信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

色づき始めの日光山

2019年11月01日 | 日光連山



お早うございます、信です。
暦は11月 霜月に入りました。
季節は11月 霜月は霜降の次候、第五十三候 霎時施(こさめ ときどき ふる)です。

今日は良いお天気になりそうです。
快晴の小春日和になるでしょう。残念ながら仕事です。


この日曜日の27日、久しぶりに日光を歩いてみました。


1






旧日光市役所庁舎です
大正時代にホテルとして建てられたようですが、昭和に入って庁舎として使われたようです


2






大谷川の畔まで来ました
神橋です


3





いろは坂は見頃になったようですが
この辺りはまだ色づき始め


4







今回は正面から日光山に入ります


5






りんどうが咲いてました


6






輪王寺の石垣です


7






輪王寺護摩堂です


8









9







三仏堂は工事中のようです


10







表参道に出ました


11






相変わらず人は多いです


12






五重塔 外人さんが多いです


13






拝観料を払って東照宮境内へ
三神庫の下神庫です


14






その昔、大名が奉納したであろう石灯篭


15






苔の着き方が素敵でした


16






三神庫の上神庫です
中には春秋渡御祭「百物揃千人武者行列」で使用される馬具や装束類が収められているそうです


17






狩野探幽が下絵を描いた「想像の象」です


18






三神庫の中神庫です


19






平成の大修理が終わった陽明門です


20







左手に神厩舎


21






三猿も綺麗になってお目見えです


22






神厩舎の左手はまだ修理中でした


23






上部の飾りも細かい仕事がされたようです


24






御水舎(おみずや)も改装なって綺麗になりました


25






輪蔵です


26






陽明門を潜ります


27



明日はこの陽明門での、職人たちの仕事を見ていきましょう


 撮影日: 10月27日
 撮影場所:日光市 輪王寺・東照宮


それでは皆様、ご機嫌よう。




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 霧の八方池 | トップ | 二荒山神社へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
九州から帰ってきました。 (takayan)
2019-11-01 07:02:34
おはようございます。
昨夜4人旅から帰ってきました。
弾丸フェリー、サンフラワーで九州大分へ行ってきました。
久住高源の牧ノ戸峠から沓掛山の散策と、
紅葉風景の撮影を楽しんできました。
今朝は信さんとはりさんの写真を、ゆっくり拝見しています。
今日から写真の整理をし、出来次第紹介していこうと思っています。
平成の大修理が終わった東照宮は見応えがありますね。
これから八方尾根の写真もゆっくり見せてもらいます。
今日から11月ですね。
この年になると1年が短く感じます。
お帰りなさい ()
2019-11-01 18:17:09
takayan師匠>

こんばんは。
なるほどくじゅうですか、流石に三百名山男、引き出しが豊富ですね。
久住山系の紅葉は「延岡の山歩人K」さんのページで良く見ていました(但し今はブログ休止されています)
素晴らしい天気で、紅葉を謳歌されたことでしょう。
そんな絵が飛び出すのか楽しみです。

はりさんは白馬の三段紅葉を楽しまれていますが、その後どちらを廻られたのか
明日はよいお天気になりそうなので、私もカメラを担いで突撃です。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

日光連山」カテゴリの最新記事