信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

冬の上高地 ~中の瀬園地~

2019年01月12日 | 信州紀行


お早うございます、信です。
3月からこのGooブログがReNewalされるようですが、どういう風に変わるのでしょう。
どうも編集用エディタが変わるようですが、出来れば現行のインターフェースも残して欲しいものです。

錫杖龍、一枚アップで30位から8位まで上がりました。
やはり根強いファンは多いです。これで三枚アップされれば、その日のうちに2位までランクアップでしょう。


さて1月6日の上高地紀行を綴っています。いよいよ終点、河童橋が近づいてきました。

今朝は田代橋から河童橋までの、中の瀬園地からの穂高です。
お日様が上がった霞沢岳を正面に、梓川を遡上します。


1







六百山です


2







この辺りは小鳥の多い場所ですが、この日は逢うことはありませんでした


廻りこんで穂高を正面に捉えます


3








ここからは岳沢小屋は見えません


4








僅かに残る紅葉とダケカンバの乱舞
200mmがあったら、迷わずあの真ん中のダケカンバを狙い撃ちでしょう


5








滔々と梓川は流れます


6









朝日に照らされる穂高岳


7











8








またあの頂に立ちたい


9








岳沢小屋が屋根だけ見えています


10








西穂の手前の山も良い感じ


11








遡上します


12











13












14









樹間から明神岳


15







河童橋まで600m


16









日が陰ると一気に寒さが増します


17









あのモコモコの稜線の向こう側に、西穂山荘が建っています


18









ケショウヤナギと明神岳


19









間もなく河童橋です


20



明日は河童橋、終点です。


 撮影日: 1月6日
 撮影場所:松本市安曇 上高地


それでは皆様、ご機嫌よう。



『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 冬の上高地 ~化粧柳~ | トップ | 冬の上高地 ~河童橋~ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2019-01-12 09:37:53
おはようございます。
大正池から河童橋へと歩きながら
だんだんと迫って来る穂高岳はいいですね。
カラマツ林の葉っぱもすべて散り
モノクロの世界が広がる
冬の上高地は想像した通りの世界です。
毎朝、そんな上高地を楽しませていただいております。
錫杖さんがブログを再開されるようですね。
なんとも嬉しいお知らせです。
中の瀬 ()
2019-01-12 11:08:42
はりさん>

お早うございます。
昨年はりさんが歩かれた時は、梓川沿いの落葉松がベストの時でしたね
逆光で色っぽいものが撮れるかと思いましたが、まったくモノトーンの世界でした。
やはり青空でないと梓川も輝きません。
晴れればもっと素晴らしい世界が広がるのですが、次の宿題としましょう。

錫杖龍、そろそろ始動でしょうか
あっと言う間にランキングうなぎ上りです。
コメント有難うございます。

Unknown (takayan)
2019-01-12 21:18:34
こんばんは。
真冬の六百山、明神岳、穂高の峰々は神々しくも見え、迫力満点ですね。
青空と真っ白な穂高お峰が素晴らしいです。
5番のダケカンバを、望遠で切り取ってみるのもいいでしょうね。
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRで撮影してみたい景色です。

錫杖さんが始動されましたね。
一気にランキングも上がっています。
それだけ固定の読者が、沢山おられると言うことでしょうね。
明日の河童橋を楽しみにしています。
サンヨン ()
2019-01-12 21:36:13
takayan師匠>

今晩は。
神の降臨する神降地
まさに神々しい風景でした・・ただ寒すぎましたが
錫杖さんと皆さんで行かれた時は、ちょうど霞沢岳から日が昇って
このあたりの落葉松が良い光り方をしてましたね
タイミングはバッチリで、そういう奇跡を望んでいましたが、なかなか山の神はそこまで私を歓迎してくれませんでした。
そうなんです。サンヨンがあればあのダケカンバの乱舞をじっくり舐められました。
これらは次の宿題にしておきましょう。

錫杖さん、もう6位まできてます。
BEST3に入るのももう時間の問題でしょう。
やはり偉大なプロデューサです。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

信州紀行」カテゴリの最新記事