信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

晩夏の北アルプス・了 遠見尾根

2019年09月20日 | 北アルプス(北部)



お早うございます、信です。
十編、長きにわたってお送りした「晩夏の北アルプス・五竜岳」も今日で終了です。
始めた時は暑い朝もありましたが、すっかり季節は中秋になってしまいました。

昨日、北海道大雪山系 旭岳や黒岳は初雪が降っていました。
北海道の山々は既に初冬に入っています。


9月7日の五竜岳です。今日でお終いです
AM11:05 遠見尾根に入ります


1





五竜岳 何と美しい山でしょう
惚れ惚れする山です


2





五竜山荘おさらば
美味しいビールを有難う


3




八方尾根に雲が湧いたか


4





でも火打・妙高・高妻はくっきり


5





いかつい金剛力士像もここまで


6






長い長い遠見尾根にドロップです


7





白岳山頂です
5年前はあの山頂を歩いたような記憶がありますが


8





今回は素通り 右手に鹿島槍


9




五竜さん また来るよ


10





アキノキリンソウ


11





ポツポツ雲は涌くけど
晩夏の強い日差しがキツイ


12





ここからはこんな感じ
まだ武田菱は見えません


13





鹿島槍のネコ耳


14





あの痩せた尾根道に降りていきます


15





その尾根道あたり
長い遠見尾根を登ってやっとここまで来て 壁のような白岳


16





健脚な者だけが行ける登山道です
ようやく武田菱が見えてきた


17





オトギリソウ


18




アキノキリンソウ


19





登山道は秋の装いへと変わっています


20





白岳沢から白馬の街


21





この根元が曲がったダケカンバ・ベンチで一休み
ビールが効いて ついウトウトしてました


22





日陰になっていて雪渓から涼しい風が運ばれます


23





PM12:35 西遠見


24





お花畑の池があります


25





皆さん ここで大休憩されて


26





あの白岳の急登へ向かわれます
まるで城塞のようだ


27





そして右手に鹿島槍北峰のカクネ里


28





2018年氷河であることが確認されました
以外にも長野県では唯一の氷河です


29






雲が絡んだ鹿島槍の山頂


30





PM13:00 ようやく大遠見
5年前はここでどしゃ降りに遭いました


31





暑くて意識朦朧ながらもオオカメノキ


32





ゴゼンタチバナの赤い実


33





赤い実を見つけては撮ってました


34





カクネ里 真正面


35





五竜の相貌


36





右手には唐松岳 中間の尖がりは大黒岳か


37





PM13:45 中遠見のケルンです


38





ここからはカクネ里正面です


39





二ノ背髪 小遠見山山頂は過ぎたようです


40





PM14:50 ようやく地蔵の頭に出ました


41



ここからゴンドラ駅までの500mが長かった・・


ゴンドラで降りて、とおみエスカルプラザの竜神の湯にザブンと入ってさっぱり

この湯は白馬姫川温泉のさらさらとしたお湯です


長くなりましたが「晩夏の北アルプス」終了です。最後までご覧頂き、ありがとうございました。
明日は少し遡って、とおみALPS花三昧を少しご紹介します


 撮影日: 9月7日
 撮影場所:遠見尾根


それでは皆様、ご機嫌よう。




コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 晩夏の北アルプス 五竜展望台 | トップ | 五竜とおみ ALPS360のお花畑 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2019-09-20 06:27:48
おはようございます。
青空の下、晩夏の北アルプス踏破お疲れ様でした。
カクネ里の雪渓が、氷河だと確認されたニュースはテレビで見たように思います。
1年に数メートル動いているのですね。
温暖化により氷河の規模が小さくなってくるのでは?と少し心配になりますね。
山の植物たちはすっかり秋の装いですね。
ゴゼンタチバナの赤い実がとても綺麗です。
昨年の4月に白馬村から見た武田菱を、思い出しながら見せてもらいました。
2番の緑に包まれた五竜岳と五竜山荘の赤い屋根が印象的です。
晩夏の北アルプスシリーズは、takayanなら大きくプリントしてみたい写真が多くあり、毎回楽しく拝見しました。
次回の「とおみALPS花三昧」も楽しみにしています。
今朝はこちらでも肌寒いくらいになりました。
いよいよ秋本番ですね。









アルプス紀行 ()
2019-09-20 06:35:52
takayan師匠>

お早うございます。
このシリーズを始めた時は、まだ暑い朝もありましたが
もうすっかり肌寒く感じるくらいの秋の朝になりました。
カクネ里は春先に一度、見てみたいですね。
あの長い遠見尾根を歩くのは、しばらく経たないと行く気がしませんが(笑)

北海道大雪の初雪の便りの中、錫杖さんは北の大地に旅立たれたようですね
日高の山には人を襲う羆が確認されていますから、ぜひ十分に注意して頂きたいです。
美山の秋の風景、楽しませて頂いてます。
私も明日は中休みで
また再びのアルプス劇場を始めます。
ただし行きそこないのアルプスですが・・
コメント有難うございます。

Unknown (はりさん)
2019-09-20 11:08:53
おはようございます。
遠見尾根の長い長い下りお疲れ様でした。
その昔、この尾根を登ったのですが
すっかり記憶がありません(笑)
手前から見上げる五竜岳も迫力がありますね。
五竜岳は存在感のある山だとつくづく思いました。
そこに惹かれて皆さん登られるのでしょう。
毎朝楽しませていただいたアルプス劇場も
いったん終了とはさびしいですね。
でも、次は薬師岳編ですね。
そちらも楽しみにしています。
遠見尾根 ()
2019-09-20 18:35:01
はりさん>

こんばんは。
えー!この遠見尾根、登ったんですか!
それは凄い、素直にリスペクトします。
私はどうもこの遠見尾根は登る気がしなくて、五竜と云えば牛首岩稜越えです。
下りでさえあれだけの長さ、疲れ、良い加減にせい!と云いたくなる尾根です。
でも下りながらも見上げる五竜の姿の変わり方は、北アルプスの醍醐味をジーンと感じる道でした。
でも最後にあの白岳の急登の壁を見たら
ほぼ挫けますね。

明日は少し遡って五竜とおみのエスカル・ガーデンのお花畑と、ヒマラヤの青いケシが終わったアルプス360のお花畑です。
コメント有難うございます。


コメントを投稿

北アルプス(北部)」カテゴリの最新記事