信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

秋の山寺から家路へ

2021年10月24日 | 山紀行




お早うございます、信です。
季節は進み10月神無月は霜降の初候、第五十二候 霜始降(しも はじめて ふる)になりました。

昨日は久しぶりに日光に行ってきましたが、紅葉はいろは坂を駆け降りる途中で、日光山内はまだ青モミジでした。
それでも市内は冷たい北風にもめげず、コロナ禍からの開放感か、沢山の人が訪れ、車列は大渋滞になっていました。


さて長々と続けてまいりました、秋の出羽の国 紅葉の山旅・山寺シリーズもこれで完結です。
山寺の最上部である奥ノ院もお参りさせて頂きました。


     奥ノ院から下って五大堂に向かいます

     
     1






     すぐ近くに釈迦ヶ峰の胎内堂が見えます

     
     2

     橋が架かっていて行けそうですが当然、観光客は立入禁止です。







昔からこうだったか・・釈迦ヶ峰が割れているように見えます


3










4








納経堂と開山堂です。その右手に五大堂への階段


5








このモミジは良い色づきになるのですが・・
いつも目の前の電柱が絡みます


6








天に立つ納経堂。この下は百丈岩です


7








五大堂に上がりました


8








二口(秋保)街道と糸岳、神室岳の山並み


9









釈迦ヶ峰の頂上、釈迦堂が見えます


10








仙山線 山寺駅。閑散としています


11








雲が厚くなり雨になりそうです


12








雨が降らないうちに


13








     下ります

     
     14








百丈岩 再び


15






下りは15分足らずでした。出口側の抜苦門です。
参詣者の全ての苦悩を抜けるそうです。

向かって左側が『長命』、真ん中が『福徳』、右側が『出世』です。
だそうです。


16








立石寺本坊横の羅漢像です


17






     異様にリアルでした。モデルがあったのでしょう

     
     18







     下山口にある神楽岩です。松の生命力を逞しく感じます

     
     19








山形駅に戻り、レンタカーを返して家路に着きます


20







これは下りの庄内行きでした


21








私の乗るつばさ号


22







山形発で2時間と20分で大宮です


23


さて長い間、出羽の国 紅葉山旅・山寺シリーズを綴りました。

お付き合い頂き本当に有難うございます。

明日は久しぶりの森林公園です。


 撮影日: 10月11日
 撮影場所:山寺・山形駅


それでは皆様、ご機嫌よう。









コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 秋の山寺 静かなせみ塚 | トップ | 初秋の森林公園で »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿