信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

冬の赤城山を往く(その1)プロローグ

2020年01月15日 | 群馬百名山




お早うございます、信です。
季節は1月 睦月は小寒の次候、第六十八候 水泉動(しみず あたたかを ふくむ)です。

昨日は朝一で山手線の鶯谷駅で人身事故があり、首都圏の電車交通網が完全にマヒ状態になりました。
私も出社は1時間半遅れとなりました。
事故なのか、自殺なのか いずれにしても残された家族は、大変な損害賠償を背負うことになるでしょう。
やりきれない思いが残る一日でした。


今日から三連休の初日、11日に行った上州赤城山紀行を綴ります。
AM 7:00の新幹線で移動し、前橋からバスで大沼まで上がります。

ところがバスの中でアクシデントが発生し、大沼まであと5.4kmのところの一杯清水BSで降りました。
朝起きてから、いつものように珈琲を二杯飲み、さらに新幹線でサンドイッチと缶コーヒーを飲んでしまいました。

この日のバスは気を利かしてヒーターを切っていて、標高を上げるごとに室温が落ちて生理現象に拍車がかかり
いよいよ限界に達してしまいました。


1








標高1,400m地点 大沼までまだ4kmあります


2








いずれにしても歩くしかありません


3








この日の予報は快晴だったのですが・・


4








一向に晴れる気配がありません。温度計は-3℃でした


5








見晴展望台の観光案内所です
さすがに冬場は営業していません


6








地蔵岳が見えてきました が、ガスで巻かれています


7








大沼に降りていく手前で、乗ってきたバスが折り返して来ました


8








寂しい車道をトボトボと歩きます


9







地蔵岳登山口です
晴れの予報を信じて、岳人が登っていきます


10





AM11:00 ようやく大沼湖畔に着きました
赤城神社聖地とありますが、元々はここに元宮の社屋があったようです
現在の赤城神社は昭和45年に、大沼の真ん中へ移転したようです。


11







赤城大明神の鳥居です


12







モタモタしているうちに晴れてきました。
綺麗な黒檜山(くろびさん)が見えてきました


13







駒ヶ岳もくっきりです


14







大沼です


15








湖上にいるのは、わかさぎ釣りの一行か


16







暖冬ですが 薄氷でも釣りはするようです


17







赤城神社です
赤い御神橋はまだ補強工事中です


18







AM11:20 1時間遅れでようやく登山口です


19






さて2年ぶりの雪の赤城山
どんな景色を見せてくれるか イザ登ります


20




明日は猫岩から尾根の絶景です


 撮影日: 1月11日
 撮影場所:上州赤城山 大沼湖畔


それでは皆様、ご機嫌よう。





コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 2020/01 冬の華 | トップ | 冬の赤城山を往く(その2)猫岩 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
◇モーニング珈琲◇ (Sora)
2020-01-15 10:28:53
あらら・・たいへんなことが続きますね。

私も、珈琲は好きですが、山に登る朝は絶対飲みません(笑)利尿効果が抜群で、雉打ちの連続になりますから。

ま、それでも大沼湖では、綺麗にキリリと晴れて良かったじゃないいですか。
雉打ち ()
2020-01-15 11:03:55
sora先輩>

お早うございます。
さすが山用語、良くご存知で
流石にジイさんではお花摘みとは云えません(笑)
バスに乗る前に高崎駅でも、前橋駅でも🚾には寄ったのですが
このところ富に近くなりました。
締まりの無い話で恐縮です。
1時間遅れたせいで、尾根道の絶景は良いところを逃してしまいました。
あの隣の山のモコモコな霧氷をお届けしたかったですが••残念です。

この日は朝から晴れの予報でしたが、お昼近くになって
山の上も晴れてきました。
お天気に恵まれた山行だったと思います。

ところでsora先輩、今シーズンはスキー場は厳しいですね
雪が少な過ぎます。
春の田植えの水が間に合うのか心配になってしまいます。
コメント有難うございます。

途中下車 (ゲンゴロウ)
2020-01-15 17:50:45
途中下車して凍る道路を先へ突き進む信さんの姿が浮かんできます。
私も寒い日は、放水後10分でモジモジとタンクが信号を出すことがあります。
たしかに珈琲は効きますから登るときは控えるようにしています。
1時間遅れの赤城山紀行を楽しみに拝見いたします。
赤信号 ()
2020-01-15 21:58:45
ゲンゴロウさん>

こんばんは。
赤城神社参拝客も多く、意外と沢山の車が行き来して賑やかな道路です。
凍てつく道を前へ前へと・・そんなカッコ良いものではありません。
チェーンスパイクをして腹立たしさに道端の雪を思い切り蹴って「イタタタ」
見てる人は変なジジイだと思ったことでしょう。
暖冬の赤城山、1時間のロスは自然の芸術をすっかり溶かしてしまいました。
相変わらずの遅々とした山行日記です。
笑って見て頂ければ幸いです。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

群馬百名山」カテゴリの最新記事