信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

冬の上高地 ~田代池~

2019年01月10日 | 信州紀行


お早うございます、信です。
季節は小寒の初候、第六十七候 芹乃栄(せり すなわち さかう)です。

トップは田代橋からの、梓川の畔のケショウヤナギです。
この時期のここしか見られません。

見たかったのはこの木と、青白き穂高の美しい景色でした。

少し戻って梓川の畔に出ると


1







穂高岳が目の前に広がります


2







あの稜線の森を歩いてみたい


3







田代池です


4








同年代のオヤジたちが、カメラと三脚を並べて朝飯を食べていました
お目当ては鳥ではなく、穂高のようでした。


5








日が差せばここも絶景ですが


6








まだ霞沢岳の上に上がってきません


7










8








青白き名峰


9








易々とは人を寄せつけません


10







ここでしばらくバードウォッチ


11








鉄分が強い水の流れ


12








河童橋まではあと 2km


13







再び梓川の岸辺へ


14








右岸を北上します


15








小動物の足あと 野うさぎでしょうか


16








寒いー


17









18








パーティがやって来ました
先を急ぎましょう


19







田代橋の手前の橋から


20











21








田代橋で除雪車とスライド
お陰で安全に歩けます。感謝


22



明日はケショウヤナギとダケカンバです。

終点の河童橋が近づいてきます。


 撮影日: 1月6日
 撮影場所:松本市安曇 上高地


それでは皆様、ご機嫌よう。


『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 冬の上高地 ~大正池~ | トップ | 冬の上高地 ~化粧柳~ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2019-01-10 09:26:25
おはようございます。
田代湿原あたりから仰ぎ見る
穂高連峰は迫力がありますね。
しかし、なんとも寒そうです。
画面から冷気まで感じられます。
秋に同じコースを歩きましたが
全く景色がちがって見えます。
モノクロの世界の中で
ケショウヤナギがいいアクセントですね。
除雪車が走っているのにはびっくりです。
化粧柳 ()
2019-01-10 17:18:57
はりさん>

今晩は。
はりさんは、ここを10月22日に歩かれたのでしたね。
素晴らしいお天気でした。
ほぼ同じコースを辿ったのだと思います。
違うのはお天気と寒さです。
こんなにお日様が上がるのが遅いのかと驚きました。
やはり3月ごろ、歩くのが良いようです。
そんな中でもケショウヤナギは美しく迎えてくれました。
仰る通りモノクロ世界での、唯一のカラーです。
除雪車は釜トンネルの中に3台、待機していました。
彼らも私の後から歩いて中に入ったようです。
こうやって中に入る山やや、設備点検のために入る人たちを守ってくれています。
有難いことです。
コメント有難うございます。

Unknown (takayan)
2019-01-10 23:14:15
こんばんは。
雪の上高地には行けないですが、takayanが行った
夏や秋とは全く違った風景に見とれています。
はりさんと同じように、除雪車には驚きでした。
雪の上高地、素晴らしい景色を堪能しています。
それにしても寒そうです。
除雪車 ()
2019-01-11 04:24:44
takayan師匠>

お早うございます。
今の時期は、お日様が上がるのが遅くていけません。
やはり3月ごろAM 8:00前にお日様が霞沢岳から上がって、梓川沿いの落葉松を照らして
くれるのが一番良いようです。
もっとも落葉松も落葉してしまっていますが
この日、除雪車は2台、稼働していました。
専ら左岸の方を除雪整備されていました。
寒さで云えば、あの千畳敷よりは暖かかったのではないかと思います。
寒そうな絵ですが、もうしばらく続けます。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

信州紀行」カテゴリの最新記事