回無念のうちに壮絶な死を遂げた平井収二郎のように、土佐勤王党を徹底的にたたきつぶそうと土佐の大殿様である山内容堂は、関係者をすべて土佐に帰そうとします。きっとすべて帰した後に弾圧するつも...
大河ドラマ 『龍馬伝』 第22回 レビュー (サブカルチャー・ショック)
大河ドラマ 『龍馬伝』 第22回 「龍という女」を観ましたー☆ 坂本龍馬と近藤勇。1対1の真剣勝負。ドラマならではの夢の対決でしたね...
龍馬伝第22話 (paseri部屋)
「龍馬伝」(第22話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,真木よう子,寺島しのぶ,佐藤健,杉本哲太,奥貫薫,大泉洋,要潤,島崎和歌子,青木崇高,酒井若菜,臼田あ...
龍馬伝 #22「龍という女」 (昼寝の時間)
文久3年(1863)、文久4年・元治元年(1864) 27、28才 公式サイト
大河ドラマ 「龍馬伝」 22話 (お地蔵さまの寄り道)
第22話 「龍という女」 武市半平太 「土佐勤王党は、ただただ土佐藩のため、大殿様、山内容堂さまを お支えするために尽くしてきたがです。」 後は。。。知らぬ存ぜぬ 「間違ってなんかない」 大いにまちがってます。 半平太が自白しない為に、 半平太を慕ってた...
大河ドラマ「龍馬伝」第22話 (またり、すばるくん。)
第22回「龍という女」
【大河ドラマ】龍馬伝第22回:龍という女 (山南飛龍の徒然日記)
以蔵を助けるつもりで、捕まえる手助けをしてしまう龍馬が愛おしいです(笑)【今回の流れ】・土佐への帰国を拒み勝塾に留まる龍馬は、再び脱藩の身になってしまう そんな龍馬を心...
龍馬伝「龍という女」  (のほほん便り)
時流は急変。ついに、土佐勤王党や攘夷派が弾圧され、勝の海軍にいた面々は、みんなが守ってくれましたが、身分は再び脱藩の身に。半平太は投獄され、以蔵は逃げ回る身となります。 必死で京の街を以蔵を探して回る龍馬、そこに新撰組が… 彼等の運命やいかに? 幕...
龍馬伝第22回感想 (みやさとの感想文と感想絵)
今日はですね、ジャンプの銀魂の方に高杉が出ておりましてもうわたしが大変な事になっているのですが(笑)、まだ銀魂感想がアップできるような準備は何一つできておらず朝は結局あ...
大河ドラマり「龍馬伝」第22回『龍という... (徒然”腐”日記)
いつもながらの個人的感想です。ネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。なお、内容について色々突っ込んでいる個所もありますのでご了承ください。え~~~~タイトル...
龍馬伝 第22話「龍という女」 (ぷち丸くんの日常日記)
勤王党の弾圧を始めた容堂(近藤正臣)が発した、土佐への帰国を拒む龍馬(福山雅治) たちは、再び脱藩浪士の身となってしまう。 龍馬たちが身を寄せる大和屋の徳(酒井若菜)は、商人だった長次郎(大泉洋)を心配して いた。 そして、龍馬の身を案じていた乙女(寺...
「龍馬伝」第二十二話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮))
悲しみ、祈り、願う女たち。 第二十二話『龍という女』
★「龍馬伝#22」以蔵がついに。。(TT) (・*:・ふわゆら生活・:*・)
土佐勤王党は終わった。。武市も終わった。。坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 権平にぃやん(杉本哲太) 乙女ねぇやん(寺島しのぶ) 岩崎弥次郎(蟹江敬三)美和...
大河ドラマ 龍馬伝 第22回 「龍という女」 (くまっこの部屋)
土佐勤王党への弾圧が始まるなか、龍馬はなすすべもない。土佐では武市半平太の取調べ
龍馬伝第22話(5.30) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
坂本龍馬@福山雅治が楢崎龍@真木よう子と出会い、 岡田以蔵@佐藤健が役人に捕まったという話。 追いつめられる以蔵が哀れで、 龍馬とお龍の出会いの場面が邪魔に感じてしまったのだが、 そうはいっても、こっちはこっちで描かないといかんだろうからなあ。 こんな激動...
龍馬伝 第22回 (宴の痕)
武市が投獄され、同時に勤王党への弾圧が激しくなってきた土佐。 いっぽう京で以蔵を探していた龍馬は、借金のせいで連れていかれた妹を力づくで取り戻そうと暴れていた龍という女に出会う。 フライング観賞の第22回、今回も大してセリフがございません局長、もといタイ...
≪竜馬伝≫☆22 (まぁ、お茶でも)
竜馬のもとに、武市半平太が投獄されたという知らせが届いたのは、文久3年(1863年)9月の終わりのことだった。8月18日の政変を境に土佐藩は、藩の内外におる勤王党員の弾圧を始め、京の都では、幕府による攘夷派の残党狩りも始まっていた。 竜馬は、半平太や、以蔵を思...