信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2016/07 霧降隠れ三滝を往く

2016年07月08日 | 日光連山


こんにちは、信です。
季節は小暑、第三十一候 温風至(あつかぜ いたる)ですが、昨日は暑い一日になりました。
前橋は37℃まで上がったようです。


さてついに一週間、霧降高原で過ごしてしまいました。
そろそろ完結にしましょう。
前回は大山から猫の平を下り、急坂を転げ落ちてマックラ滝まできました。




この周りは北向きなので、いつ来ても暗いですね。
こんなところで、夕立にあってしまうと大変なので早々に切り上げました。




今回のコースはこちら

やはり秋とは、まったく雰囲気が違いますね。
緑深き涼地です。



大山からの出会い。



霧降川沿いを南下します。





二つ目、玉簾の滝です。





先に行って、河原に降りて少しだけ遡上しました。
滝にピントが合わないのが残念です。
今朝の雨を集めて、玉簾という感じではないですね。






今朝の雨で流れは急です。





丁字の滝の手前です。
やはりつつじヶ丘への道は廃道になったようです。




丁字の滝へ進みます。
女性が二人「どこが丁字の滝?」と迷われていたので先導します。





渡渉して少し登ったところにあります。





三つめ、丁字の滝です。





落差は10mですが、比べるものがないので大きさが良く分かりませんね。





ご案内した女性をモデルにすれば良かったなぁ





唐松草が綺麗でした。





この滝を左下に見ながら、滝上を登っていきます。










実際はもっと綺麗に見えましたが
腕の問題でしょうか、残念です。






すぐ上の砂防堰です。





そんなに大した雨ではなかったようです。
今年は雪も解けてしまい、雨も不足していて心配です。





ここは紅葉の見どころです。
今は若葉溢れる涼みどころ。










カメラを振って、女性二人を先導させました。
木漏れ日が綺麗でした。





水音と緑溢れる森。






いつ来ても素晴らしい場所です。






長居をしていると、熊さんに逢いそうですから程々に
この道は前の戊辰の道に繋がっているようです。





車道を大きく左折します。
真直ぐ行ってしまうと、またマックラ滝の方へ進んでしまいます。





国道へのゲートに出て、左の尾根道へ入ります。







痩せ尾根の国道脇の道です。




丁字が滝に出る廃道です。
完全に崩れてしまったんですね。





右に国道が走っています。
今朝、バスで上がってきた道です。





トレラン用の靴でしょうか。途中で落ちてました。
とりあえずここに置いておきました。
そういえばFaceBookに上げるの忘れてた、もう随分経っちゃった。





両脇、躑躅の木の間を抜けていくと





PM14:07 つつじヶ丘到着です。





良かった。天気はもちました。






女峰山の山頂だけ少し見えました。





今回は霧降の滝はパス。
夕立に会うのが怖いので、そのままバスで帰ります。

PM15:00 JR日光駅です。




今日一日、こんな感じの空でした。




ようやく男体山を拝むことが出来ました。





日光駅の飾り。手作りですね。





暗くて良く分からないかも。。




さて長きに渡った霧降高原ハイキング。これで完結です。

最後までご覧頂き、本当にありがとうございました。

さてこの週末はどこへ出掛けようか・・
それでは皆さま、ご機嫌よう。




コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2016/07 霧降牧場からマック... | トップ | 2016/07 暑中お見舞い申し上... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿