信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

相州 松田山を往く

2018年11月09日 | 丹沢山系


お早うございます、信です。
季節は11月 霜月は立冬の初候、第五十五候 山茶始開(つばき はじめてひらく)です。

鬼無里奥裾花の紅葉シリーズを終わりにして、今日は先日(11月2日)歩いた南足柄の里山です。
大宮から埼京線で新宿へ。新宿から小田急快速急行で新松田駅まで移動です。


電車を降りて松田の街中で 
いきなりパラグライダーが目に飛び込んできました。


1




良い天気で、本当に気持ちが良さそうです
松田山中腹に上がりました

あれは東名高速大井松田ICあたり、大きな建物は珈琲通販のブルックス大井事業所


2






箱根の明神ヶ岳


3






コスモスとハーブ館


4







電車からはもっと綺麗に見えていましたが・・残念


5






こんな富士山を夢見ていました。2年前の在庫です


6 (2016/02/27 D5300 NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G)






残念ですが登ります
ピンクの花にミカン


7






みかん畑から酒匂川と相模湾。天城山も見えているでしょうか


8






天下の嶮と謳われる箱根の山々
右に突き出すのは金太郎の金時山です


9







薄と山茶花。季節の花です


10






延々とこんな車道(林道)を歩きました


11






歩くこと1時間30分。最明寺史跡公園に到着です


12






「ヤマビル」の文字に徘徊するのが躊躇われました。


13






サンドイッチを食べて、早々に退散です


14







ところどころで展望が開けます


15






沢筋の曲がり角


16






これが今日の収穫です


17









18






秋薔薇が咲いていました


19






小菊の花壇


20






真鶴から相模湾


21







伊豆大島が綺麗に見えました


22






この日はハーブ園は休園


23






みかんたわわな松田山でした。


24


明日は上州信州の国境、横川アプトの道から

鉄分と山の空気の補給です。


 撮影日: 11月 2日
 撮影場所:神奈川県南足柄 松田山


それでは皆様、ご機嫌よう。



『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 奥裾花渓谷を後にして | トップ | 横川駅にて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2018-11-09 19:15:37
こんばんは。
2年前の富士山は、良い天気で素晴らしいですね。
でも今回の雲の上に少し顔を出した富士も良い感じです。
一時間半歩いてすぐに退散・・・
山蛭にはtakayanも何度か血を吸われました。
全く気付かず、気が付いた時には大きく膨らんでました。
痛くはないですが、本当に血が止まらなくて、
靴下が真っ赤になったこともあります。
明日の上州信州の国境、横川アプトの道も楽しみにしています。
富士山 ()
2018-11-10 07:47:00
takayan師匠>

お早うございます。
そうなんです、この日が天気が良くて朝のうち電車からは綺麗に見えていたのですが
登って見るとご覧のあり様でガッカリでした。
ヤマビルは・・怖いですね。
気が付かないだけにおどろおどろしい感じがします。
もう少しで峠でしたが、樹間からの富士山は雲に覆われて登る気が失せてしまいました。

アプトの道はもう何度もここでご紹介していますが、紅葉狩りには丁度良い時期だったようです。
出掛けるのが遅くて暗くなってしまいましたが、今度は二人なので最後の熊ノ平まで行くことが出来ました。
碓氷峠では大変な渋滞になっていました。
先週は日光を歩いたので、今週は秩父を歩いてみようと思います。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

丹沢山系」カテゴリの最新記事