信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

霧の八方池

2019年10月31日 | 信州紀行



お早うございます、信です。
昨日、今日と秋の行楽の小春日和のようです。

ブログ友が皆さん、出掛けられました。
なんだか一人、置いていかれたようで 寂しい限りです。
そう思っていたら、はりさんが帰ってきました。これでまた朝の珈琲が美味しく頂けます。


10月21日の八方尾根を綴っています。
黒菱平からグラートクワッド・リフトに乗り換えます。


1





八方池山荘の裏手・・ 残念
ついさっきまで見えていたのに


2






本当はこんな山景が広がるはず でしたが・・


3 (2018/6/3より NIKON D7200/NIKKOR 18-140)







気を取り直して 登ります


4






ガスの下の唐松沢


5





反対側も


6






木道になって間もなく第一ケルン


7






AM10:00 第一ケルンです
しばし上へ上がるか迷います


8






傍らの草原


9






イワショウブがドライフラワーになってます


10






息(やすむ)ケルン 奥は八方ケルン


11






ほどなく八方池への階段


12






霧の摩周湖、ならぬ八方池です


13






それでも結構、人はいました


14






皆さん私と同じように、晴れの予報をあてにして来たのでしょう


15









16







霧の八方池でした


17






これで終わっては申し訳ないので


18 (2013/7/21より Olympus E-410)






季節は違いますが


19 (2013/7/21より Olympus E-410)






私の数少ない在庫から


20 (2013/7/21より Olympus E-410)






何度となく登っていますが
八方池との相性は良くありません


21






それでも更に上を目指す人は多い


22






彼らの安全を


23






お地蔵様に祈ります


24






可愛いアルピニスト


25






下りは木道で


26






名残のハクサンダイゲキ


27






僅かに残るヤマハハコ


28






AM11:30 降りてきました


29









30





うさぎ平まで降りました


31





この辺の紅葉が、八方ではピークのようです


32






白馬の街が見えてきました


33



この日は珍しく美麻の日帰り温泉に入って帰りました。

体が温まり、いつまでもポカポカとする家路でした。


 撮影日: 10月21日
 撮影場所:白馬 八方尾根


それでは皆様、ご機嫌よう。

明日は日光から 平成の大修理を終えた東照宮です。





コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 晩秋の八方尾根 | トップ | 色づき始めの日光山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2019-10-31 10:11:12
おはようございます。
白馬三山の見えない八方池はちょっと寂しいですが
心の目には白馬の山並みが見えましたよ(笑)
21日の頃は兎平あたりがピークだったようですね。
28日は白馬大橋のあたりまで下りてきていました。
しかし、山の天気は上手く行かないものですね。
八方尾根も間も無くスキーシーズンに入りますが
天気の良い日にリーゼンスラロームコースを
滑りたいものです。
心の目 ()
2019-11-02 16:34:56
はりさん>

こんにちは。
はりさんの心の眼で白馬三山が映りましたか
有難うございます。
一週間で標高700mを駆け降りたのですね。
この時期の山は1日で世界が変わりますね。
前の晩まで予報では大快晴だったのです。
分からないものです。

早いもので間もなくスノーシーズンに入りますね。
スキーももう一度やってみたいような気もしますが
もう少しスノーシューで遊んでからにします。
コメント有難うございます。
リコメが遅くなって御免なさい。

コメントを投稿

信州紀行」カテゴリの最新記事