信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

みちのく紅葉山 3.栗駒山山頂

2019年10月06日 | みちのく名山



お早うございます、信です。
昨日は真夏のような厳しい残暑の一日でしたが、今朝はすっかり空気が入れ替わり、ひんやりした朝になりました。
これからしばらく過ごしやすい日が続くようです。


さて10月1日のみちのくの紅葉山 栗駒山です
山頂直下から登ってきた道を振り返ります


1






美しい山の秋です


2






西の虚空蔵山、上に東邦航空のヘリがいます


3






いよいよあの山頂へ上がります


4






標高を少し上げると


5






また見える景色が変わってきます
南側は霞んでいます


6






東栗駒山 これも美しい 草紅葉


7







8







9






ヘリが戻って行きます


10






美しい草紅葉 何度もカメラを向けてしまいます


11





こちらが東栗駒コースです
帰りはこっちにしようと決めました


12







13







足元に秋の花 りんどう


14






北側の裏掛コースです


15






笊森コースを経て須川温泉に至るコースです(岩手県側です)


16






向こう側の山も真っ赤です
方向的には岩手の二百名山 焼石岳のように思えますが・・


17






何せ不案内なため良く分かりません


18






この階段を上がれば山頂です


19






美しい山河


20





この真ん中を歩いてきました


21






美しい山景です


22






AM11:30 駒形根神社 嶽宮です
麓の栗原市に本宮があるようです。


23





こちらが山頂標か
写真で見るのとは違うような・・


24







反対側でした


25






北側の展望 足の疲れなど吹っ飛びます


26





一歩、北に踏み出せば岩手県です


27






左手は・・ やはり日本海のようです
雲棚引く鳥海山(教えて頂きました)


28





ここでNikkor 28-300mmにチェンジ
焼石岳(と思われる)をズーム


29







こちらは天狗平か


30






ちょっと西側へ寄り道


31






眼下に赤い屋根の須川温泉と、左手に須川湖
真ん中はイワガミ湿原のようです


32






北側の斜面はハイマツが多い


33




宮城・岩手・秋田の3県に跨って聳える栗駒山


34




因みに栗駒山は宮城側から見た名前で、岩手県では須川岳、秋田県では大日岳と呼ぶのだそうです


35



今日も長くなりました。明日は下山の東栗駒コースからです


 撮影日: 10月1日
 撮影場所:宮城県栗原市 栗駒山


それでは皆様、ご機嫌よう。





コメント (2)   この記事についてブログを書く
« みちのく紅葉山 2.神の絨毯 | トップ | みちのく紅葉山 4.東栗駒コ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2019-10-06 07:15:49
おはようございます。
標高が高くなるほど紅葉が色濃くなっていくようですね。
ほんんとうに見事な紅葉風景で、10月に入っても暑い日が続く
こちらでは考えられない秋の風景です。
山肌を覆う紅葉と、ハイマツの緑のコントラストが素晴らしいですね。
5.6番の色合いは見入ってしまいます。
19番の階段を見ただけで、しんどくなってきますが(笑)
平地の秋はまだまだ先ですが、このシリーズを拝見しながら、
今年はどんな紅葉風景に出会えるのか?楽しみになります。
今朝も栗駒山の紅葉風景を、堪能させてもらいました。
コントラスト ()
2019-10-06 07:39:06
takayan師匠>

お早うございます。
昨日は南風が強く暑い一日でしたね。
こちらでも30℃を超えました。
今朝は日が陰って、涼しい朝を迎えています。
関東の南の海上に小さな低気圧があるようです。

このみちのく紅葉山シリーズ、長くなりそうです。
これから東栗駒コースに入りますが、これがまた素晴らしい景色ばかりでした。
天気に恵まれ、この山の魅力を十二分に堪能することが出来ました。
この週末は大混雑で大変なことになっていると思います。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

みちのく名山」カテゴリの最新記事