星屑の日誌2

SSとか書くブログ。たぶん。

案内板

2099-08-15 21:29:51 | 日記
当ブログで連載中の「永遠の扉 過去編」まとめ。
↑HPで読めます。

永遠の扉の18禁展開絡みの報告・所感はこちら。

完結いたしました『やる夫で学ぶ本田宗一郎』のログ倉庫はこちら。




※※コメント欄についての注意※※

「http://」は禁止ワードです。(スパム対策)
投稿時には「http://」を抜いて下さい。

コメント (9)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぼちぼちと

2022-05-27 21:30:34 | 日記
無限増援vs気象兵器。どう攻防すんだって悩んだ。止まった。でも道筋はついたので少しずつ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今期のアニメ

2022-01-15 23:38:57 | 日記
スローループ。釣りのアニメ。
父を亡くしたヒロイン1が、母の再婚相手の連れ子たるヒロイン2と同居して釣り教えてゆくこのアニメの、
親御さんたちのキャストが

柚木涼香さん
川田紳司さん

だった。昨年一年分は笑った。
6巻ラストの、カズキしか手当てしてもらえず愕然としていた剛太の初出は、

2004年42号。

そこからおよそ17年半。奇妙な巡り合わせが、訪れた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コメントへのお返事を記事で行います。

2021-12-19 00:55:52 | SS
コメント機能がバグったのでこちらにて。

>ふら~りさん

コロナにはご注意を。

ラーハルト曰く、「最後の知恵ある竜」はヴェルザー。
つまりマザードラゴンにはないんですよね、知恵が。
バランと間違えてダイ攫っちゃったのもですね、知恵がないからなんですよ。
「あれ若いぞ、もっと前に生んだような、まあいいや」で攫った。
もはや重ちーレベル。サンジェルマンの紙袋が元の位置から離れてるなあおかしいなあ、まあいっかでああなった重ちーレベル。
アホの子だからダイをテランに置いてった。アホの子動物は困ると自分のよくいく場所に置く。正しい場所どこと人には聞かない。

ところでピラァ落下のあとのポップとおっさんの「ハドラーの胸にも、核晶が」、地味にいつ仕入れた知識なのか謎。

アホの子、ダイをテランに遺棄→救出→ポップ、レオナにだけ看病を任せる→ダイが起きる。思わずルーラ
→月夜の散歩→ポップが先に戻る→ダイ戻る→ミナカトールの説明→ダイ、特訓へ→
ポップ、しるしを光らせるために色々やる→曇る→ダイはノヴァと特訓中→
ポップ、瞑想中にブラックロッドを受け取る→ダイ、実を貰って就寝

ダイとポップが雑談する時間ってけっこう限られているような。テランの湖のほとりで死の大地の爆発について二言三言会話した……?
おっさんが正義側からハドラーの件仕入れるには更に、チウとかバダックとかがダイまたはポップから聞いている必要がある。
投獄中、ミストバーンが言ったのか? 確かにあの子は何か聞かれたとき、めっちゃ喋る。
なんだかんだで質問には答えてくれるあの子はいい子。
死の大地の爆発について聞かれても喋る、めっちゃ喋る。
ハドラー裏切ったみたいな後ろめたさもあるだろうから、埋め込んだバーン様がいかに偉大だったかめっちゃ喋る。
いかにそのバーン様に従った自分が忠臣だったかめっちゃ喋る。



>恩返しをしたいというか、自分も誰かを作品で励ましたいというか、

そう、ですよね。
誰かに何かを与えたい。それは絶対に強くて正しいコトですよね。

……うん。



>「原作 (私の本名)」と、どどーんと出したいという壮大な野望も、ですが。

目指すは「東京レイヴンズ 監督 ロゴ」ですね! 今すぐ画像検索!


読み尽くしたつもりの漫画でも、読み返してみると昔とは別な部分にキュンとくるのです……。
「このキャラに共鳴すんのかよ!」みたいな……。
なので今ハマっている漫画、何年かしたらまた最初から読み返してやってくださいな……。
意外な切り口で意外な救いが、みたいなのが必ず……。

私ですか? 横山光輝先生の描く「馬」ですね。
某所にも書きましたが、馬はですね、走っていない時、必ず画面奥の前足をくの字に上げてる。
横向きのをコピペしてるんじゃないんです。斜め前からのアングルの新規画像でも、画面奥の前足をくの字に上げてる。
なんならドローン空撮風の斜め後ろからロングショットでも、画面奥の前足をくの字に上げてる。
項羽と劉邦を再読してなければ気付けなかった現象。だいたい同じポーズなのが楽しい。癒される。

これぐらいの観察ならどうにかできる私でも見つけられないのが、ザボエラ。
新装採録版の表紙のどこにザボエラがいるのか、いまだにわからないですね。
いますよ絶対。だって六大軍団長ですもの! 初期からいる、軍団長ですもの!


>一巻の途中でギブアップして投げた作品が、世間ではヒットして長期シリーズになったり、

けものフレンズを1話で切っていたのは私の一番大きい後悔です。
なので3話ぐらいまでは見る。放映期間の3分の1見ないとアニメは全体がわからない。
けもフレもトキまで見れていれば……。



>まだまだ元気ですな彼女は。

ラノベの「1巻で散ったけど続巻で爪痕にふれられる」系キャラって、いいですよね。



>ハマりましたのが「灼熱カバディ」。

この目は……! 積み上げてきた者の……!

私の推しは紅葉ですな。モブがエースに好意的で何かと励ますつーチームがツボなんですよ。
特に4番と6番。いい奴ら。ちょういい奴ら。だからOPにも出してやれよと。

能京の推し? 伴に決まってるじゃないですか! 主人公と昔出会っていたはヒロインの条件!
救われたので慕っている。ボソボソ喋り。黒髪。ヒロイン!! 

竹中監督は、やっぱりですね、声がね、剛太だから注目せざるを得ないですよね。
光秀=天海並みのコジツケを妄想せざるを得ないですよね。
教員免許については、養護施設の先輩たる千歳も取っていますしね。

12話でやっと快勝ってアニメはレアですね。しかも合宿と騎馬戦カットしてようやく3ヶ月目で初勝利と。
だからこそ最後の最後にようやく勝てた時の「っしゃあ!!」は半端ないんですが、それを作るのは勇気がいる。
人気だけを考えるなら1話で勝って3話で勝って9話ぐらいで壁に当たって12話で雪辱果たすぐらいが良い筈なのに
灼熱カバディは、しなかった。
「人気を取りたい」ではなく「伝えたい」が大きい作品のように思いますね。
うまくいかない時でも、踏みとどまって頑張り続ければ報われる時は必ず来るよという、そこを、そこだけを伝えたい作品
なのかなと。アバッキオの同僚のいう「近道」をしてないのは、確かですね。

一般的な、誰しもが経験しそうな経歴を引いてそのキャラの苦悩を解説していたら、
いつの間にか自分の経歴を語っていた……そういうコトをよく起こすのがたぶん灼熱カバディ。
等身大。みんなの苦悩は常に等身大。だから報われた時は、本当にうれしい。

尊厳壊される時は本当にやばい。水澄が佐倉どうにもできなかった時の尊厳破壊ぶりは本当にやばい。
最初の練習試合なんて、シグマにぶつけたクロコダインがブロックに呆気なく潰される、みたいなコト平気でやってた。やばい。

あとコレ、弱気な青年が人々の出会いをキッカケに成長してゆく話ですよね、実は。
宵越はイケメンで元サッカー選手で不遜で物怖じしないツッコミキャラだから一見すると気弱感ないですけど、
人との関わりを避けたいとか、生主で人気を取りたいけど顔は出したくないとか、嫌な意見はNGするとか、
内面は本当、弱気。このへん弱虫ペダルと逆。小野田君はオタ属性だけど誰にでも話かけてく。京妖怪にすら普通に話しかける。

宵越が、あんだけ嫌がっていたチェーンを、勝利のためにやるシーンはいい場面。

脚本の柿原優子さんは「ファンタジスタドール」や「はたらく細胞」も手がけられておりまして。
前者はネタゼリフが良く、後者は普通に面白い。なにより白血球がクロコダイン。

そこそこアニメ見ていますが、12話で初勝利なアニメは、無かったですね。
強いていうならSHIROBAKO。アニメ製作ものなんですが、高校時代に部活仲間だった女の子5人が
1人、また1人とアニメーション製作の世界で活躍し始めていくなか、声優の女の子だけが、取り残されていましたね。
2クールものでしたが、12話になっても名前のあるキャラはさせてもらえず、意気込むあまり失敗したり落ち込んだりの繰り返し。
2クール目はね、本当にね、監督にね、「そこでその判断すんのかよお!」とね、泣きましたね。

逆に快勝が多かったけど最終決戦だけは「どっちが勝つんだよコレ!?」だったのが、はるかなレシーブ。
女の子が水着でビーチバレーする題材のせいで、ゆるっとした作品だなあと思っていたら、
最終決戦では超絶ガチのスポーツ漫画。だって3週続きましたもん。きらら系で3週ですよ。ダイならバラン戦ぐらいの尺ですよ。
マジで一進一退。これが返されるんかい通じへんのかいの連発。

最近のラノベ原作にも、楽しいやつはいっぱい、いーーっぱい、ありますので、
もし面白そうと思ったら、迷わず、見ちゃってください。
刺さるものは出身も新旧も関係なく、本当ただ刺さってくるので。

最後に。

灼熱カバディ、灼熱力バディと書いても誰も指摘しない説。
しゃくねつちから バディ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

永遠の扉第127話を投稿。

2021-11-21 15:45:48 | SS
その06まで。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする