信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

戸隠山展望台

2018年11月04日 | 紅葉狩り


お早うございます、信です。
季節は11月 霜月は霜降の末候、第五十四候 楓蔦黄(もみじ つた きばむ)です。
文字通り晩秋の候に入ってきました。
関東でも標高800~1,000mでは紅葉が本番のようです。

昨日、碓氷峠に行ってみましたが、こちらも良い色合いになっていました。
唱歌となった「もみじ」の舞台です。


さて10月28日の奥裾花自然園ハイキングを綴っています。
もう6回目になりました。


1





余り絵に入ってきませんが、時々人とスライドします
こちらは若いご夫婦のようでした。


2






曲がり角が続きます


3








4









5






大きくカーブを曲がり切ると、展望が開けました
左手奥の雲に陰った峰は堂津岳(1,926m)か


6






合ノ峰(1,740m)です
こうして見てみると、結構標高の高いところを歩いていることが分かります


7






熊鈴はちゃんと持ちましょう


8






左手の山の斜面です


9






ここはまだバスが通るので、道幅は広いです


10









11










12







戸隠山 八方睨が見えました


13






この辺りからブナが目立つようになります


14






この薄ヶ原を巻くように歩きます


15






曲がり角に大楓、ではなくブナです


16






斜面にもブナが多くなります


17









18







あの曲がり角のブナの根元です
非常に分かり易い絵です


19







ここからの戸隠山最高峰 西岳は見事でした


20






超広角に替えますが


21







ブナが入り切りません


22






少し離れて
こんな感じでした。


23







ありゃりゃ今日もこれで終わりです


24



明日こそ必ず奥裾花自然園に入ります

美しいブナ林が待っています


 撮影日: 10月28日
 撮影場所:長野市鬼無里 奥裾花自然園


それでは皆様、ご機嫌よう。



『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 奥裾花自然園から | トップ | 上田塩田平 前山寺 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2018-11-04 06:51:25
おはようございます。
今朝も鬼無里の素晴らしい秋の風景に見入っています。
トップはベンチが有ることで、良い雰囲気になっていると思います。
17番は大きくプリントしてみたい作品です。
今日のお気に入りは、2.6.11.13.15.16.22.24番です。
ススキもきれいですね。
秋の鬼無里 ()
2018-11-04 09:17:25
takayan師匠>

お早うございます。
トップは園内の1コマでした。
ブナ林が綺麗な園内でしたが、何しろソロでは心細くて熊さんにヒヤヒヤしながら歩いてました。
この薄ヶ原は大きなカーブの真ん中にあり、非常にアングルがとりやすい場所でした。

ちょっと奥裾花園地に飽きてきたので、少し間を入れて上田の古刹を一話挟みたいと思います。
今日も沢山のお気に入り、有難うございます。
そう云えばはりさんが錫杖ヶ岳がに登られたようですね。
あれから一年、あっと云う間のような気がしますが
今年は石川の実家へ帰るので、伊勢路は来年になりそうです。
またあの琵琶湖から比良の冠雪した山々を見てみたい季節になりました。
コメント有難うございます。

Unknown (はりさん)
2018-11-04 10:24:49
おはようございます。
久しぶりの山歩きで筋肉痛の朝を迎えています。
0番は碓氷峠でしょうか。
なんとも素敵というか詩的な風景に見とれてしまいました。
やっぱり「熊注意!」ありましたね。
私はビビリなので、この先は行けません(笑)
それでも、美しい紅葉見たさに行ってしまうでしょうね。
戸隠山は眺めるだけでも素晴らしい山ですが
そこにブナなどの紅葉が重なって
今日は素晴らしい絵ばかりです。
クマ注意 ()
2018-11-05 04:44:25
はりさん>

お早うございます。
私には「クマさんにご注意」とも見えました。
案の定、帰ってみたらうちのクマさん、オカンムリでした(笑)
TOPの絵は、自然園のひょうたん池を廻って出た場所です。
今池湿原の前です。ブナが美しい場所でした。
私もこの時は一人だったので、心細くてこれ以上進む気にはなれませんでした。
一旦、上田の古刹のご紹介を挟みます。
多分はりさんもご存じのお寺だと思います。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

紅葉狩り」カテゴリの最新記事