信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

足利 学校から織姫神社へ

2020年11月30日 | 街紀行




お早うございます、信です。
今朝は寝坊しました。というか寝床を出る決心がつくまで、やや時間が掛かりました。

昨日も沢山の方々にご訪問頂き、イイネ!やら応援!を頂いて、これを励みにして
今日も記事を綴りたいと思います。遅くなりましたが、よろしくお願いします。

我が家では、いよいよ朝晩はエアコンが廻るようになりました。
これで炬燵が出ると、我が家も本格的に冬季モードに突入ですが、いつそうなるかはうちのクマさんの気分次第です。


さて今日は11月22日に出掛けた、足利の街から
まず駅から近い足利 The 学校へ


1







平成27年に日本遺産に認定され、今は鑁阿寺とともに世界遺産へ申請中とか
まだ暫定一覧表にも載っていないようです


2







The 学校前のレトロな松村写真館
映画でも何度か使われたようです


3


足利学校は、もう何度も行ったのでパスして






お隣の鑁阿寺(ばんなじ)へ


4







モミジが良い色でした


5







境内の地蔵さま


6







ここでも鮮やかなモミジと
艶やかな女性たちの競演です


7







多宝塔です


8








鑁阿寺は大河では今をときめく 足利氏の邸宅でした。
本堂は1197年に足利義兼に建立され、大日如来を祀っています


9









境内の大銀杏です


10








樹齢は650年ほど。うちのクマさんが珍しく案内板を読んでます


11


その立て札です 






鮮やかな多宝塔
足利義兼の創建と伝えられるが、江戸時代の元禄5年(1692年)徳川五代将軍の母、桂昌院尼公の再建したもの。
金剛界大日如来と勢至菩薩をお祀りしている。
(鑁阿寺hpより)


12









九輪も立派なものでした


13









境内は大銀杏の落葉で埋め尽くされていました


14









紫陽花でしょうか。緑の葉っぱが印象的でした


15









本堂でお参りをして


16










足利の街を抜けて


17









織姫神社へ


18









今年は良いお天気が続いたせいか
ややモミジは精彩がありませんでした


19









沢山の人が参拝にきています


20


ここは縁結びの神様。若い人が多いのが特徴です。






      境内を抜けて裏山へ

      
      21










モミジ谷を歩きながら


22









久しぶりの足利の山を楽しみます


23



明日はやや見ごろを過ぎたモミジ山から


 撮影日: 11月22日
 撮影場所:足利市 学校・鑁阿寺・織姫神社


それでは皆様、ご機嫌よう。











コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 達磨寺のダルマ | トップ | 足利 もみじ谷から »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2020-11-30 19:25:47
こんばんは。
鑁阿寺(ばんなじ)の境内の紅葉も良い色に染まってますね。
8.12番の紅葉と多宝塔の風景は見事ですね。
イチョウの黄色い絨毯も見ごたえがありそうです。
16番の逆光気味のイチョウは本当にきれいですね。
紅葉や色付いたイチョウの撮影は、逆光気味の斜光が一番きれいに輝きますね。
今年の紅葉は滋賀県でも例年の見頃の時期には、
すでに落葉といった感じでした。
夏の間の気象条件が影響するのでしょうね。
19番は精彩がないとありましたが、鳥居の赤とともに、
良い色合いに仕上がっていると思います。
鑁阿寺 ()
2020-12-01 09:30:28

takayan師匠>

お早うございます。
2日続けて寝坊です。
どうしたものか、睡眠時間が7時間では足りなくなりました。
今年のモミジは晴れが続いて、長く日光に当たったせいか
先端が丸まって既に枯れ始めていました。
多分、見ごろを過ぎたためでしょう。
関東もそろそろモミジはお終いです。
そろそろ雪山を撮りに行きたい気分ですが
なかなか重い腰が上がりません。
これはコロナの故だけではないようです。
そろそろバードウォッチモードに切り替えでしょうか
錫杖さんのゴルフの結果が気になります。
コメント有難うございます。

コメントを投稿