信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

夏の信州 入笠山を下る

2021年07月23日 | 南アルプス





こんにちは、信です。
季節は進み七月文月は大暑の初候、第三十四候 桐始結花(きり はじめて はなを むすぶ)になりました。

この連休はアクションが遅く、信州の各駅レンタカーの予約がとれず、家でゴロゴロしています。
レンタカーに空きが無く、ニュースで高速道路の渋滞を聞くと、出掛ける元気も萎えて

さらに東京・首都圏3県のうなぎ昇りの感染者数を見ると、ワクリン1回だけの保証では、何とも心もと無し。
というわけでうちのクマさんにブツブツ言われながら、家でゴロゴロしています。


新しいネタも無いので入笠山でもう1話。
入笠湿原まで戻ってきました。

花でしょうか、望遠で狙うカメラマン


1













2









青空が広がりました


3













4













5









帰りはここを登りましょう


6









左右のアヤメを見ながら


7












8









灼熱の太陽の下


9












10









階段を登って行きます


11









あともう少し


12










ここまで上がると、時折涼風が吹きました


13









鹿防護柵を出て


14










森を抜けていきます


15









すぐに鉄塔群


16










鉄塔の脇を抜けるとゴンドラ駅でした


17










下りも八ヶ岳は雲の中


18









ゴンドラ下をマウンテンバイクが


19









どんどん抜いていきます


20









なかなかの迫力で飽きません


21









樹林帯を抜けて


22









八ヶ岳の右、奥秩父も雲の中


23









南は雲が取れてきました


24









八ヶ岳も少し見えてきたかな


25



以上、7月10日、11日の信州紀行でした。


 撮影日: 7月11日
 撮影場所:信州富士見町 入笠山


それでは皆様、ご機嫌よう。








コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 夏の信州 入笠山お花畑 | トップ | 夏の森林公園から »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿