SSSUUUの囲碁日記

広島県呉市のアマ三大棋戦広島県代表を夢見る碁打ちの日記(戯言)です

2017/2/26 研究会

2017年02月27日 14時24分49秒 | 棋譜
昨日は、2月の研究会でした。

8名の参加です。
呉から4人、広島から2人、東広島から1人、江田島から1人。

6連勤だったこともあり、少し疲れ気味でしたが、2子局を2局打ちました。




初戦は、I中さんと2子(白3目コミ出し)で対局。

左下は、確実に生きるなら三々入りなのでしょうが、白1、3を選択。

実戦は、白9まで大成功のワカレでしょう。

2子逆コミが、この程度で逆転にはなりませんが、これらの積み重ねで、置き碁は細かくなるものです。




僕が一番恐れていたのは、3の一子を取るワカレ。

これは、下手すると白はノックアウトかもしれません。

ただ、簡単に三々入りするのも、気が引けてね.....。




前図が一番厳しいのですが、実戦の図でも、黒8で、I城先生から指摘。

黒1と、こちらのほうへツギたいようだ。

なるほどね。

碁は、ポイントを積み重ねた白が、盤面では3目勝ちましたが、逆コミ3目なので、ジゴということになりました。




2局目は、江田島のT島君。2子(黒3目コミ出し)の手合いです。

黒が多少甘かったところこそあったものの、優勢を保っていましたが、黒2が敗着。

白3で、一瞬の逆転劇でした。

先日の、岡山での準決勝の序盤といい、有望な若手をハメようとしているわけじゃないのですが、上手くいってしまい、ごめんなさいという感じです><

局後、このミスをなしで整地まで行ったら、盤面黒4目、つまりコミを入れても黒が1目勝ちだったようです。

勝敗や目数やミスはともかく、この手応えは、幽玄7段には普通になれるでしょう。

まだ小5ですし、将来が楽しみですね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 第61回山陽本因坊戦2日目 | トップ | 実戦不足 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

棋譜」カテゴリの最新記事