SSSUUUの囲碁日記

広島県呉市のアマ三大棋戦広島県代表を夢見る碁打ちの日記(戯言)です

2017/1/22 研究会

2017年01月22日 21時03分03秒 | 棋譜
今日は、1月の研究会でした。

途中参加も含めて、久々に9名集まりました。

呉から、sssuuu、I城先生、Wさん。そして、新加入のK下さんとI中さん。
広島から、S田さん、O崎さん、S村君。
江田島から、T島君。




補足:黒31(30の右)、黒65、71、77、83、89(54の右)、白68、74、80、86(92)、黒69(70の右)

初戦は、広島のS田さんとの対戦。
僕の白番で、黒2目コミ出しの手合いです。

S田さんらしい独特の布石に、僕も自分らしく地を取り、アマシの碁で対抗します。

左辺は大きいですが、36とポン抜けば、実利が好きな僕でも、やや白持ちです。

黒33では、30の下をアテなければいけませんでした。

黒53では、50の左をハネられると厳しかった。

黒59に対し、単に右下を守るのも癪なので、白60を打ちました。

しかし、すぐに黒65(54の右)からコウを仕掛けてくるとは思いませんでした。

白94と解消すれば、勝負ありとまでは言いませんが、多分白がやや打ちやすいでしょうか。

黒地が多く見えますが、中央黒に寄り付き、白が盤面4目残りました。
コミを含めて、白6目勝ちです。


棋譜は載せませんが、2戦目は、Wさんと2子白3目出しで打ちました。
力を出されて苦戦しましたが、最後は白中押し勝ちでした。




補足:白5(66の左)、白9(6の下)、黒10(1の下)、黒68(87)、黒74(71の左)、黒122(119の上)

3戦目は、研究会ダントツトップの点数を誇る、I城先生との3子黒2目コミ出しの手合い。

僕は、現在NO2の点数ですが、4子にどんどん近づいていきます(笑)。
僕自身が3子で打ち分けくらいしか勝ててないのもありますが、他の幽玄7段クラスの方々が3子でほとんど勝ててないので、仕方がありません。

昔のトップアマとはいえ、とても80歳の打つ碁とは思えない。

さて、僕の黒4が、早速甘そうな配石になった(笑)。
まあ、無意味とまではいかないから、まだまだ十分に打てるだろう。

黒32が、とてもマズかった。53あたりまで打たないといけなかった。
打った後に、速攻で後悔してるのだから、情けない><

別に、黒20の左へのツケなんて、そんなにビビらなくてもいいのだから。

黒40までは、気合で打った。

勿論、白41は厳しい。

この対局で、最大の失着は、黒54でした。

104付近へ、ハサんで戦う一手でした。

白65へ打たれ、黒は何をやっているのかわかりません。

右辺に黒がハサむか、白が守るかで、碁が全然違います。

先生曰く、白65に打つ展開になったことにより、3子のリードは、ほぼ無くなりました。

先生が後悔したのは、白93だけ。
右辺から打ち、右上黒を上辺に追い出すように打つほうが良かったようだ。

黒98からは、やけくそ気味の勝負手。

黒110は、下辺の二間トビを千切れないのなら、単に112でした。
おかしなことをしていますね(笑)。

こういう、下辺の白を取りにいかないと勝てない碁形を、3子も置いてる人が打ってはいけませんね。

この後も、いろいろやりましたが、最後は黒10目以上の負けでした。完敗です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 講師 | トップ | 再び »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

棋譜」カテゴリの最新記事