信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

みちのく紅葉山 1.プロローグ

2019年10月04日 | みちのく名山



お早うございます、信です。
台風18号が温帯低気圧に変わり、この週末は台風一過の山日和になりそうです。
土日2日よりは、日月2日が良さそうですね。

錫杖さんの石狩岳三段紅葉と、はりさんの立山室堂散策を見ていたら
矢も楯もたまらず、10月1日秋晴れイチオシの平日、お休みを頂いて東北新幹線に飛び乗りました。

いつも通りアサイチで今回は隣のホームから、やまびこ41号で出発です。
この新幹線、平日だからなのでしょうが殆ど通勤客でいっぱい。宇都宮で自由席は7~8割空きます。
でもまたそこから北へ向けてまた通勤客が乗ります。


福島・仙台と通り越して「くりこま高原」駅で下車
駅レンタカーを借りて一路、くりこま街道を約1時間


1






天気予報は大当たり


2




ここへ着いたのはAM 9:40でしたが、既に登山口のいわかがみ平の駐車場は満車のため
いこいの村栗駒跡駐車場にレンタカーを置いて、シャトルバスでいわかがみ平へ
因みに駐車料金は協力金¥500(シャトルバスは無料)でした


3






シャトルバスで約10分、いわかがみ平到着です


4





こちらは東栗駒コース入り口
行きは中央コースで登ることにしました


5





けたたましいサイレンを鳴らしながら、救急車が来ました
怪我人か、遭難者が出たようです


6






私も気を引き締めて登ります
緑の屋根は避難小屋です。綺麗なトイレがありました。


7





小屋の前のナナカマド 真っ紅でした


8







9






こちらは東栗駒山かな


10






山ツツジも良い色です


11






遭難者捜索でしょうか、仙台市消防局のヘリが飛んできました


12







AM10:00 中央コース登山開始です


13






左右の紅葉が素晴らしい


14





これはハゼでしょうか


15






美しいグラデーション


16






ヘリが轟音を立てて頭の上を飛んで行きます


17






グルグルと廻っていました


18






足が進みません


19






登山道と云うよりは遊歩道
とても歩き易い道です


20





道端にケルン


21






木の種類が分かりません


22






これはツツジか


23





これはモミジのようです


24






栗駒山本体が見えてきました


25






青空に映える黄葉


26






これはオオカメノキか


27






ヘリが時々頭の上へ


28






心配ですが・・黄葉も見逃せない


29






歩き始めて20分、開けた場所に出てきます


30






目の前に広がる美しい栗駒山


31




明日は山頂までの更に美しい山道から


 撮影日: 10月1日
 撮影場所:宮城県栗原市 栗駒山


それでは皆様、ご機嫌よう。





コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 棚坂の棚田(その2) | トップ | みちのく紅葉山 2.神の絨毯 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2019-10-04 06:18:58
おはようございます。
錫杖さん、はりさんに負けじと、信さんは陸奥ひとり旅ですか。
トップの紅葉風景は見事ですね。
青空が広がる絶好の秋晴れですね。
遭難された方がおられたようですが、大丈夫だったのでしょうかね?
登山道はよく整備されていて歩きやすそうです。
29.30.31番はコントラストも高くて、深い色合いです。
雲一つ無いとは、こんな日のことを言うのでしょうね。
続きが楽しみです。
みちのく一人旅 ()
2019-10-04 06:28:01
takayan師匠>

お早うございます。
関東は温帯低気圧が近づき、雨の朝になっています。
錫杖さん、はりさんの部屋の絵を見ていたら、矢も楯もたまらず
一度行ってみたかった栗駒山に行ってきました。
ここは首都圏からもアクセスが良く、週末になると超混雑で大変なことになるようなので
FaceBookで紅葉の進み具合を見て
あとは天気予報とにらめっこして、この日に決めました。

私が登山口に着いた時に、ちょうど警察の方が来られて「怪我人はどこだ」と
大声で呼んでおられましたが、後からニュースをチェックしてもよく分かりませんでした。
若しかしたら自力下山されたのかも知れません。

「神の絨毯」とも呼ばれる栗駒山の山肌
しばらくお楽しみください。
コメント有難うございます。


コメントを投稿

みちのく名山」カテゴリの最新記事