信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

強羅より

2019年06月18日 | 箱根の山



お早うございます、信です。
昨日ハイライトを載せた箱根 明神ヶ岳への道のりです。

新宿 AM 7:00に出発のロマンスカー「はこね1号」で箱根湯元へ
それから箱根登山鉄道に乗って、強羅に着きました。


1


ケーブルカーを撮り忘れました。



駅から少し歩いたところで一服
山は荒れているようです


2





いきなり急坂の階段を下りました


3





昨日も載せました、明星ヶ岳です


4





宮城野橋バス停


5




芦ノ湖から発する早川です。ここから小田原まで流れて太平洋に注ぎます
一番奥の山がこれから登る明神ヶ岳です


6





当初計画では明星ヶ岳から、明神ヶ岳まで縦走する計画でしたが
山の荒れ方と、その距離を実際に目にして即、明神一本に変更


7




程なく登山口に着きました


8




すぐ横にある案内板


9





林道のような感じを上がります


10





ところが5分もしないうちに道が途切れます
堰堤のメンテナンス道のようです


11





これはどうしたことだと、戻ってみたら


12




何とすぐ横にそれらしき小道が


13




すぐ横に別荘のようなご邸宅
地図にも「別荘地、入り込むべからず」とありました


14




歩いて30分、間もなく稜線か


15





また樹林帯に入ります


16





途中、堰堤の傍を抜けます


17





だんだん原生林っぽくなってきました


18





それでもさすがに神奈川、時々バイクの轟音が聞こえたりします


19





間違えた登山口から約1時間、稜線(912m)に上がりました
標高差450mくらいです


20





突風が吹き荒れる中、目の前のPeekを目指します


21





急に視界が開けて真横に箱根山(神山)が広がりました


22


明日はルンルン稜線歩きです


 撮影日: 6月16日
 撮影場所:南足柄市 明神ヶ岳


それでは皆様、ご機嫌よう。




コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 明神ヶ岳 ハイライト | トップ | 明神ヶ岳 頂上 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2019-06-18 10:22:42
おはようございます。
明神ヶ岳は初めて聞いた名前の山ですが
関東の方では知られた山なのでしょうか。
別荘地の横を抜けていくなんて
いかにも箱根らしい登山ですね。
稜線からは富士山の雄姿が‥楽しみです。
私も昨日伊吹山に登って来たので
足がウルトラ筋肉痛です(笑)
Unknown (takayan)
2019-06-18 10:47:13
おはようございます。
1番の駅構内と列車の写真が良いですね。
登山道の写真を見ているときつそうな感じで、
takayanには到底無理なようです(笑)
別荘地の間を抜けていくのですか。
18.19番の緑が本当にきれいです。
22番の大涌谷と箱根山の風景も素晴らしいです。
相当高いところまで住宅開発がされているのですね。


伊吹山 ()
2019-06-18 17:37:38
はりさん>

こんにちは。
おーゴンドラは使わず
三宮神社から標高差1,100m登頂でしょうか
登りは使ったとしても
下りは人力でしょうか
それはかなり脚にきますね。
私はたったの標高差710mでした。

明神ヶ岳は金時山に並んで、富士山の眺望が抜群とされる山です。
麓には箱根裏街道が通ってます。
江戸からの出女は、多分ここを越えて遠州に入ったことでしょう。
左手は東急の明神平の別荘地です。
殆どの家には温泉が引かれているようです。

肝心の富士山は・・ガックシでした。
コメント有難うございます。

大涌谷 ()
2019-06-18 17:43:39
takayan師匠>

こんにちは。
登山口の径が良く分かりませんでした(笑)
相変わらずドジを踏んでます。
登山道の左手が別荘地として東急が開発したようです。
八ヶ岳蓼科と良く似ています。
高いところで標高600mくらいまでは別荘地になっているようでした。
建物が見えなくなって、しばらく登ったらもう稜線でしたから

今回は梅雨の中日を狙っての富士山三昧のつもりでしたが
南風が強すぎて富士山眺望は達せずでした。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

箱根の山」カテゴリの最新記事