信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

秋の北アルプス 還暦オヤジの稜線徘徊 ~1.プロローグ~

2021年09月23日 | 北アルプス(南部)
こんにちは、信です。 9月16日以来の寄稿ですから、丁度一週間ぶりになりました。 季節も進み9月長月は秋分の初候、第四十六候 雷乃収声(かみなり すなわち こえを おさむ)です。 それでも昨日は新穂高・中尾高原の宿で、雷とどしゃ降りの雨の音を聞きました。 その雷雨が嘘のように晴れて、今朝は快晴の笠ヶ岳を拝めました。 さて18日から始まった、私の2021シルバーウィーク。 19日に . . . 本文を読む
コメント (2)

ヒガハスで彼岸花

2021年09月16日 | 季節の花
お早うございます、信です。 早いもので、まだまだ先だと思っていたのが、もう明日からシルバーウィーク突入です。 → 寝ぼけていて間違えました。まだ今日は木曜日です。 胸の高鳴りとともに、いつもの根拠のない不安に襲われます。 でもザックに荷物を詰め込んでいる間に、朧げな不安は解消していきます。 そして確信をもって、山に入って行くのです。 さて昨日もテレワークが終わってから散歩をしました . . . 本文を読む
コメント (4)

あの山の懐へ

2021年09月15日 | 山紀行
お早うございます、信です。 このところ朝晩、めっきり涼しくなり、今朝は肌寒い朝を迎えました。 窓を開けたまま、布団を蹴飛ばして寝ていると、すっかり風邪を引いてしまいそうな冷気を感じます。 さて今日は来週、シルバーウィークに入る山域から。絵は在庫からです。 去年も同じようなところ、いや毎年のように同じようなところを歩いているのですが、恒例の秋山巡りです。 去年のシルバーウィークのアル . . . 本文を読む
コメント

散歩道に彼岸花

2021年09月14日 | 日記
お早うございます、信です。 季節は進み9月長月は白露の次候、第四十四候 鶺鴒鳴(せきれい なく)になりました。 来週のシルバーウィークの計画も、ほぼ固まってきたのですが、台風14号が嫌な動きをしています。 ちょうど18日土曜日に、関東から東へ抜けてくれれば良いのですが・・ 台風一過の快晴が期待出来るかも知れません。 今回は富山・折立が有峰林道の通行止めで使えないので、飛騨・新穂高か、信州 . . . 本文を読む
コメント (2)

初秋 ヒガハスの風景

2021年09月11日 | 日記
お早うございます、信です。 昨日は抜けるほどの青空でしたが、今朝は小雨けぶる肌寒さで明けました。 やや天気予報は悪化して、それでも日曜日は快晴予報となっています。 この週末の撮影地の選択は・・悩ましい朝になりました。 さて今朝は毎日出掛けている、散歩道の風景から。撮影は全てiPhone12です。 9月7日のヒガハスの夕暮れの風景です。 この日は久しぶりに青空が出ました 1 . . . 本文を読む
コメント

散歩道で桂の黄葉

2021年09月10日 | 日記
お早うございます、信です。 季節は9月長月の白露の初候、第四十三候 草露白(くさつゆ しろし)です。 白馬から帰って、殆ど晴れた日がありません。 それでも毎日、雨の日も意地のように傘を挿して、テレワーク後のウォーキングを続けています。 めっきり暗くなるのが早くなり、今は18時を過ぎると、すぐに真っ暗になってしまいます。 私は首からLEDライトをぶら下げて歩いています。街灯が無いところで . . . 本文を読む
コメント (4)

2021晩夏・北アルプス漫遊記 ~11.エピローグ~

2021年09月09日 | 北アルプス(北部)
お早うございます、信です。 今週に入って、ようやくコロナ新規陽性者が減少傾向です。 なぜ減少に転じたのか? どこの誰も明確な回答をしてくれません。 人の流動が激減した訳でもないし、政府が何らかの効果的な策を取った訳でもありません。 お盆休みで首都圏のコロナが全国にバラまかれ、また首都圏に戻って発症。 結局、意識の低い人たちが、皆コロナにかかり自宅待機・入院待ち行列に入った? 防疫意識 . . . 本文を読む
コメント (6)

2021晩夏・北アルプス漫遊記 ~10.天狗原で天使の梯子~

2021年09月08日 | 北アルプス(北部)
お早うございます、信です。 毎日のように自民党の総裁選の行方が取り沙汰されていますが、どうにも虚しさを感じるのは私だけでしょうか。 今朝も肌寒さを感じる、青空が見える爽やかな朝を迎えました。 さて2021晩夏の白馬大池シリーズも、10回目になりました。 いくら天気に恵まれたとは云え、ちょっとやり過ぎでしょうか。 残念ですが下山の朝を迎えます 1 前日とは違い、 . . . 本文を読む
コメント (4)

2021晩夏・北アルプス漫遊記 ~9.小蓮華から白馬大池~

2021年09月07日 | 箱根の山
お早うございます、信です。 季節は進み9月長月は白露の初候、第四十三候 草露白(くさつゆ しろし)になりました。 【白露】 昔の人は、草木に降りた露が白濁したように見えることを、夏から秋への交代期の目印としたそうです。 昼間の残暑はまだまだ厳しい時期ですので、白露という言葉にせめて涼しさを感じとりたいものです。 シルバーウィークに、また恒例の北アルプス徘徊に出掛けようと思っていますが、 . . . 本文を読む
コメント (2)

2021晩夏・北アルプス漫遊記 ~8.白馬山荘ビアホール~

2021年09月06日 | 北アルプス(北部)
お早うございます、信です。 また新しい一週間を迎えますが、青空が望めません。 昨日午後歩いた時に、少しだけ青空が見えましたが、今朝も一面の鉛色の空で明けました。 さてまた雲上の白馬(しろうま)岳、一万尺の稜線から続けます。 白馬岳の稜線を下って、白馬山荘へ 1 お天気に恵まれて、絶景なるかな 2 5年ぶりの白馬山荘。こちらは2、3号館 . . . 本文を読む
コメント (4)

2021晩夏・北アルプス漫遊記 ~7.白馬岳頂上ぐるり~

2021年09月05日 | 北アルプス(北部)
お早うございます、信です。 この週末はジトジトした秋雨が、間断なく降っていて、私にとっては一番嫌なパターンの長雨です。 今朝はようやく雨は上がっていますが、またすぐにでも降り出しそうな雰囲気です。 さて今回の北アルプス紀行も、先週月曜から始めて丁度一週間、7回目になりました。 今回は白馬岳の頂からの眺めです 1 これが「強力伝」富士の小宮山さんが、昭和16年に . . . 本文を読む
コメント (2)

2021晩夏・北アルプス漫遊記 ~6.白馬岳の頂へ~

2021年09月04日 | 北アルプス(北部)
お早うございます、信です。 昨日突然、菅総理が「次の総裁選には出馬しない」という意思表示をしました。 前日まで自民党人事案を、精力的に調整していたかに思われましたが、一晩明けてお山の大将が「悪あがき」をやめたような印象でした。 就任して1年、矢継ぎ早に改革の手を打って、総務省時代からの懸案であった「携帯電話サービスの価格」改定、そしてデジタル庁の創設と、やるべきことを断固として実行した。 . . . 本文を読む
コメント (2)

2021晩夏・北アルプス漫遊記 ~5.小蓮華山から~

2021年09月03日 | 北アルプス(北部)
お早うございます、信です。 めっきり涼しくなって、今朝は肌寒ささえ感じます。 今週初めに、この山行から帰った時に、蒸し暑さで眩暈がしたのが嘘のようです。 でも毎年のように感じていますが、このまま秋に入る訳ではありません。 また暑い日はやってきます。 さて8月29日の白馬・小蓮華山の稜線に戻ります。 後立山の綺羅星のような山々が林立しています 1 振り向けば  . . . 本文を読む
コメント (4)

2021晩夏・北アルプス漫遊記 ~4.快晴の雷鳥坂~

2021年09月02日 | 北アルプス(北部)
お早うございます、信です。 季節は進み9月長月は処暑の末候、禾乃登(こくもの すなわち みのる)になりました。 新学期が始まって、子供たちは元気に学校へ行っていますが、コロナ禍のために多くのことを犠牲にしています。 先日の山小屋でもそうでしたが、折角の食事の時間も「黙食」が基本。 山小屋でも2泊とも相部屋になりましたが、結局、山談議に花を咲かせるということはありませんでした。 何となく . . . 本文を読む
コメント (6)

2021晩夏・北アルプス漫遊記 ~3.白馬大池へ~

2021年09月01日 | 北アルプス(北部)
お早うございます、信です。 暦が進み8月葉月から、9月長月に入りました。昔は夏休みが終わり、新学期が始まる憂鬱この上ない一日でした。 いや待てよ。憂鬱この上ない日は夏休み最後の日で、昨日の8月31日だったか。 新学期が始まった9月1日は、学校で久しぶりに皆と会い、始業式の退屈を堪えれば、あっと云う間の一日だったか。 昨日の夕方、物凄いスコールの後、空気が入れ替わって寒いほどの夜になりま . . . 本文を読む
コメント