SSSUUUの囲碁日記

広島県呉市のアマ三大棋戦広島県代表を夢見る碁打ちの日記(戯言)です


2016/12/4 ペア碁選手権 本戦2回戦

2016年12月07日 12時13分52秒 | 全国大会編
大会は、2日目に入りました。

2日目からは、学生ペア碁や、ハンデ戦も始まります。




初日に、本戦1回戦は終わっていますが、2日目の本戦2回戦前に選手宣誓が行われます。

開催国の日本からは、近畿(京滋)代表ペア。
外国からは、ノルウェー代表ペア。

写真は、選手宣誓の練習中です。
本番ですと、撮れる空気じゃないかもしれませんので。




さあ、本戦2回戦は、同じ日本代表でもある、東海北陸ブロック代表との一戦です。

愛知の、K藤さん、Mさんのペア。

K藤さんも名前は聞いたことあるけど、Mさんは説明するまでもなく全国区。
世界アマで日本代表にもなったことがあります。

前日に対戦カードが決まったわけですが、厳しい組み合わせなのに、テンションが上がりすぎて、あまり眠れませんでした^^




僕達の白番です。

黒3の位置のときに、白6のハサミはあまり打ちたくないのだけど、まあ1局なんですかね。

黒17では、19へ切りたいようです。

白18では、僕の手番だったら、Aに二間に開く。

実戦は、それなりの碁形なのかな?

僕は、結構悲観していたのだけど。

黒27までヒラキが来ると、打ち込みを誘われてる気がするけど、打ち込む以外にピッタリした手がないので、白28と打ち込んだ。

個人的には、配石的にO堂さんの白30の割り込みで、31とノビるのもアリなのかなと思ったのだけど、Mさんには割り込む一手と言われました。




シチョウアタリを巡る攻防です。

黒3には、6からハネたいようです。
仮に、黒5キリになったら、左辺をポン抜くそうだ。

ただ、僕は弱いので、下辺が怖くて打てない。

実戦のように、下辺で得して、左辺を逃げてもらうほうが、形勢はともかく、安心感がある。

ただ、白10が想定外だった。

何もせず、左辺を守ってほしかった><

ただ、黒19が嬉しい誤算。
白26まで、楽をさせてもらえた。

しかし、黒27に石が来ると、やはり白苦しそう。

迷ったけど、白28で頑張る。

黒29で、40ツケとかで間に合わせて、左上に手をつけたらどうかと、局後の検討をしました。

検討では、通訳で来られていた、同じく愛知県のトップアマCさんも加わっていただけました。
K藤さんは、Cさんの教え子みたいです。強いわけだ。

僕は、中央左辺の形で、形勢を物凄く悲観していました。
O堂さんの白34も、そんな感じに見えます。

ただ、Mさんは、白35で黒全然ダメだと思っていたみたい。

とにかく悲観しているので、白36と、どんどん重たくなっていきます(笑)。

地を与えず、更に上辺も40で頑張る。

大きいとはいえ、黒41と受けてくれると思わなかった。

ただ、白42は想定外の守り。

僕の手番なら、一路控える。

黒Aあたりが怖い。

しかし、Mさんの黒43は意外だった。

下辺は、命までは取られないので、白44に守らせていただきました。

形勢を悲観していた僕でも、これなら打てると思った。

細かい勝負になりますが.....

白1目半勝ち!!

白星、いや金星です!

男性同士と女性同士が、シングルスで勝負すれば、こちらが十中八九負けるでしょう。

ダブルスならではの、下剋上ではないでしょうか。

近畿ペアが負けたのが1回戦の波乱だとするならば、僕達が東海ペアに勝ったのが2回戦の波乱でしょう。

実際、東海ペアは強く、3回戦以降は全て勝利して、6位入賞。
僕達は、相手が強いとはいえ、ここから3連敗を喫しました。

あと、僕が縁のないアマ三大棋戦の全国大会だと、広島県勢は愛知県勢に、ここ数年だけで結構負かされてるので、ダブルスとはいえ一矢報いたのは、
広島県民として嬉しいです。


3回戦は、九州沖縄ブロック代表との対戦になりました。

ここからは、ずっと日本代表との戦いになります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016/12/3 ペア碁選手権 前... | トップ | 2016/12/4 ペア碁選手権 本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

全国大会編」カテゴリの最新記事