精子提供ボランティア・精子バンクつばさ@関東

若い提供者を選ぶ意味

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。
興味深い記事を見つけました。

http://healthpress.jp/i/2017/07/post-3110.html
妊活するなら「年下の夫」を選べ!年下の夫を持つ妻の「出生率」は年上の夫よりも30%も高い!

ハバード大学大学院の研究チームによると累積生児出生率(体外受精を1周期以上行った後に生児を出産する確率)は、30歳未満のパートナーを持つ35~40歳の女性のほうが、同い年のパートナーを持つ女性よりも、およそ30%も高いそうです。

その理由として、女性の年齢は決定的な要因だが、高齢の卵子は年下の男性の精子によって幾分か活性化されるため、年下の男性をパートナーにすれば、高齢の卵子の老化や制約がある程度解消されるそうです。

ネット上では30代から40代の精子提供者を多くお見かけしますが、20代の精子提供者はあまりいないのが現状です。その中で自分は20代の提供者としてお役に立てることを探していきたいと思います。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

※「にほんブログ村」バナーはメンテナンスのため、現在、ご利用できません

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「性や妊娠に関わるニュースなと」カテゴリーもっと見る