信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2021晩夏・北アルプス漫遊記 ~9.小蓮華から白馬大池~

2021年09月07日 | 箱根の山




お早うございます、信です。
季節は進み9月長月は白露の初候、第四十三候 草露白(くさつゆ しろし)になりました。

【白露】
昔の人は、草木に降りた露が白濁したように見えることを、夏から秋への交代期の目印としたそうです。
昼間の残暑はまだまだ厳しい時期ですので、白露という言葉にせめて涼しさを感じとりたいものです。


シルバーウィークに、また恒例の北アルプス徘徊に出掛けようと思っていますが、今年は休日パターンが良いのか、どこのキャンプ場も既に満員御礼です。
6年ぶりにブナ立ち尾根を登ってみたいなとも考えていますが・・どうなることやら。


さて白馬岳から三国境まで戻りましたが、先を続けましょう。
今朝は小蓮華山の坂の上の雲から


1


NHK大河ドラマの「坂の上の雲」オープニングの「Stand Alone」が流れるのは、白馬大池からの小蓮華山稜線です。






あのドラマのお陰で、ここを歩く人も多くなったことでしょう。
白馬岳の上の雲


2









日本海へ伸びています


3









稜線で休む若者たち


4








私も君のような年で、この稜線を登りたかった。

小蓮華山を登ります


5









砂礫と持ち上がる雲


6









この辺りは鉄分が多いようでした


7









雲が山に上がった分、街の雲は減ったようです


8









美しい雪倉岳。朝日岳は雲に隠れました


9









白馬岳の上に、きのこ雲のように広がっていきます


10









代わりにどんどん晴れてくる白馬の街


11









白馬岳の上はこんな感じです


12









小蓮華山です


13









結構、休んでいる人がいました


14









PM13:15 ピーク通過です


15









白馬大池がちらりと見えました


16









次は船越ノ頭です


17









信州側は どんどん雲が上がってます


18









振り向けば白馬岳の雲も 放射状に広がっています


19











20









分かり易い構図。
日本海側は快晴、信州側はガッスガス


21









上昇気流でどんどん上へ


22









ああ いよいよ日本海側からも


23









でもすぐに乾いた風が押し退ける


24









稜線は黄葉していました


25









振り向けば 美しい小蓮華山


26









PM14:05 船越ノ頭です


27









眼下に栂池自然園。赤いヒュッテの屋根が見えます


28









すぐ手前に雁股池


29









左には雪倉岳


30








ハイマツの岩陰を出ると 美しい白馬大池


31








雷鳥には逢えませんでしたが


32


クリクリ目のホシガラス 
何か種を咥えています






雷鳥坂を下って


33








チングルマの果穂が揺れる白馬大池へ


34








PM14:45 戻ってきました


35









夕方眺めた白馬大池です


36



白馬大池から白馬岳。距離は往復で11km、歩数は28,840でした。
累計標高差はどれくらいか?それは分かりませんが、かなり脚にきました。

前日の雨が沁みたのか、やや扁桃腺の腫れが気になりました。
強い日本海高気圧のせいか、口の渇きが酷く、これが足の疲れにも影響したかも知れません。

明日は栂池に降ります。


 撮影日: 8月29日
 撮影場所:小蓮華山から白馬大池


それでは皆様、ご機嫌よう。







コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2021晩夏・北アルプス漫遊記... | トップ | 2021晩夏・北アルプス漫遊記... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2021-09-07 15:42:48
こんにちは。
今朝のNHKBSの番組、にっぽん百名山「北アルプス 白馬岳~変幻する天空の道~」で、
今回の信さんのコースと同じ山岳風景が放送されました。
三国境の風景も紹介されて、信さんの写真を見ているようでした。

雲が湧き上がる天クロード、どの作品も素晴らしい山岳写真ですね。
最近の信さんの作品はもちろん腕もありますが、
レンズとカメラの相性か?それとも現像・編集ソフトによるものか?
本当にシャキッとした写りがPCの画像からも伝わって来ます。
毎日アルプスの絶景を楽しませてもらっています。

昨日は久しぶりにカメラを持って、伊吹山へ出かけました。
もちろんドライブウエイですが(笑)
花の季節はすでに過ぎてましたが、少しは運動不足も解消できた1日でした。
頂上の気温は20度以下で、少し肌寒いくらいでした。
にっぽん百名山 ()
2021-09-07 16:15:06
takayan師匠>

こんにちは。
今朝、そんな番組があったのですね。
後でNHKオンデマンドで確認したいと思います。
私は映っていなかったでしょうか?(笑)
やはりAdobe LightRoomの影響が大きいのだと思います。
逆光補正が本当に楽になりました。
現像時間がAI任せで半分の時間で済みます。
多少明るめに現像されるので、花はそのまま元の画像で出す場合が多いです。

伊吹山ですか、百名山ですね。
花の季節はややずれたかも知れませんが、それなりに楽しめたことでしょう。
やはり歩かれることが一番だと思います。
写真を楽しみにしています。
錫杖さんも日帰りで北アルプスに行かれたようですが、これも楽しみです。
コメント有難うございます。

コメントを投稿