郵趣手帖の収集日記

切手収集について、日々感じたことや考えたことを気ままに紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小判と菊の混貼

2009年09月30日 | 郵便史
新小判2銭と菊1/2銭を2枚と1銭を1枚貼った、ドイツ宛の私製はがき便。
消印のデータは「横浜/35-7-25/午2」。別に大した使用例では無いと思うけど、3種類の切手で、しかも小判と菊が貼ってあるので気に入っているカバー。
適正1枚貼りでは少々寂しいけど、こうしたものなら賑やかしくてリーフに貼っても華やかに見えるから、自分の好みとしてはけっこう好きなんです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「英国切手部会報」173号 | トップ | 突然ですが・・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

郵便史」カテゴリの最新記事