SSSUUUの囲碁日記

広島県呉市のアマ三大棋戦広島県代表を夢見る碁打ちの日記(戯言)です

2017/4/2 研究会

2017年04月02日 21時15分44秒 | 棋譜
今日は、4月の研究会でした。
8名の参加。

1局目、東広島のM田さん。白番(黒2目コミ出し)で、黒の無理を咎めて、白中押し勝ち。

2局目、広島のM野内君。2子(白3目コミ出し)。押されっぱなしで、勝った気がしませんでしたが、かなりヨセて、白4目勝ち。

3局目、広島のS田さん。白番(黒2目コミ出し)。中盤で、お互いに痛いミスが出ましたが、冷静になって丁寧にヨセて、白7目勝ち。




棋譜は、M野内君との2子局です。

右下の打ち方は、僕らしい打ち方ですが、置き碁の配石だと無理かのう。

黒は、右下から右辺にかけて、しっかり打っています。I城先生が褒めていました。

黒58で困りました。
2子をゲタで取られると、何やってるのかわからんので59に打ちましたが、多分、右辺は潰れコースだったと思います。

右辺は生かせていただきましたが、まだ苦戦は続きます。

黒70で、タケフに守るのは、流石に無理だろう。

白71と、3子を諦めることにしたのですが、黒72と、更に追及がきます。

黒76は、104が良いでしょうね。

黒104、106が、彼の実力から考えると、意外な緩着。

黒104では、104の上にケイマされたら、黒は負けない碁だったでしょう。

上辺のヨセもそうですが、中央にも白地がつき、最後は白が盤面7目の勝ち。

1局を通して、白がほぼ苦戦していたはずですが、ちょっとしたヨセの緩着で、白が勝ってしまってるという感じです。


結果はともかく、小学3年でこれだけの碁を打てるとは。

お世辞ではなく、才能を感じました。



コメント   この記事についてブログを書く
« 半端な知識でハメ手 | トップ | 高血圧へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

棋譜」カテゴリの最新記事