信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

奥裾花渓谷を後にして

2018年11月08日 | 紅葉狩り


お早うございます、信です。
今回で信州鬼無里の紅葉、奥裾花自然園シリーズを終わりにします。



木曽殿アブキから裾花渓谷を南下します


1





午後の日差しでまた印象が変わって見えました


2









3










4









5










6







朝よりは明るい感じがします


7









8









9










10









11






あれは高妻山か
行きは左岸、帰りは右岸を通ります


12






トンネルを抜けたところでストップ


13






この景色が目に飛び込んできました
それでも間に合わず、後続車がいないのでバックして停車


14







本当に懐の深い


15






美しい渓谷です


16









17









18










19







奥裾花ダムに戻りました


20







この後は鬼無里の町に戻って、新そばに舌鼓


21



そして小川村へと駆け上がりますが

その話はまた次の機会に


 撮影日: 10月28日
 撮影場所:長野市鬼無里 奥裾花渓谷


明日は相州南足柄の松田山から

それでは皆様、ご機嫌よう。



『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 再び渓谷へ | トップ | 相州 松田山を往く »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イワン)
2018-11-08 23:44:43
素晴らしい秋の渓谷ですね。
できれば、駐車場に車を置いて徒歩で半日は撮り歩きたい景色です。

快晴の強すぎる順光で、紅葉を撮るのは難しいです。
少しアンダーで撮って、現像するときにガンマー調整で暗部と明部のバランスを取るのが良いと思います。
8番はガンマー調整で雲の表情を出すと、良い構図で好きな1枚です。

アップされているものを遡ってみているので、コメントも出来なくて申し訳ないです。

錫杖さんの北海道巡りのお写真は、感動ものでしたね。物凄いパワーでした。
Unknown (takayan)
2018-11-09 19:05:34
こんばんは。
今回の奥裾花自然園シリーズ、信州鬼無里の紅葉を堪能させていただきました。
幅の狭い道路は走りにくいでしょうが、
渓谷美と山肌の紅葉が一体化し、
見事な景色が広がる風景に、毎朝感動しました。
この最終回も見ごたえがあります。
1,8,10,13,16,17,19番がお気に入りです。
特に1番と16番が好きです。
また週末ですね。
今週は何処へお出かけでしょうか?
この土・日は全国的に良い天気のようですね。

秋の渓谷 ()
2018-11-10 07:18:34
イワンさん>

お早うございます。
本当は自然園駐車場に停めて、中西山に登って俯瞰した全景を収めたいところですが
熊が怖くて登る気がしませんでした。
錫杖さんはこの中西山の南北、東山、堂津岳を歩かれたようです。
北アルプスの展望台になったことでしょう。
ガンマ調整はtakayan師匠に教えられて、何度かチャレンジしていますが
なかなかうまくいきません。
元々性格ががさつなので、すぐに妥協します。
撮った1,000枚数から255枚載せました。
沢山ありますので適当に流してください。
コメント有難うございます。

奥裾花渓谷 ()
2018-11-10 07:35:27
takayan師匠>

お早うございます。
奥裾花ダムから約10kmに及ぶ、懐の深い自然園でした。
もうモミジは散ったと思いますが、落葉松が良い表情になっている頃でしょう
10回のシリーズで、ずいぶん枚数も載せました。
やはり毎回15枚程度で抑えて
ストーリーを作っていくのは至難の技ですね。
錫杖さんの構成力がいかに高いか
プロデュースする力のその高さ、クオリティを改めて感じます。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

紅葉狩り」カテゴリの最新記事