郵趣手帖の収集日記

切手収集について、日々感じたことや考えたことを気ままに紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「英国切手部会報」173号

2009年09月29日 | 文献
36ページのズッシリと重たい「英国切手部会報」173号が到着。
ページを捲ると「追悼 横佩道彦氏」の巻頭記事。こういうばあいのお決まりパターンである各氏による追悼文の後に、氏が構成したスタンプショウ2006の展示作品である「ピーターラビットと湖水地方」のリーフを採録。切手関係者の追悼記事には、こうした作品の採録が良いと思います。たぶん故人も喜ばれるのではないかな。
後は、連載のマーチンシリーズ解説やマテリアルの紹介など、いつもの読みやすい部会報です。
コメント   この記事についてブログを書く
« ショールームのはがき | トップ | 小判と菊の混貼 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

文献」カテゴリの最新記事