信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

雪の県民の森から芦ヶ久保へ

2020年01月29日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 昨日は冷たい雨の一日でした。少し降った雪も午前中には溶けて流されました。 新型ウィルス肺炎が大変なことになっていますが、これではうっかり観光地にも行けません。 早く終息に向かうのを祈るばかりです。 1月19日の埼玉県民の森の東屋です。 幸せの赤い鳥を見に来ました 1 2 首を伸ばして様子を窺う雌 2 食 . . . 本文を読む
コメント (2)

雪の埼玉県民の森 ~大猿子(オオマシコ)~

2020年01月28日 | バードウォッチ
お早うございます、信です。 いよいよ関東に本格的な雪が降るようです。 と今 ベランダに出てみたら雨でした。近くの車の屋根に少しだけ雪が残っている程度です。 果たして通勤は大丈夫でしょうか 1月19日の埼玉県民の森の中央広場です。 しばし雪の芸術を楽しみました 1 2 樅の木に雪が積もっています 3 時折、頭上の雪が落ちます 4 . . . 本文を読む
コメント (2)

雪の埼玉県民の森

2020年01月27日 | バードウォッチ
お早うございます、信です。 昨日は一日曇り空でしたが、近くの公園を歩いていたら、紅梅だけでなく白梅も咲き始めているのに吃驚しました。 今年は桜の開花も早そうです。 1月19日の埼玉県民の森の東屋です。 ヤマガラの後に来たのは 1 ゴジュウカラです 2 頭の上が気になるようでした 3 4 賑やかになってきました . . . 本文を読む
コメント (2)

雪の秩父路を往く ~丸山展望台~

2020年01月26日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 昨日は再び秩父路を歩きました。 そろそろ信州にワープしたいこの頃です。 今朝、NHKで上田電鉄が話題に上がっていました。 長野大学の鉄道同好会、別所線の応援メッセージでした。一度、応援に行かねばと思いました。 さて1月19日の埼玉県民の森 丸山展望台です。 目の前には百名山 両神山。左の白いのは八ヶ岳でしょう 1 こちらは浅間山の方向・ . . . 本文を読む
コメント (2)

雪の秩父路を往く ~六番通り~

2020年01月25日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 季節は進み1月 睦月は大寒の次候、第七十一候 水沢腹堅(さわみず こおり詰める)になりました。 今朝もキーンと冷えた朝ではありません。 1月19日の雪の秩父路です。 芦ヶ久保果樹園から林道を上がり山に入りました。 前が開けてきました 1 先行者のトレースはバッチリです 何の不安もありません 2 寒々とした絵に見えますが . . . 本文を読む
コメント (4)

雪の秩父路を往く ~プロローグ~

2020年01月24日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 今日は温かい朝になりました。 予報では濃霧が発生と云っていましたが、我が家の周りでは殆ど感じません。 昨日、ニコン・サービスセンターから、D810が修理が終わって帰ってきました。 破損したFレンズマウンターが綺麗になって、TAMRON SP 24-70mm f/2.8をキッチリ装着することが出来ました。 前面ゴムカバーや、カード挿入部のカバーが交換され、新品 . . . 本文を読む
コメント (2)

小江戸川越 七福神を巡る(その3)

2020年01月23日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 昨日は寒い朝でしたが、晴れることはありませんでした。 通常なら菜種梅雨は3月末に現れる前線ですが、ここ数日、西日本から関東の南岸まで同じような前線が停滞しています。 大寒に菜種梅雨とは・・ 今年の異常気象を物語る天気図です。 さて1月12日の小江戸川越 七福神巡りウォーキング(その3)完結です。 連雀町 連馨寺を出て蔵の街・菓子屋横丁を通り抜けて新河岸川 . . . 本文を読む
コメント (2)

小江戸川越 七福神を巡る(その2)

2020年01月22日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 今朝はキーンと冷えた朝になりました。良いお天気になりそうです。 1月12日の小江戸川越 七福神巡りウォーキングの続きです。 川越小仙波町の中院から出て、小仙波東照宮をスルーしてきました。 喜多院の中庭に入りました 1 慈眼堂は慈眼大師 天海上人を祀る御堂です 2 正保2年(1645)に徳川家光公の命によりこの御堂が建てられ、厨 . . . 本文を読む
コメント

小江戸川越 七福神を巡る(その1)

2020年01月21日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 暖かい大寒の初日でした。 このまま春になってしまうのかと思うほど、暖かな小春日和の一日でした。 今日から3回に分けて、1月12日に歩いた小江戸川越 七福神巡りです。 うちのクマさんの提案で二つ返事で出掛けました。 駅を出て東口から歩いて5分 第一番、毘沙門天 妙善寺です。外観は近代的でした 1 すぐ左手に水琴窟 2 まず . . . 本文を読む
コメント (2)

見沼自然公園から

2020年01月20日 | バードウォッチ
お早うございます、信です。 季節は進み1月 睦月は大寒に入りました。大寒の初候、第七十候 款冬華(ふきの はなさく)になりました。 昨日は雨上りの快晴でした。 暮れに行けなかった、埼玉県民の森 丸山に登って、その後 大猿子(オオマシコ)を撮ってきました。 また数日後、お送りしたいと思います。 今朝は少し遡って、1月7日の見沼自然公園でのバードウォッチングです 冬枯れの枝に停まってい . . . 本文を読む
コメント (2)

冬の赤城山を往く(その5)下山

2020年01月19日 | 群馬百名山
お早うございます、信です。 昨日は朝の10時頃から雪になり、午後は雨が降ったりやんだりのお天気でした。 今日は一日晴れそうなので、ちょっとだけ遠出をしてみましょう。 1月11日の赤城山です。今日で赤城山シリーズもお終いです。 展望台で風に当たり、寒くなって東側の雲海の前で一服しました。 1 お天気に恵まれた赤城山行でした 2 上州武尊の名残を惜しんで . . . 本文を読む
コメント (2)

冬の赤城山を往く(その4)黒檜山展望台

2020年01月18日 | 群馬百名山
お早うございます、信です。 昨日の予報ではこの週末、いよいよ南関東にも雪がちらつくと云っていました。 私の家の周りでは、まだその気配はありません。 毎日、多くの方にご覧頂き、イイネやら応援を沢山頂いて、本当に感謝、感謝です。 これを励みにして、せっせとネタ拾いに今週末も歩きましょう。 さて1月11日の赤城山登山紀行です。 ようやく黒檜山の稜線に上がりました 1 稜 . . . 本文を読む
コメント (2)

冬の赤城山を往く(その3)稜線へ

2020年01月17日 | 群馬百名山
お早うございます、信です。 昨日 NIKONサービスセンターからメールがあり、1/27に修理完了予定とのこと。 取り敢えず直ることが分かり、ホッと胸を撫でおろしています。 一時はD850買い替えも検討しましたが、現状では財務省の認可が降りる可能性は低く(皆無?)どうしたものかと 落ち込んでいたので、まずは一安心です。 でも修理費用もそれなりにかかり、信州温泉旅行 1回分はパーになりまし . . . 本文を読む
コメント (2)

冬の赤城山を往く(その2)猫岩

2020年01月16日 | 群馬百名山
お早うございます、信です。 季節は進み1月 睦月は小寒の末候、第六十九候 雉始雊(きじ はじめて なく)になりました。 昨日、sora先輩からコメントを頂いて、山用語を覚えました。 山での生理現象で女性は、その姿から「お花摘み」 男は「雉打ち」と云うのだそうです。 お花摘みは映画「岳」でも有名になりましたが、雉打ちは知りませんでした。 朝からなんとも締まらない話でスイマセン。 1 . . . 本文を読む
コメント (2)

冬の赤城山を往く(その1)プロローグ

2020年01月15日 | 群馬百名山
お早うございます、信です。 季節は1月 睦月は小寒の次候、第六十八候 水泉動(しみず あたたかを ふくむ)です。 昨日は朝一で山手線の鶯谷駅で人身事故があり、首都圏の電車交通網が完全にマヒ状態になりました。 私も出社は1時間半遅れとなりました。 事故なのか、自殺なのか いずれにしても残された家族は、大変な損害賠償を背負うことになるでしょう。 やりきれない思いが残る一日でした。 今日か . . . 本文を読む
コメント (4)