信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

夏の信州 入笠山山頂

2021年07月21日 | 南アルプス





お早うございます、信です。
東京・首都圏の新規感染者数の増加がなお一層、顕著になってきました。

年末年始の第三波を超すような勢いです。2,000人どころか、すぐに3,000人に達しそうな勢いです。
既に国民は「緊急事態宣言」そのものを舐め切っていて、仕事に、遊びに、あたかももう「新しい生活スタイル」を克服したように活動しています。

ところがウィルスも進化し「新しい生活スタイル」に対応して強化され、少しでも人が接すれば感染し、増殖するタイプに変化しました。
怖いのはオリンピックで、あらゆる進化を遂げたウィルスが、集結し、変化し、さらに強化された新種の株が発生しはすまいか、それだけが心配です。

なんだか毎日、同じようなことを書いていますが、これが紀行文の書き出しなのだから私も罪が重いです。

テレワーク後の散歩で見る花がどんどん変わってきて、四季をよく感じられます。
今はオシロイバナと、オニユリでしょうか、大好きなクレモナも花季は過ぎたようです。


さてまた入笠山に戻ります。
お花畑を登っていきます


1












2









こちらは東側、八ヶ岳はまだ雲の中です


3










お花畑を出て樹林帯に入ります


4









ダケカンバも多く植生していました


5









右手は牧場のようでした


6











7








程なく分岐路


8









直登する岩場コースと、迂回する道。迷わず岩場コースを行きます


9









すぐに樹林帯を出て


10









間もなく山頂です


11










東の八ヶ岳方面


12










こちらは南アルプス方面か


13









遠望は無く残念でした


14








それでもお約束のタッチ


15









マナスル山荘あたりか


16









これは秋にリベンジが必要でしょう


17









上は青空が抜けているのですが


18









残念ですがリベンジを期して降ります


19









またコメツガの樹林帯


20









帰りは迂回路を通りました


21










またお花畑


22









鹿の食害防護柵内に入ります


23









アヤメ


24









シモツケソウかな


25


花季は終わっているようなので、あえてハイキーに。






     またヤナギラン

     
     26











27








     ミヤマオダマキです

     
     28








ニガナ


29



お花畑でタムキューで遊びました。

明日も入笠山のお花畑です。


 撮影日: 7月11日
 撮影場所:信州富士見町 入笠山


それでは皆様、ご機嫌よう。







コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 夏の信州 カゴメの森からお花畑 | トップ | 夏の信州 入笠山お花畑 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿