信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2013回想 表銀座を往く

2022年07月22日 | 山紀行




こんにちは、信です。
午前中は降ったり止んだりのジメジメ暗い空模様でしたが、午後は青空が広がり、いよいよ夏空を思わせる午後になりました。

家の中にいるのが勿体ないくらいの日和です。
明日は久々に山に出てみようか、涼しい稜線に出掛けようかと思いたくなる感じでした。

でも天気予報ははっきりしません。
もうそんなものは無視した方が良いのかな?





さて山やであれば一度は歩いた稜線。

今日はそんな稜線へ


1



お馴染み燕山荘です


2



北アルプスの玄関であり、初心者がまず通る登竜門


3




この日は燕山荘に泊まらずに、そのまま稜線を南へ


4



表銀座をブラブラ


5



行く手には槍


6






7



燕も遠くなった


8






9



立ちはだかる蛙岩


10



どう見てもカエルには見えなかった


11






12






13






14






15






16



大下りノ頭


17



目の前に広がる大天井の大きな図体


18



これでもかと下って行く


19






20



ここが最鞍部


21



しばらくトラバース


22






23



大天井の登り口へ


24



     クライマックスは切通岩

     
     25



上がって


26



この時は大天井を巻きました


27



これがとんでもない道


28



岩だらけな危険なトラバース道


29



もう二度と通りたくない道


30



でも北アルプスのど真ん中


31



眼下に大天井ヒュッテ


32



牛首の展望台


33



この日は大天井ヒュッテに泊まりました


34



明日は東鎌尾根を往きます。


 撮影日: 2013年9月21日
     (OLYMPUS E-410 /ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6)
 撮影場所:北アルプス 表銀座


それでは皆様、ご機嫌よう。










最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2022-07-22 20:53:22
こんばんは。
荒々しい岩が立ちはだかる風景はダイナミックで、
奇岩怪石の稜線は見応えがあります。
錫杖さんやはりさんの回想の記事と合わせて楽しく拝見しています。
大迫力の風景が次々と現れて、まるで自分がアルプスの稜線を歩いているような気分です。
これらの写真は一生物の宝物ですね。
素晴らしいアルプスの風景をありがとうございます。

今日は午後から4回目のワクチン接種に行ってきました。
高齢者はもう5回目のワクチンの話も出てますが、
何回ワクチンを打たなければならないのか?
takayanの生きている間には、コロナ前の生活に戻ることは無理かもしれませんね。
ワクチン ()
2022-07-23 06:04:45
takayan師匠>

お早うございます。
頂いたコメントで恐縮ですが、お誕生日おめでとうございます。
良い一年をお過ごしください。

私も25日に予約出来たので、ひとまず打ってきます。
埼玉も1万人/日を超えましたので、その危機感から3回目のワクチンを打つ人が増えてくるだろうと思います。
2019年にはまったく予想も出来なかったコロナ災禍。
新型コロナの出現は、それまでにもあったと思いますが、まさかこれほどの猛威を、さらに長い間続こうとは・・まったく予想だにしませんでした。

いよいよネタに詰まって2013年の古いネタを引っ張り出しました。
絵はOLYMPUS E-410です。
北アルプスデビューして、すぐにチャレンジして歩く表銀座縦走です。
またこの稜線を歩きたくなりました。
いつも有難うございます。

コメントを投稿