しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

〔ラグビーW杯2019〕ブレイブ・ブロッサムズvsサモア代表、最後まで4トライ目を狙い、奪い、勝つ!

2019年10月05日 21時54分07秒 | スポーツ
いーやー、
NPBのCSに続いて大興奮でございました。

ここに断言しよう!
CS→RWCをはしごで観ていた虎ファン、
全国で約3000人はぶっ倒れてるね、たぶん。

ほんま、観てて疲れたわ。
3本目のトライが決まって、勝利の行方はほぼ確定してからも、
サモアは7点差以内の1ポイントに固執して
(じゃないと、ここで予選敗退)
ブレイブ・ブロッサムズは4トライ以上のボーナスポイント1を狙って、
最後の最後まで、銅鑼が鳴った後も互いに攻め続ける、
よー出来たシステムやなー、これは。

いや、他の試合観ても、
例えどちらのボーナスポイントを狙えなくても、
最後の最後までトライに固執して手を抜かないのがラグビーの燃える所。
若し、ここで気持ちが切れたら、それこそ大炎上して、
山下真司に殴られると。

スコットランド、次のロシア戦は当然に5ポイント挙げるとして、
最後のブレイブ・ブロッサムズvs狂乱のスコッチ戦、
引き分け以上、
負けても、4トライ以上許さず、7点差以内なら負けでもベスト8
(4トライ以上許さず、こちらが4トライ挙げて8点差以上でも勝ち抜けだけど、常識的には有り得ない)

なんてセコイ点数計算していないで、
過去にたった1勝しかしていない狂乱のスコッチを14日撃破しましょう。
お昼には旧阪神タイガースも悪徳ジャイを破って、日本シリーズ進出を決めてる事だろうし。



〔旧阪神タイガース〕先発西、初回1アウトも獲れず降板の非常事態も、ラミレスマジック裏目の大!大!大!大逆転勝ち!

2019年10月05日 18時07分27秒 | 虎ブロ
これぞホームの強みというモノか?
苦手甲子園なら諦める6点差も、
得意のハマスタなら大!大!大逆転。

まさかの中継ぎ石田先発、
エース今永を第二先発に回すと言うラミレスの奇策。
功を奏したと思いきや、
初歩的なルール違反で交代が認められず、
結局この1点が、後々効いてきた。

わがままジョンソンが奥さんの出産で帰国してしまった事、
これが反対に、特にリリーフ陣の結束を強めた。
1アウトも獲れず、結局打球を足にあてて西が降板するという緊急事態、
その後、守屋がよー追加点を許さなかった。

そしてラミレスに見せつけてやった「元祖第二先発」ガルシア。
今日もバッチリ3イニングスを無失点で切り抜ける。
ホンマ、ガルシアが居なかったらこの通算7連勝は無かったうよな。

打撃陣は北條がまさかの5打点。
最後の最後も高山が大ファインプレーで大団円やと思いきや、
TMOで二塁打に、最後の最後までドキドキしたけど、

とらほー!!!

もう、観てるこっちもしんどいわ!
あと1時間ちょっとでラグビーワールドカップ 日本vsサモア戦が始まるんですけど、
体力回復するかなー?!
血圧上がり過ぎて倒れるんとちゃうかなー?!



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

《解説編》意味がわかると怖い話2921 「★」

2019年10月05日 06時00分47秒 | 意味がわかると怖いコピペ
まずはこれは予告殺人である。
そして、犯人は堂々と自白している。

殺されたのは、
充茂、兼平、折尾、糸川
の4人。

どの部分が予告かと言えば、
勿論、糸川の回想シーンである。

充茂と兼平は中国の【金】。
折尾はり○ちゃんのお【父】。

送られたものを、名前の一文字名と合わせると…
充+金=【銃】
兼+金=【鎌】

折はというと、
【折】のつくり(右側)に【父】を乗せて【斧】。
偏=手偏、つまり、【手】
なので、【手斧】。

なので、
充茂は銃で撃たれ、
兼平は鎌で首を切り落とされ、
折尾は手斧でバラバラにされ、
殺された。

では、糸川であるが、
ここまできたら星野が犯人である。

糸川は星野と唇を【交】ました。

糸+交=【絞】。
つまり、【絞殺】です!

こんなん考える星野であるので
睡眠薬でも準備してた、と推察される。


さて、犯人=星野の自白であるが

星野が糸川の回想シーンで出したのは、
【顔を黒く塗り潰された、人形の頭】
だった。

【人形の頭】。
星野の名前から頭だけ、つまり、一文字目をとると【星】。

ドラマなどで有名な、犯人を示す警察の隠語である。!

犯行が確実な場合、
「ホシは黒だな」
とも言う。

つまり、【黒星】で犯人と名乗っていたのである。

遠回しとは言え、
犯行予告に自白してからの、
それが友人に対して高校生が…

星野に何があったのか??