しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

〔NHK大河ドラマ〕軍師官兵衛 第10回「毛利襲来」 って「蒙古襲来」のパロディ?!

2014年03月09日 21時30分59秒 | テレビのつぼ
「毛利襲来」と仰々しいタイトルを付けているけど
毛利には天下を狙う野望なんぞ毛頭無かったと言われている、
亡き元就の遺言でもあるし。

毛利元就が中国地方であそこまで勢力を伸ばしたのも、
殆どが謀略によるもの、戦で勝ったのなんて実質的には1、2回だけ。
ずばり毛利軍は決して強くないのだ、そして元就はそれを自覚したのだ。

では何故、織田軍があれだけ苦しめられたかと言うと、
織田軍はもっと弱かったから、戦国でも屈指の弱さを誇っていた。
だからこそ頭を使って戦い、勢力を伸ばし、
結果的にはそれが天下統一に繋がった、日本の国は決して力でだけでは治められないって事ですな。

でも、それでも毛利が兵を出すのは
「義理堅い」からに尽きますな。
利用されてるの判っていても、頼られると力を貸してしまう。
この後の関ヶ原の合戦でもそうだし
幕末もそうだと言える。
いや現代の安倍ポチ政権にさえ、500年くらい経っても未だに利用されてるしね。

あっ、だからこの「軍師官兵衛」では決して毛利は悪く描かれません。
今や「安倍晋三へのよいしょ」が全てのNHKだから。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 意味がわかると怖い話139... | トップ | 《解説編》意味がわかると怖... »
最近の画像もっと見る

テレビのつぼ」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

軍師官兵衛第10話(3.9) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
足利義昭@吹越満や石山本願寺と手を組んだ毛利は 海路を利用して5千の大軍で播磨の英賀浦に襲来、 頼みの織田信長@江口洋介は本願寺との戦いで動けず、 別所・赤松は沈黙を守り、絶体絶命の小寺家だったが、 黒田官兵衛@岡田准一は擬兵の計で毛利軍を翻弄、見事撃退し...
大河ドラマ「軍師官兵衛」第10回 (日々“是”精進! ver.F)
毛利を退かせる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403090002/ 【送料無料】義風堂々!!疾風の軍師ー黒田官兵衛ー(1) [ 山田俊明 ]価格:609円(税5%込、送料込)
大河ドラマ「軍師官兵衛」 #10 毛利襲来 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
ついに毛利軍がやってきます。 大軍をどう撃退するのか。 織田の援軍は来るのか??
【軍師官兵衛】第10回感想と視聴率「毛利襲来」 (ショコラの日記帳・別館)
「毛利襲来」 第10回の関東の視聴率は、前回の15.4%より少し上がって、15.
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術10毛利の大軍に官兵衛は奇襲と援軍と見せかけて毛利軍を混乱させ退ける事に成功した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第10話は毛利が大軍の水軍を率いて播磨に上陸する。これを迎え撃つ官兵衛だったが別所、赤松の援軍は期待できず、織田軍の援軍も送れない状況だった。 ...
軍師官兵衛 第十回 (レベル999のgoo部屋)
「毛利襲来」 内容 足利義昭(吹越満)を領内に入れた毛利家は、 石山本願寺と通じ、信長(江口洋介)包囲網を敷き始める。 そして、天正四年。ついに毛利の軍勢五千が、姫路近くの英賀の浦を襲撃。 官兵衛(岡田准一)は、迎え撃つ準備を整えつつ、 秀吉(竹中直人)....
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第10回「毛利襲来」 (真田のよもやま話)
官兵衛試されるってよか、策士半兵衛!みたいだった先週の放送、播磨御三家が信長様にお目見えしてハッキリ毛利家とは絶縁の構え!毛利家と一心同体の石山本願寺一向一揆の衆とも対立は必定、黒田家からも本願寺門徒の侍女たちが出て行ってしまって臨戦態勢。いよいよ来た...
【 軍師官兵衛 】第10回 「毛利襲来」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
信長(江口洋介)に対抗するため石山本願寺と同盟を組んだ毛利勢が、官兵衛(岡田准一) を倒すため五千の大軍で姫路の南西、英賀(あが)の浦に襲来する。 わずかな手勢で出陣した官兵衛は、農民や老人、女子供の力も借り、必死の奇策で迎え撃つ。 だが、毛利の智将...
『軍師 官兵衛』 第10回「毛利襲来」 (ふるゆきホビー館)
JUGEMテーマ:大河ドラマ 官兵衛の播磨経略がうまくいくかと思われた矢先、大きな試練が。毛利氏が、その水軍をもって播磨に侵攻してきたのです。その数は、およそ五千。はじめて戦う大軍に、黒田勢も緊張しました。官兵衛は、織田の援軍はもちろん、小寺政職があてにで...