信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2018/07 さわやか信州 エピローグ ~8.乗鞍岳の朝~

2018年07月27日 | 乗鞍岳


お早うございます、信です。
長く綴ってきた乗鞍岳ともお別れです。


年寄りは朝が早い。
7月17日のAM 4:00に宿を出て、大黒岳に一番乗りです。
展望台には誰もいません。


1




この日の朝は飛騨から信州へ、強い風が吹いていました。


2




肌を刺す冷たい風でした。


3




黎明の南アルプス


4



一人の若者がやって来ました。
彼は横浜から自転車で来た筋金入りのチャリダー。


5


新幹線で上田まで、駅前で自転車を組み立て美ヶ原、蓼科山、霧ヶ峰と登ってきたそうです。


昨日の夕焼け劇場も一緒に楽しみました。


6




笠ヶ岳にざわつく雲


7







8







9







10







11




AM 4:50 人が集まり始めました


12




ご来光です


13







14







15




不思議なことに


16




あれほど強かった風が


17





嘘のように静かに


18





やはり太陽の力は偉大だ


19





優しく私たちを包んでくれます


20






21





AM 4:55 降りて行きます


22




今日も良い天気になりそうだ


23







24





降りてきて日陰に入ります


25





オメメぱっちりのウサギギク


26




お花畑のV字谷から


27





くっきり見えた我が故郷の白山


28







29




さあ美味しい朝食が待っています。


30


下山は多くは語らず。

長く綴ってきた、さわやか信州 乗鞍シリーズ

これにて完です。


 撮影日: 7月17日
 撮影場所:松本市安曇 大黒岳


それでは皆様、ご機嫌よう。



コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 2018/07 さわやか信州 乗鞍岳... | トップ | 2018/07 真夏の北アルプス ... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
乗鞍岳を満喫 (niceshotpete)
2018-07-27 07:01:49
夏の乗鞍岳を満喫させていただきました。
素晴らしい記念登山になりましたね。
穂高の大伽藍も、意思を持つアルプス一万尺の雲も良かったなぁ。
乗鞍岳は子供の時に父の運転で上がったことがありましたが、ガスガスで何も見えず、とてもつまらないイメージしか残ってないのです。いずれ自分の足で登ってみたくなりました。
V字谷の向こうの白山もいいですね。
11番のお山はどこかいな?と思ったら14番で判明。南アルプス、八ヶ岳とくれば富士山はどこ?あららら、仙丈と北岳に隠されちゃうんですね。富士見岳もあるし、フツーに見えるもんだと思ってました。
山の夕暮れ、夜明けはいいですね。私もお盆休みに飯豊の小屋泊計画してます。
星空の撮影もしてみたいけど、クマの恐怖を振り払って闇に飛び出す勇気があるかどうか?
素晴らしい記事をありがとうございました。

乗鞍岳 ()
2018-07-27 07:48:39
niceshotpeteさん〉

お早うございます。
楽しんで頂けたでしょうか
私もこれまでマイカーで行けた時代も含めて、数回、乗鞍には行っていましたが
いずれも天気に恵まれず、登りたい山の優先度を下げていましたが
山の先輩の第二の故郷を見たいと思い、思い切って行ってみました。
乗鞍の魅力の一端には触れられたと思っています。
飯豊ですか
行ってみたい山域です。
広大なお花畑が広がっていそうです。
同じく熊さんが怖いですね。
コメント有り難うございます。
Unknown (はりさん)
2018-07-27 08:51:30
おはようございます。
乗鞍を堪能されましたね。
高原では、滝や池巡り。
畳平周辺では、豊富な高山植物。
そして、三千峰への登山と楽しみはつきませんね。
私も一度、畳平に宿泊して
星空やご来光を見たくなりました。
巻頭の写真がなんとも素晴らしいです。
次回のアルプスも楽しみにしています。
Unknown (イワン)
2018-07-27 14:19:04
朝焼け・・寝坊助の私には見られない光景です。

13番の朝焼け・・太陽の光芒も見え、禍々しい黒い雲が左下側から右上隅に流れる様が、広角の良さがバッチリと決まっています。
25番の雲も好い流れですね。

29番・・こういう被写体の目の付け所は大好きです。

Unknown (takayan)
2018-07-27 15:19:28
こんにちは。
さわやか信州 乗鞍シリーズを堪能させていただきました。
大黒岳からのご来光、雲海に浮かぶ笠ヶ岳、槍ヶ岳、
そして目の前の穂高の山並みが懐かしいです。
昨年のtakayanの構図と似た写真もあり、じっくり見せてもらっています。
ご来光の瞬間、12,13番は感動ですね。
12番の人物を入れた構図は、takayanも撮りました。
山で泊まってこそのご来光撮影、
takayanはもう行くことが出来ないかもしれませんが、
畳平の星空、大黒岳からのご来光は忘れられない風景です。
それにしても、チャリダーの若者の体力はすごいですね。
昨年も自転車で登ってくる人達を、何人か見かけました。

今日もカンカン照りの猛暑日が、続いています。
一万尺を堪能 ()
2018-07-27 18:12:47
はりさん>

今晩は。ちょっと暑かったですが、アルプス一万尺を堪能させて頂きました。
手軽に行ける3000m峰、天気予報だけしっかりチェックして行けば
素晴しい山岳体験が出来ますね。
7月は朝と夕方、そして夜ですね。
やはり泊まらなければ、その魅力が半減します。
また今度は秋に行ってみたいと思いました。
大黒岳の朝は良いロケーションを提供してくれます。
さすがに錫杖さんが勧めるだけありますね。
コメント有難うございます。
朝焼け ()
2018-07-27 18:18:34
イワンさん>

今晩は。
一万尺のホテルに泊まって、次の朝だけ我慢して起きれば絶景が約束されていますよ。
13番、人が多くてこのアングルしかありませんでした。
この日は雲が多く、25番は日陰でその流れを追いました。
29番、少し色のアクセントが入ってくれればGooでしたが・・
明日からは越中の北アルプスです。
コメント有難うございます。
ご来光 ()
2018-07-27 18:28:28
takayan師匠>

今晩は。
夕日が綺麗に焼けた分、雲が残りました。
師匠たちが行った昨年夏の時のような、見事なご来光は見れませんでしたね。
今度は剣ヶ峰からご来光を狙ってみたいですね。
70代もたくさん登っておられますよ。
この横浜のチャリダーは好奇心旺盛な若者(30代)でした。
山を登りながらチャリで旅をするのは、初めての試みだと云ってました。
多分、そのうち上高地か涸沢で再会しそうです。
そう云えば越中アルプス紀行で、70代のご夫婦をご一緒しました。
静岡から来られて折立から薬師、そして翌日は黒部五郎、鏡池経由で新穂高に出て帰るのだと仰ってました。
ジムに通っているらしいですよ。
本文の中でまたご紹介します。
コメント有難うございます。

コメントを投稿