信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

碓氷第三橋梁 めがね橋

2021年11月20日 | 紅葉狩り




お早うございます、信です。
昨日はテレワーク終了間際、うちのクマさんが凄い夕焼けを教えてくれて、カメラを持って非常階段を駆け上がりました。
それからウォーキングがてら、月食を楽しみましたが、関東は雲が多く朧月の月食になりました。


さて11月14日の碓氷峠アプトの道ウォーキングを綴ってきましたが、そろそろ完結です。

子供のころ(多分幼稚園の頃)母と一緒に、田舎の石川・能登から、母の郷里である東京へ連れて行ってもらった、微かな記憶があります。
多分、昭和30年代のことなので、蒸気機関車で碓氷峠を越えたと思いますが、記憶がまったくありません。

また就職して年末年始に、埼玉の寮から夜行の急行「能登」で何度か帰郷した際は、まだ上越新幹線が開通しておらず、上越線湯沢・長岡経由で直江津へ出ていました。
1982年以降、上越新幹線が開通営業開始して、信越線横川・軽井沢・長野経由で直江津に出るようになりましたが、電車ではなく、車で帰郷するようになったと思います。

ということで熊ノ平駅跡から10号トンネルを抜け、帰路につきました。
前には第九号トンネルです


1







60年前、母と一緒に旅した道


2







そんな淡い微かな記憶が、私をこの道へ導いてくれるのかも知れません


3









4







午後2時を過ぎて 日がどんどん傾いていきます


5







第六号トンネルです


6









7







トンネルの排煙口から 恐る恐る顔を出します


8


顔を出す時はゆっくり左右を確認して、熊がいないことを確認しましょう。





碓氷峠第三橋梁(めがね橋)を降りて来ました


9





     素晴らしい歴史的建造物です

     
     10






これが百年を超えて、明治26年(1893年)竣工とは驚きです


11


数多くの関東の大地震にも、耐えて今に至っています。





足元には碓氷川が流れます


12







実に勇壮な造りです


13







あの山の上に行ってみましょう


14






上に戻ります


15



文化庁の案内です 



山の上はさすがに落葉しています


16







先ほどまでいた国道18号の碓氷橋


17







何とウェディングの撮影会


18


多分、軽井沢のホテルのCMショット用でしょうか





新線の碓氷川橋梁が影に隠れました


19







撮影会はまだ続いています


20






見上げていた山の上に上がりました


21







ナラや山カエデが綺麗でした


22







さて日が落ちぬ前に帰りましょう


23



碓氷峠アプトの道、もう一話お付き合い下さい。


 撮影日: 11月14日
 撮影場所:碓氷峠アプトの道 めがね橋


それでは皆様、ご機嫌よう。









コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アプトの道 熊ノ平より | トップ | 信越線 横川駅へ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2021-11-20 09:35:19
おはようございます。
めがね橋の綺麗なアーチに見惚れています。
いつまでも残って欲しい歴史的な建造物ですね。
見上げる姿は大迫力で、大きくしてみると造の緻密さがよく分かります。
周囲の黄葉との調和が素晴らしくて、絵にな風景ですね。
ウエディング撮影会を見て、白いドレスが汚れてしまう・・・なんていらぬ心配をしてしまいました(笑)
碓氷峠アプトの道、歩いてみたくなる風景ですが、
調べてみると5時間以上は掛かる遠い所です。
もう一話続くのですね。
最後も楽しみにしています。
碓氷第三橋梁 ()
2021-11-21 19:00:26
takayan師匠>

こんばんは。
設計はイギリス人技師と、日本人の2名によるもののようですが
既に東京-横川、軽井沢-直江津までは完成のため、かなり突貫工事で建築されたもののようです。
すぐに耐震上、問題ありと指摘され、追加増強・耐震工事が行われたようです。
それでも碓氷川に架かるアーチは、美しい芸術的な造形と私は思います。
竣工して既に100年を超えていますが、願わくば世界遺産に加えられ、多少の税金を費やしてでも残して欲しい遺産だと思います。
コメント有難うございます。
スマホからリコメを入れたつもりでしたが、入っていませんでした。

コメントを投稿