★☆ STARBLOG ☆★

*スキ★モノ*

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノスタルジーって懐かしむためだけのものじゃなかったんだ!

2006-08-22 | cinema-log
ディズニーのデジタルアニメ「カーズ」を観てきた。
結論から言えば、これは久々にディズニーのクラッシックとして残る傑作なんじゃないかな、というと大げさでしょうか。

私はとっても気に入りました。
トイ・ストーリーは好きだったけどその後はどうもワンパターンな気がしていた。
(この日も、気弱なライオンの息子が逃げ出して、お父さんライオンと森の仲間たちが都会へ探しにいくという、「全部入り」アニメの予告編をやっていた。)
子供向けだから仕方がないのかもしれないけど、
あまりに親の顔色を見すぎている感じがする。

「カーズ」は既に多くのところで高い評価を受けていて、私が下手に論じるまでもなし。
デジタルの技術に加えてストーリーのすばらしさがあればこそのものだろう。

まだ見ていない人は見ておいたほうが良いですよ。

Comment   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
« IMAXの(部分) 3Dは飛... | TOP | 「シザーハンズ」 マシュー... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | cinema-log

Trackback

「カーズ」 ゆっくり走るのもいいね (はらやんの映画徒然草)
無機物であるところの車たちが、なんとイキイキとしていること! アメリカのCGアニ