社会人大学院で学ぶ技術経営

社会人大学院で技術経営を学びながら日々の気づきを書きとめてみます.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マルチステークホルダーの産学連携プロジェクト

2013年06月23日 | 技術経営

マルチステークホルダーの産学連携プロジェクトでは、立場の違いやバックグラウンドの違いにより、パレート最適な結果を導けない場合もある。そのような場合には、交渉学のテクニックが使える可能性がある。マルチステークホルダーに言及した交渉学の本もいろいろあるが、実践!交渉学 いかに合意形成を図るか (ちくま新書)は、ポイントが抑えられていて読みやすかった。



コメント (1)   この記事についてブログを書く
« すべてを捨て新しく始める | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (たろう)
2018-11-04 00:12:48
はじめまして。
現在リハビリテーション領域の修士課程に通っておりますたろうと申します。

技術経営の大学院に通われていたとのことで
質問なのですが、
リハビリテーションなどの医療サービスをサービスサイエンスの視点から捉える必要があるのではないかと考えているのですが、検討する意義についてどのように感じますか?

コメントを投稿

技術経営」カテゴリの最新記事